美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月20日  授業風景

【総合造形】3年生合評風景

 

総合造形3年生の合評風景です。

今回は名和晃平先生、宮永愛子先生、ヤノベケンジ先生にもご参加いただきました。

 

 

DSC_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなやや緊張の面持ち、、、

 

 

DSC_0003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると壺の内側に模様が施されています。

 

 

 

 

 

DSC_0028

今回の3年生の課題は工房に分かれ、

専門的な技術を学びました。

 

工房は

・ろくろ

・鍛造

・金工

・木工旋盤

・ガラス

・塗装

など、10種類以上の中から選べます。

 

 

DSC_0007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0033

 

 

3年生になるとそれぞれの方向性も

見えてきますね。

 

何かを表現するには

技術を身に着けることも重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0062 DSC_0047 DSC_0087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回からは今回学んだことを生かし、表現の幅を広げたあたらしい作品に挑みます。

みなさん頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<606607608609610>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。