映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年1月18日  授業風景

アクション授業風景

2017年度後期の授業も最終週になって来ましたが、今日はアクションの授業(「映画演技VII」東山龍平先生担当)を紹介します。

 

IMG_7123

 

今日の授業は「天心館」の稽古場で行われました。

 

IMG_7096

 

東山先生の指導のもと、2つのグループに分かれて、撮影を前提としたアクションの見せ方を学生同士で考えました。

 

IMG_7100

 

この授業では2月上旬に合評公演と言う形で舞台を予定しています。

 

詳細は「2018年アクション公演『鋼』」をご覧下さい。

 

IMG_7116

 

IMG_7130

 

授業の成果がどのような形で現れるかご期待下さい!!

 

 

 

 

 

関連記事

<308309310311312>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。