情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年2月15日  ニュース

【卒業展】コース特別賞 受賞者コメント

卒業展も本日で6日目となりました!

さて、今回はコース特別賞の受賞者コメントをお届けします!

 

 

 

 

【コース特別賞】

吉田真由|情報デザインコース|A領域

「I wanna swim in the / under the asphalt is the beach」

ポスター|智勇館BR22 

image1

吉田

【受賞者のコメント】

制作中は賞のことは考えておらず、ただ無我夢中でやっていました。
展示作業が技術的な面で難航し、搬入期間ギリギリまでかかっていたので、
搬入完了直後にこのような評価をいただけて、光栄であると同時に何よりホッとしました。

元々本を作るのが好きで、卒制も大きな本にする予定でしたが、
ページをめくるという個人的な行為が、作品の大きさにそぐわないのではないかと思い、今の形になりました。
大きいものをきちんと大きく見せる事を意識しました。作品が完成し、さらに賞を頂けたことで、
好きなことを好きなようにやることへの自信を持つ事が出来ました。
これからも、この感覚を忘れずにさまざまな制作を続けていきたいです。

 

 

 

 

【コース特別賞】

稲田光佑|情報デザインコース|B領域

「つり革とIoT、新しい広告の形。」

立体、映像、プロダクト、ポスター|人間館エントランス 

inada

Inada03

【受賞者のコメント】

この作品は4年間を通して学んできた、グラフィックデザイン、映像、立体造形など、様々な技術を複合的に使って制作をしました。この作品を評価していただいた事は、僕の4年間すべてを評価していただいたようで、とても嬉しく思っています。

今回の作品は、ドーナツブランド「ミスタードーナツ」を題材として、新しい広告をテーマに、IoTを活用した車内広告を提案しています。つり革にドーナツを組み合わせ、乗客の好奇心を誘発し、握ってみたくなる行為を促しています。つり革をつかむ人、その姿を楽しむ人々がSNS等で拡がる事も期待しています。

展示会場で、実際にドーナツを掴み喜んでいる小さいお子さんや、だっこをしてつり革を掴ませてあげている親子の姿などを見る事が出来、とても嬉しく思います。

 

 

 

 

【コース特別賞】

関岡夏樹|情報デザインコース|C領域

「かすむ」

ポスター、冊子|智勇館BR42 

_MG_0877

_MG_0880のコピー

【受賞者のコメント】

フォントの名前から五感を使って感じる雰囲気の部分まで評価して頂いて、僕の考えていたことが伝わった上での受賞と分かりとても嬉しかったです。

 

僕が作った『かすむ』と言うフォントは、霧で山の輪郭がなくなって、空との境界線が曖昧になっているような事象を表しています。

卒制が始まって半年間は山の霧をはじめ、自然・天気についてひたすら調べていました。それで山の霧が雨粒だったり、水蒸気と全部同じ原理だったということがわかり、点の集まりを霧に見立てて、フォント化しました。

今後は、『かすむ』と言う雰囲気に合う形のフォントとして、活用・提案が出来たらと思っています。

自然の中、水の中、山の中で起きることと同じで、身の回りのことで意識すらしていないことの中に、綺麗なものがたくさんあるってことの気づきへのきっかけになれば嬉しいです。

 

 

【コース特別賞】

田村 昂也 |イラストレーションコース|D領域

「アンカーとパス」

映像、写真|智勇館BR12

 

IMG_9363

IMG_9369

【受賞者のコメント】

受賞を聞いて、素直に嬉しかったです。ダブル受賞もとても驚いています。

大学に入学し、最も印象に残っているものがillustrator の「アンカーとパス」です。当初はかなり扱いに苦戦していました。「もし動かないアンカーが動いたらどうなるのだろう。」そう思ったのがきっかけです。

 

制作期間は5ヶ月、撮影までの準備期間も含めて試行錯誤し制作しました。外での撮影の為、天気や風力、時間帯、場所をみての撮影は、人の手に負えない事も考えないといけませんでした。また現場で指示を出すプレッシャーもありましたが、楽しい撮影になるよう盛り上げ、約20人の協力者と撮影に臨みました。撮影した映像を見る度に、大変だった気持ちよりもジーンと嬉しくなります。

今は便利な世の中ですが、単純でシンプルな作業をどうしたらいいか、苦戦しながら考え、行動していくことも大事だと考えています。それを「アンカーとパス」が象徴しています。illustratorを知らない人にも伝わると嬉しいです。 

これからも、分野問わず色々なことをして経験値を上げていきたいです。

 

 

 

 

 

 

【智勇館】地図はこちら→

【創々館】地図はこちら→

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展 

日程:2/10(土) – 2/18(日)

時間:10:00~18:00

場所:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス

https://www.kyoto-art.ac.jp/sotsuten2017/

2/17(土)18(日) 同時開催!オープンキャンパス 

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/sotsuten/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

 

 

スタッフ:クスモト/ウコン/ミズタ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<96979899100>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。