情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年4月16日  授業風景

クロステックデザインコースが本格始動!

情報デザイン学科の新コース、クロステックデザインコースの授業が始まりました!

 

「スタートアップ概論I」の初日はクロステックデザイン学科1期生お揃いのパーカーで授業を受けました。

このパーカーはAO入試で合格した人が入学前に受ける「0年生プログラム」の中でデザインしたものです。

IMG_2763

本学とあのUHA味覚糖がコラボした「selfie-maのど飴」を持って…

IMG_2761

なんとこの商品、クロステックデザインコースに入学前の有志3名(浅田優月さん・遠藤和奏さん・黒木りみさん)も開発プロジェクトに参加していたのです!

引きの写真だと分かりにくいですが、このe-maのど飴には動物たちの鼻がデザインされていて、自分の鼻に当てて自撮りするという遊び方ができます。

こんな感じ↓↓

dz1babvvwaecipn_1024

午後からは実習室で工具類の説明を受け、グループごとにいろんな製品を分解し構造を調べてみるという授業を行いました。

IMG_2769

IMG_2785 (1)

クロステックデザインコースの演習系科目は、短期間に効率よく集中的に学べるように1週間1科目サイクルで授業を行います。

いろんな知識やスキルが身につくのが実感でき、翌週の授業が楽しみになるような授業をめざします!

 

 

さて、4/29(日・祝)はオープンキャンパスです。

そちらでも製品の分解体験ができます。ぜひお越しください!

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。