文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年6月24日  ニュース

編集と文筆と 卒業生の活躍

 
130624_01第1期卒業生の静内二葉さんが「編集人」をつとめるムック『キャンプ for Beginners』(晋遊舎)が発売されました。静内さんは2010年度にクリエイティブ・ライティングコースを卒業したあと、東京の晋遊舎に就職し、編集者として数々の雑誌を手がけてきました。新しい本ができるたびに、研究室に届けてくれています。
 
『キャンプ for Beginners』
 発行 2013年6月19日
 定価 933円+税
 ISBN 978-4-86391-785-9
 
晋遊舎のHPへ 
http://www.shinyusha.co.jp/~top/02mook/camp-beg.htm

 
さいごの見開きページに、「アウトドアにサコッシュという選択肢を 」というコラムが掲載されています。
執筆者は、彼女と同じく第1期卒業生の大江和希くんです。現在はフリーのライターとして、少しずついろいろな媒体に文章を書いていると、近況を報告してくれました。
 
130624_02
今年の春、東京で静内さんと会って、この企画の話を聞きましたが、「いつか編集者になったら、大江くんや同級生に文章を依頼して書いてもらいたい」と思っていたそうです。彼女にはまだまだたくさんの夢があるそうですが、それが一つ叶ったのだな、とこのムック本を受け取ったときに思いました。
 
大江くんも、この春から本格的に文筆家として営業活動をはじめたようで、文章が掲載された媒体が出たら送ってくれています。まだ卒業生の少ない文芸表現学科ですが、第1期生たちがこうして道を切り拓いている様子はとても嬉しく思います。
 
 
(文・たけうち)

関連記事

<312313314315316>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。