情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2018年5月11日  イベント

とんぼせんせい 展覧会のお知らせ

 

情報デザイン研究室です。

気持ちの良い五月晴れが続く今日この頃、おでかけをするにはぴったりの季節ですね。

 

さて今回は、専任講師とんぼせんせい個展をお知らせいたします。

 

会期中にはアーティストトークも行われるそうです!

また、今回の展覧会には各界で活躍するクリエイターとのコラボレーション作品も

多数展示されており、情報デザイン学科教授の都築潤先生も参加されています。

ぜひ、この機会に展示を観にいかれてはいかがでしょうか!

 

———————————————————————-

The Second Stage at GG #47

とんぼせんせい展

「とんぼせんせいだよ!全員集合」

  • 会期:2018.5.8 火- 6.1 金
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m.
  • 日曜休館 入場無料

 

 

***以下公式ホームページより***

ガーディアン・ガーデンでは「The Second Stage at GG」シリーズの47回目として、とんぼせんせい展「とんぼせんせいだよ!全員集合」を開催します。本シリーズは、ガーディアン・ガーデンの公募展入選者の中から、各界で活躍する作家の、その後の活動を伝えるための展覧会です。

とんぼせんせいは、シンプルな線で動物をアイコン化した平面作品で第9回グラフィック「1_WALL」ファイナリストに選出されました。その後も継続的に作品を発表。動物や女の子をモチーフにしたイラストだけでなく、ぬいぐるみや大型の顔抜きパネル、イラストを重ねた風景写真、時にこけしやお菓子にいたるまで、ジャンルやメディアを軽やかに超え、表現の幅を広げています。近年では本の装丁やCDのジャケット、レコード会社のキャラクター、ファッションブランドのアクセサリーなどにも起用されています。

「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトにイラストを描く、とんぼせんせい。本展では、各界で活躍するクリエイターの作品の中に三本の線が出現します。シンプルな線は、メディアを横断するだけでなく、クリエイターの作品にも入り込み、イラストレーションの新たな展開を提示します。このほか、ぬいぐるみなどの立体作品やバルーンなども展示。来場者が三本の線を用いて、思い思いに絵を描くワークショップスペースも会場に設けます。とんぼせんせいの三本線の笑顔が様々な表現によって一堂に会する展示をぜひご覧ください。

 

 

コラボレーション作品参加作家(五十音順・敬称略)
えぐちりか 大島慶一郎 川上恵莉子 菊地敦己 佐々木俊 白根ゆたんぽ 

チーム未完成 都築潤 水野健一郎 宮下良介 安田昂弘

 

とんぼせんせい
「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトに活動するイラストレーター。最果タヒ著『きみの言い訳は最高の芸術』や、スモール出版「DIALOGUE BOOKS」シリーズへのイラスト提供、ポニーキャニオンのキャラクターディレクションなどを行う。その他、個展・グループ展・イベント参加など多数。第9回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト

 

 

Print

スタッフ/クスモト

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

 

関連記事

<9192939495>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。