情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年5月18日  ニュース

準備室スタッフ特集!

こんにちは。情報デザイン研究室です。

新学期がスタートし、あっという間に1ヶ月が経ちました。

 

新入生を迎え、賑やかな学内ですが、情報デザイン学科の準備室にも、新しく2名のスタッフが加わりパワーアップしています。

 

 

本日は、機材の貸し出しやプリント出力をサポートをしてくれる「準備室」新着任スタッフの紹介、そして、準備室スタッフの小松千倫さんが参加される展示をご紹介します。

 

 

まずは準備室、新着任スタッフの紹介です!

 

KIUAD_鷲尾さん鷲尾怜(わしおれい)さんです。

鷲尾さんは、武蔵野美術大学出身です。今は、京都市立芸術大学の大学院に通われながら、平行して準備室のスタッフとして勤務されています。

とても朗らかな笑顔が印象的。半袖スタイルがとっても涼しげな鷲尾さんです!

 

 

つづいて準備室唯一の女性スタッフ、藤田紗衣(ふじたさえ)さんです。

_MG_9995

普段は、ウルトラファクトリーのプリントラボのスタッフとして勤務されていますが、

準備備室スタッフの助っ人としても来て下さっています。

準備室唯一の女性スタッフということで、とても柔らかな雰囲気に癒されます。

 

ウルトラファクトリーとは

京都造形大生が自由に使える「共通工房」であり、あらゆる機械・工具や技術スタッフをそろえ、金属、木材、樹脂加工や、シルクスクリーン、デジタル造形が制作可能な工房です。

 

 

 

 

最後に、準備室スタッフの小松千倫さんが参加される展示のご紹介です。

tips_flyerブログ用

『Tips』展

 

日時:201861日(金)~716日(月)10:0020:00

   ※7141516日は 17:00 まで 会期中無休

会場:京都芸術センター ギャラリー北・南

料金:無料

参加作家:池田剛介、熊谷卓哉、小松千倫、三野新、宮坂直樹

詳細:http://www.kac.or.jp/events/23287/

 

内容:Co-program 2018 カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)採択企画

ビスや釘ではなくクランプで固定する。脚立を台座代わりにする。写真をテープやクリップで留める。インスタレーションには時折、興味深いささやかな技法を発見することができます。これらの技法は、それ自体が表現の核心になるのではなく、脇役として全体の中で機能し、作品の輪郭を形成している様に感じられます。本展では、このようなインスタレーションのささやかな技法に注目してTipsと名付け、5人のアーティストの作品を紹介します。

 

 

皆さま是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

情報デザイン研究室、準備室には、二足のわらじで活躍される方がたくさんいます。

気さくな方が多いので、在学生の方は困ったときはもちろんのこと、どんな作品作りをしているかなど、スタッフの方と交流してみるのもいいかもしれません。

 

 

また、展示のお知らせもできればと思っています。

 

スタッフ ミズタ

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<103104105106107>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。