情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年5月25日  授業風景

動くビジュアルデザイン

イベントなどでとても身近な表現となっている「プロジェクションマッピング」の制作に2年生が取り組みました。

いつもは、見たり体験したりする立場から、「映像とデジタル」を表現の軸として、「エンターテイン=人や聴衆を楽しませる・もてなす」ことを目標に、映像の企画から制作、展示の設営までをクラス全員で行いました。

映し出される映像は、1年生時から学んできているグラフィックデザインの基礎が、モーショングラフィックスとして表現されています。

 

1 2 3 4 5 6

情報デザイン学科研究室

 

 

関連記事

<979899100101>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。