情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年6月1日  ニュース

【4年生】情報デザインコース C領域 テーマプレゼン

 

今回は先日行われました、4年生情報デザインコース C領域の卒業制作「テーマプレゼン」の様子をご紹介したいと思います!

 

 

情報デザイン学科では3年生から、A領域からE領域の5つのクラスに分かれ、4年生でもそのクラスで卒業制作に移ります。

 

今回は『リアライズ』を軸に研究制作を行う、C領域のテーマプレゼンの様子をご紹介します。

4月からスタートした卒業制作で、初めてクラス全体が集まってのプレゼンです。

 

 

 

先生方が集まり、ピリリとした程よい緊張感のもと始まりました。

 

1

 

 

日頃疑問に感じていること、気になっていること、4年間の集大成、それぞれが卒業制作で取り組みたいことをこのプレゼンで発表していきます。

 

2

先生からもストレートかつ、的確な疑問やアドバイスが飛び交いました。

 

 

3

4

自分のプレゼン以外でもみんな自分のことのように耳を傾け、メモを取ったりと真剣そのもの。

 

5

6

 

 

一人一人しっかりとプレゼン時間を取るため、テーマプレゼンは夜まで続きましたが、白熱した時間となりました。

今回のテーマプレゼンで、自分の卒業制作がグッと具体的に見えてきたのではないでしょうか。次のプレゼンが楽しみです。

 

 

これからどんどん自分らしい作品を作っていってくださいね。

 

 

スタッフ:カゲヤマ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<8384858687>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。