こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月27日  授業風景

土粘土で遊んだよ

普段から瓜生山の土に触れている子どもたち。

今日は土粘土で遊びました。

粘土は粘土でも、土の粘土。

「地面の下のいきもの」という絵本を読み、

土はたくさんの生き物の家でもあると知りました。

 IMG_7664

それから春に植えた稲が大きく育っているのを見ました。

この稲が育ち、お米になれるのは、土というお母さんが育ててくれるから。

IMG_7666

さあ、みんなで遊び開始です!

両手で一杯の粘土で、思い思いに遊びました。

 

初めは手と足から。

IMG_7700 IMG_7717IMG_7722

ん?かっぱ?ぼうし?

楽しそうです。

IMG_7761

この二人は、何やら企んでいますよ・・・なになに・・・?

「ドラえもんをカパってする!」

二人の粘土を合わせてドラえもんをつくり、切り紐で切って盛り上がっていました。

IMG_7771IMG_7774

粘土は触った手に、素直に応えてくれる素材。

感触から入るか、具象から入るか、それも自由。向き合い方は、人それぞれ。

それぞれを許容してくれる土粘土の懐の深さを、今回新しく発見しました。

なるほどなあと思いました。

やっぱり、土はお母さん。

 

関連記事

<219220221222223>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。