情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年8月10日  ニュース

【授業紹介】輪廻転生を描いてみよう

 

こんにちは、情報デザイン研究室です。

前期の授業が終了し、学生の皆さんはいよいよ夏休みですね。

 

 

前回お届けしたイラストレーションコース2年生の「デザイン演習」の授業紹介の続編をお届けします。

 

今回は山下先生にご担当頂いた授業の様子と、学生の作品をご紹介します。

前回の記事はこちらから

 

 

 

今回の授業テーマは「輪廻転生を描く」です。

誰もが知っている物語の主人公や伝説上の人物が実在すると想定します。

その人物が生まれ変わり、現代に生きていたらどんな生活をしているのか、イメージを自由に膨らませ、その人生の物語を1枚のイラストレーションで伝える課題です。

_MG_1462

最終日の発表では、自由な発想で、のびのびと描かれた作品がたくさん出てきました。

 

 

IMG_0230

制作の画材は自由ですが、MaciPad、スマホアプリなどを駆使しデジタル作画にチャレンジした学生もいました。

 

 

グラフィックデザインの一分野であるイラストレーションは、「イメージを伝える」という大きな役割を持っています。

自己表現としてただ好きな絵を追求するのではなく、その役割も考えながら制作することがポイントですね。

 

 

 

それでは、ここから作品を一挙にご紹介していきます!

感動を呼ぶイメージから、笑いを誘うものまでバリエーション豊かなものが揃いました。

紫式部と清少納言_福井美咲

・福井美咲さん『清少納言と紫式部』 

文学で競った二人は、現代ではラップバトル。いとをかし!

 

 

おむすびころりん_渡辺大晴・渡辺大靖さん 『おむすびころりん』

ゲームセンターでボーリングしている元おじいさん。ボールがおむすびに!?

ネズミも集まってきました。

 

 

裸の王様_谷元聖

・谷元聖さん 『裸の王様』

原宿で下着一枚でクレープを食べているところを逮捕された元裸の王様。

 

 

マッチョが売りの正造_松井聡平

・松井聡平くん  『マッチ売りの少女』

寒い季節に悲しい最期を遂げたマッチ売りの少女は、暖かい地でかき氷片手に逞ましく生きていた。彼の名は、マッチョが売りの正造。

 

西岡・磯本3

【上】西岡美郷さん『銀河鉄道の夜』探していた友達ジョバンニと、VRの世界で再会。

【下】磯本朱里さん『不思議の国のアリス』アリスと京都造形芸術大学ワンダーランド

 

 

 

田辺・橋本3

【左】橋本怜奈さん『ピノキオ』義手義足を作る職人のおじいさんとピノキオの絆は永遠。

【右】田辺奈那さん「狼少年」今もちょいワル、いい男。

 

 

 

 

また、2名の学生にインタビューをし、作品を詳しく紹介してもらいました!

kuad_blog1亀井郷江さん  出身高校: 岡山県立総社南高等学校

 

『北風と太陽』

 

【コメント】 イソップ寓話「北風と太陽」の話をモチーフに恋のライバルの女の子達を描きました。競い合う、旅人の上着を取り合う点に着目して、輪廻転生を考えました。ライトノベルのハーレムに少し似ているなと思い、話を膨らませそこから2人のキャラクター設定を細かく決め、表現では絵で見えていない部分を人に想像させる工夫などをしました。いろいろなパターンを考え想像力が鍛えられる課題でした。次に作品を作るときはもっと絵の内容や構図に力を入れ、目をひく作品を作っていきたいです。

 

 

シンデレラ_泉加奈子

泉加奈子さん  出身高校:兵庫県立鳴尾高等学校

 

『シンデレラ』

 

【コメント】 働き者のシンデレラを輪廻転生させてニートにしました。ネズミ、かぼちゃ、片方脱げたスリッパを紛れ込ませたり、水色と黄色を使ってシンデレラ感を出したり、カーペットを時計、カーテンの隙間から刺す光を針に見立てて12時を表したりしてみました。アイデアを散りばめたり、線を描く作業が楽しかったです。ブラッシュアップするなら、ポスターとして遠くから見ても映えるように意識して作りたいです。

 

 

 

 

情報量の多い「物語」のイメージを練り上げ、その優先順位を定め、見る人に魅力的に届けることが今回の課題でしたね。

構図の法則、魅力的な人物ポーズ、色の持つ力、描画力

様々な知識は念頭に置きつつも、皆さん楽しみながら描くことができたのではないでしょうか。

 

 

 

使用ソフト:Adobe PhotoshopAdobe IllustratorCLIP STUDIO PAINTibis Paint X

授業担当:山下光恵先生

 

 

 

 

スタッフ:ミズタ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。