マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月28日  授業風景

えすとえむ先生 特別講義

事務担当の岩田です。
少し時間が経ってしまいましたが、

今月始めの「アシスタント演習Ⅰ」の授業はプロのマンガ家さんを招いての特別講義第2回目でした。

 

アシスタント演習Ⅰの特別講義第1回目はこちら

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=6216

 

お越しいただいたのは、京都造形芸術大学マンガ学科の客員教授でもある、えすとえむ先生です!

 

小学館「IKKI」で連載中の『Golondrina(ゴロンドリーナ)』の原稿を元に

アシスタント技術を磨きました。

 

P1060185 P1060187    P1060182  P1060180 P1060179 P1060178 

 

えすとえむ先生は京都造形芸術大学マンガ学科のスタート当初から

講師としてさまざまな授業を担当されてきました。

この授業を受けている3回生にはおなじみの先生です。

 

今回も何人か見込みのある学生がいたので、

秋頃にアシスタントとしてえすとえむ先生の仕事場にお邪魔する予定です!

 

えすとえむ先生、お越し頂きありがとうございました!

関連記事

<365366367368369>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。