情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月28日  授業風景

【イラスト三年生】トリビュート作品

先日、イラスト三年生の授業で講評がありました。

今回の課題は「好きなクリエーターのトリビュート制作」でした。

よく”トリビュート盤”なんて名前のついたCDがありますよね。

トリビュート作品とは、自分自身に大きく影響を与えたり、尊敬していたり、

あこがれの存在であったりするアーティストに対しての敬意を表す作品のことです。

二次創作にも通じる物があるかもしれません。

この課題では、イラストレーターといったビジュアル分野のクリエーターだけでなく、

小説家や作曲家など、幅広い作り手から一人選んで、取材、制作、プレゼンテーションを

行いました。

イラストレーションコースではあるものの、いわゆる”イラスト”の枠にとらわれずに

制作している様子がうかがえます。

_MG_53941

_MG_54131
_MG_54051
_MG_54221

 

 

スタッフ:ナラダテ

関連記事

<537538539540541>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。