情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月25日  授業風景

書物実験の合評が行われました

L1010656

この授業の目的は、書物についてあらゆる実験をし、

新しい書物を作り出すことです。

「僕が皆を止めるのは、既に存在してるような本を作った時だけだから」

と見増先生の言葉を受けて、とにかく自由に発想する私達。

 

合評では、約25個の違った形の「書物」が並びました。

食べられる書物、身に纏う書物、水に浮かぶ書物、

書物の枕、くしゃくしゃにされた本の山…

歓声が起きたり意見の交換で盛り上がる合評でした!!

 

全員がアイデア出しから全力で挑んでいたので、ハードな5週間だったと思います。

その中で生まれた新しい書物は実験性に溢れていて、それぞれが得意な、

独自な角度から書物に対してアプローチしているものでした。

制作や合評を通して、答えのないことを考える練習になったと思います。

 

それぞれの作品はまだひとつの実験を終えた段階でまだまだリテイクが必要ですが、

ここからさらに進化する夏の学生作品展が楽しみです!!

L1010647

L1010622

L1010615

 

コミュニケーションデザインコース

3回 西野春香

関連記事

<554555556557558>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。