アートプロデュース学科

イベント

  • LINEで送る

2013年7月7日  イベント

【特別講義開催!】徳雅美さん

7/17(水)は、カリフォルニア州立大学チコ校の徳雅美さんに特別講義のゲストとしてお越しいただきます。

0705_toku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル:ヴィジュアルリテラシー:米国における芸術鑑賞教育の在り方と方法論そしてこれから

 

講師プロフィール:

1989年に渡米。1992年にシカゴ美術学院でBFA。1994年イリノイ大学アーバナ&シャンペーン校にて美術教育を専門に修士を1998年には博士号取得。 1999年よりカリフォルニア州立大学チコ校勤務。美術教育並びに芸術鑑賞学で教鞭。現在アメリカ人の夫と15歳になる息子との三人家族。
研究テーマは描画発達の比較論「Cross-cultural Analysis of Children’s Artistic & Aesthetic Development」。特にこどもの描画に顕著に現れるヴィジュアルポップカルチャー(マンガ)の影響に興味を持ち、その関係で2005年より「少女マンガパワープロジェクト(巡回展示会&講演会)」 を世界各地で展開。これらのテーマで執筆多数。2011年には鑑賞教育の教科書「Visual Culture & Literacy: Art Appreciation-Multicultural Perspectives」を出版。また2009年から故郷奄美大島を拠点にNPOアマミーナを設立。日米の文化&教育交流イベントを展開している。

 

 

本学通学部生は聴講自由です!
—————-
◎研究室運営のホームページはこちら

関連記事

<395396397398399>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。