情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年1月24日  ニュース

受賞者決定!! T・ジョイ京都 スクリーンCMプロジェクト

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

 

シネマコンプレックス「T・ジョイ京都」と情報デザイン学科の産学連携プロジェクト、

T・ジョイ京都スクリーンCMプロジェクト」は今年で7回目を迎えました。

 

今年のテーマは「映画はやっぱり映画館で!!」

インターネットをはじめ、劇場以外での映画鑑賞の機会が増え、

学生の映画館離れが進んでいると言われる中、劇場での映画鑑賞の素晴らしさを学生に訴えかけ、

そのきっかけとなる「シネマ学割定期」というT・ジョイ京都のサービスを魅力的にアピールするCM(シネアド)を制作するプロジェクトで、最優秀賞に選ばれた作品は一年間、

T・ジョイ京都の各シアターで実際に上映されます。

 

クライアントの要望、観客のニーズをよく調べるところから始め、

わかりやすくそして魅力的な表現で情報を伝える、広告の実践です。

アニメーションやモーショングラフィックス、実写映像など、

多様なアプローチの作品31本がエントリー、117日に最終審査会がおこなわれ、

各賞が決定しました!!

 

見事、最優秀賞に選ばれたのは、

イラストレーションコース3年生野々山 恭(ののやま きょう)さんの作品。

細部までこだわったアメコミ風のキャラクターデザイン、アクション映画をイメージした

モーションとアングル、CGを駆使した画像処理等、

審査員からは「プロ級の仕上がり!」「映画愛を感じる!」との評価の声が上がりました。

優秀賞の4作品も非常にハイレベルで、審査は最後まで大接戦でした。

 

 

↓画像クリックでご覧になれます。

 

【最優秀賞】

イラストレーションコース3年生

野々山 恭(ののやま きょう)

 

 

【優秀賞】

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

内野 結子(うちの ゆうこ)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

竹内 佐代子(たけうち さよこ)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

谷 琴音(たに ことね)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

山本 りか(やまもと りか)

 

 

【入選】

情報デザインコース3年生

河野 仁美(こうの ひとみ)

 

イラストレーションコース3年生

原田 明典(はらだ あきのり)

 

イラストレーションコース3年生

ヨウ テン(よう てん)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

北村 穂乃花(きたむら ほのか)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

倉又 麻衣佳(くらまた まいか)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

小池 真緒(こいけ まお)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

茂富 楓(しげとみ かえで)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

瀧田 蒼良(たきた そら)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

永井 沙季(ながい さき)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

西林 萌絵(にしばやし もえ)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

藤林 敏起(ふじばやし としき)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

水川 莉沙(みずかわ りさ)

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生

三渡 彩加(みわたり あやか)

 

 

:::::::::::::::::::::::
すべてのエントリー作品は、こちらからご覧いただけます。
:::::::::::::::::::::::

スタッフ:ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<3334353637>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。