京都芸術大学 通信教育部(通信制大学)

資料請求

無料体験

特別イベント開催!

ようこそ、
未知なる芸術の学びへ

  • オンライン開催 2023年10月21日(土) 対面開催 (京都・瓜生山キャンパス) 2023年10月28日(土) 第1部(大学説明会) 10:00〜11:00
    第2部(スペシャルトーク) 11:00〜12:15
    先着順・事前申込制

NO1

「これまで挑戦してこなかった新しいことに取り組みたい。」「興味があった芸術を深めていきたい。」本学への入学をご検討されている皆さまから、よくこんな言葉をお聞きします。
しかし、実際の学びを考えると、仕事や家庭との両立や新しい学びについていけるのかなど、さまざまな疑問が湧いてきます。今回はそんな方に是非お伝えしたい、「本学通信教育部の学び方」や「大学で学ぶ意義」など、皆さまの疑問や不安を解消するスペシャルイベントを開催します!

POINT 参加のポイント

1なぜ、通信制芸大が選ばれているのかが分かる!

芸術を学ぶと日常の視点が大きく変わります。具体的にどのように変化していくのか。また、大学で学ぶことと独学は何が異なるのか。通信教育で学ぶメリットなど「学び直し」を検討される方からよくいただく質問をベースにお話します。

2気になったことや疑問を
すぐ聞ける!

オンライン開催では、「顔出し・声出し不要」の視聴型のイベントですが、Q&Aチャット機能を使って双方向でのコミュニケーションも可能です。他の参加者の質問を見ているだけでも学びが多いはずです。
一方、対面開催ではイベント終了後に個別相談会を開催いたしますので、直接話を聞きたい方におすすめです!

3これまで多くの学生たちに
伴走してきた先生たちの話がきける!

第一線で活躍する現役のクリエイター、研究者であり、教育者として数多くの社会人学生たちと学びの楽しさや苦労の数々を分かち合ってきた伴走者である先生たちより、「社会人が芸大生になる」ためのヒントやエッセンスをたっぷりお届けします。

スペシャルトーク登壇教員のご紹介

上田篤先生

副学長/デザイン科 空間演出デザインコース教授

大阪府岸和田市にて生まれだんじり囃子を聞きながら育つ。京都工芸繊維大学大学院修了、建設会社勤務後、建築家・デザイナーとして独立。人の集う場のデザイン、空間演出デザインを専門とする。最新の手掛けた空間は、研究室や卒業生と取り組んだ亀岡市「開かれたアトリエ」。滋賀県甲賀市信楽地区の芸術祭「シガラキマニア」の監修も務める。著書に『図形ドリル』(学芸出版社・単著)。普段は通信教育部のありとあらゆるところで奮闘中。

芸術大学で学びたい方へのメッセージ

私たちが学生として迎える皆さんは、社会でさまざまな経験を積んでこられた方々です。「教育」というより「一緒に学びたい」というのが素直な気持ちです。ただ一方、社会人として生活する中で、いつの間にか失いかけた想いもあるでしょう。「もっと知りたい」「もっと学びたい」。そんな純粋な夢や目標に「気づく」きっかけをつくるのが私たちの役目です。本学でその気づきを得て、「一生、芸術を学びつづける」意識を持った方は、卒業までに大変身を遂げていきます。

石神裕之先生

通信教育部学部長/芸術学科歴史遺産コース教授

考古学者。千葉県出身。1997年慶應義塾大学文学部史学科卒業。2005年慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。2006年慶應義塾大学大学院文学研究科より博士(史学)を授与。東京都区内の都市再開発に伴う発掘調査や関東地方の石造物の調査に従事するなかで、調査後破壊されていく遺跡や路傍に埋れ忘れ去られてしまった石仏などを目の当たりにし、そうした文化遺産を地域のなかで保存・活用していくための方法論の構築に関心を持って研究を進めてきた。最近では自治体の文化財行政に関わる機会も多く、地域に根ざした文化遺産の保存・活用の実践的な活動にも携わっている。

芸術大学で学びたい方へのメッセージ

デッサンをしたり、絵画を鑑賞したりすることを通じて、自らの感受性を養う訓練は、まさに芸術大学における日常的学びであり、無理することなく自然体で「直観」のちからを高めることが可能です。つまりそれこそが芸大で学ぶ意義といえるのかもしれません。
既存の知識では全く関わりのない異なる事象に対しても、「直観」を研ぎ澄ますことによって、それらをつなぐ接点を見出し、新たな「創造的発見」が導き出されてきます。

イベントの流れ

第1部
10:00〜11:00

オープニング/通信制芸術大学とは?

  • 本学の特長・学び方、サポート体制
  • 大学で芸術を学ぶ意義とは?
第2部
11:00〜12:15

「ようこそ、未知なる芸術の学びへ」
上田篤(副学長)×石神裕之(学部長)によるスペシャルトーク

  • 社会人が芸大生になるためのポイントをご紹介
  • 本学で学べる学科・コースの魅力をご紹介
  • Q&Aコーナー

※両日ともイベント内容は同じです。

※京都・瓜生山キャンパスでの対面開催では、個別相談会を実施します。

申し込み・参加方法

10/21(土)オンライン開催の場合

STEP1

お申込み

必要事項を入力のうえお申込みください。1分ほどで完了します!

STEP2

Zoomアプリをインストールする

パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットでも参加可能です。当日はビデオ会議ツール「Zoom」ウェビナー機能を使用します。事前に「Zoom」アプリをインストールいただくか、Webブラウザから直接ログインすることも可能です。
※当日は、インターネット環境の安定性や通信速度を考慮して、有線LANでの接続を推奨します。

イベント参加のための
Zoom 初めてガイド

STEP3

事務局からのメールに記載されたURLから参加

お申し込みいただいたメールアドレス宛に事務局より説明会のURLを記載したメールをお送りしますので、当日時間になりましたらそちらから参加をお願いします!(10分前から参加可能ですのでお早めにご準備ください。)

10/28(土)対面開催通
(京都・瓜生山キャンパス)

STEP1

お申込み

必要事項を入力のうえお申込みください。1分ほどで完了します!

STEP2

事務局からのメールに記載された日時をご確認のうえ、
当日会場にお越しください。

当日は9:30より受付を開始いたしますので、京都・瓜生山キャンパスまでお越しください。
受付場所等につきましては、お申し込みいただいたメールアドレス宛にメールをお送りします。

京都芸術大学
通信教育部の特色

社会人でも学びやすい内容・環境を実現。さまざまな入り口から、芸術の奥深さを学べます。

  • 通学不要。完全オンラインでどこでも学べる
  • [芸術教養学科・芸術学科・美術科・デザイン科] 4学科・6コース

  • 自宅学習+週末スクーリングで実践的に学ぶ
  • [芸術学科・美術科・デザイン科] 3学科・12コース

※ グラフィックデザインコースは2025年度よりWeb完結カリキュラムに移行予定

資格課程 学科・コースに所属しながら+αの学び。標準的な受講
期間は3年間(最短で2年間)。

科目等履修 学科・コースに所属せず、1年間で資格を取得。

  • 1.5万人以上が学ぶ
    日本最大の芸術大学

    18歳から90代まで、15,495名が在籍(2023年5月現在)。会社員・主婦・定年後などのあらゆる立場・職業の人々が全国+海外から集う、日本初の通信による4年制芸術大学です。

  • 延べ1,000名以上の
    教員による丁寧な添削

    教員によるアドバイスがびっしりと書き込まれて返却される、細やかな添削指導が好評。また、学習用Webサイト『airU(エアー・ユー)』で提供される本学独自の動画教材で、自宅でも臨場感のある学びが受けられます。

  • 拠点は京都・東京の
    2つのキャンパス+遠隔

    スクーリングは土日2日間開講で社会人の方にも学びやすい仕組み。京都か東京のいずれかのキャンパス、もしくはオンラインによる遠隔開講を選択することで、卒業に必要なスクーリングをすべて受講できます。(陶芸は京都のみ)※「手のひら芸大」はすべてWeb上での受講。

予測不可能な時代に求められる「オトナの学び直し」とは?

人生100年時代といわれる超高齢化社会や、コロナ禍に象徴される予測不可能な時代「VUCA(ブーカ)」が背景にあるなか、働き方の価値観の転換、定年後の生き方など、さまざまな役割をもって社会生活を送るわたしたちを取り巻く環境は大きな変化を迎えています。

2023年度入学者数・在学生数が私立大学通信教育協会加盟校で3年連続 第1位

より自分らしく、人生を有意義に過ごしていきたいと考えた時、今までの自分にはない知識や新しい体験をもとめて、大学での「学び直し」に興味を持つ社会人が近年とても増えています。

本学通信教育部においても今春(2023年4月)の入学者数は4,720名。在学生数は1.5万人を超えました。国内の通信制大学の中でも最も入学者数が多い大学として本学が多くの社会人に選ばれていることを大変うれしく思っております。

しかし本学への入学に興味を持ってくださる方々からは、例年「今さら大学に行ってもよいものなんでしょうか?」「オトナになってまで大学に入るなんて、どんな意味があるのでしょうか?」などがよく質問にあがります。

世界基準から出遅れている
日本の社会人教育

実際のデータをみてみますと大学などの高等教育機関で学び直しを行っている25歳以上の大学入学者は、全国で11.1万人。割合としては、高等教育機関への進学における25歳以上の入学者の割合は、世界(OECD各国)平均が約18%なのに対して、日本では1.9%に留まっています(※1)。残念ながら、日本は世界に比べてまだまだ「大人になって大学へ行く人」が少ないという現状があります。

世界基準でみても日本の社会人教育は大きく遅れをとっている状況だからこそ、社会人が「学び直し」に興味をもったとき、先ほどのような疑問や不安を感じる方がおられるのかと思います。しかし、逆にとらえると「学びたい時に学ぶ」ということは、皆さんの人生だけでなく、これからの日本を変えていくきっかけになるかもしれません。

京都芸術大学の予習動画通信教育部がもっとわかる!

  • 日本最大の通信制芸術大学での学びとは

    日本最大の通信制芸術大学での
    学びとは

    年齢もお住まいも職業も年齢もさまざま。日本最大、あらゆる立場の1.5万人以上の学生が学ぶ通信制芸術大学の特長をご覧ください。

  • キャンパスツアー動画で大学をもっと知る

    キャンパスツアー動画で
    大学をもっと知る

    通信教育部では、自宅学習以外にも「スクーリング」と呼ばれる対面授業を京都と東京の2つのキャンパスで開講しています。充実した大学内の施設や、創造力を刺激する美しい四季を感じるキャンパスの様子を動画でご紹介します。

通信教育課程YouTubeチャンネル

10/21(土) 参加申込み お申込みはこちら 10/28(土) 参加申込み お申込みはこちら