舞台芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年6月6日  ニュース

《ぶげまる》にロゴができました。

先日から始まりました、

『舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画』略して

 

《ぶげまる》

 

にロゴマークができました。

ぶげまるロゴ

ぶげまるです。どうぞよろしく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザイン原案は舞台芸術学科3回生のきのせまさき君。

なんだか可愛いですね。

 

頼んでもいないのに、考えてくれて、ありがとう!

採用します!

 

いい企画になるようにがんばります!

 

そんな報告でした。

 

 

 

《ぶげまる》はこちら

  • LINEで送る

2013年6月3日  ニュース

《ぶげまる》第一弾

いままで、ダイジェストはupしてきましたが、

3分くらいのダイジェストじゃ、何がなんだかわかんないよ!

と思っていた方もいたのではないでしょうか?

 

そこで、舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画

 

《ぶげまる》

 

GALLERYにて始めようと思います!!

 

その第一弾は

2012年度3回生 川村毅クラス演劇公演『大市民』

(2012年1月13日〜14日@春­秋座)

2012年度3回生 伊藤キムクラスダンス公演『トリプルビル』
(2012年11月22~24日@stu­dio21)
の2本立て!!
ともに、公開期間7月3日までです。
本番を見逃した方も復習したい方も
ぜひぜひご覧になってください!!
  • LINEで送る

2013年5月20日  ニュース

授業発表公演ダイジェスト追加!

2012年度の後期に行われた授業発表公演などの

3分間のダイジェストを[GALLERY]にUPしました!

 

ラインナップはこちら↓

・2回生渡邊守章クラス演劇公演「フェードル」2013年2月14~15日@studio21

・1回生河村博重クラス/茂山良暢クラス「能・狂言発表会」2013年1月29日@春秋座

・2回生寺田みさこクラスダンス公演「1DK」2013年1月18~19日@興心館4F K41

・3回生伊藤キムクラスダンス公演「トリプルビル」2012年11月22~24日@studio21

・3回生川村毅クラス演劇公演「大市民」2013年1月13~14日@春秋座

・2回生杉原邦生クラス演劇発表「ハムレット」2012年12月20~22日@studio21

・3回生三浦基クラス演劇公演「人形の家」2012年12月13~15日@studio21

・2012年度卒業展出展公演「蟲を解放つ。春秋座ver.」2013年3月3日@春秋座

 

特に、「蟲を解放つ。春秋座ver.」は

以前からUPしていたstudio21版と同じ部分をダイジェストとして切り取っているので、

微妙な違いを見てみると面白いかもしれません。

 

ぜひ、チェックしてみてください!!

  • LINEで送る

2013年3月12日  ニュース

学科長 川村毅の実力

川村毅 学科長 最新作「4」の劇作で 芸術選奨文部科学大臣賞 受賞!!

 

タイトル「4」は、英語のfourと発音します。

この最新作の「4」が2012年度の芸術選奨・演劇部門・文部科学大臣賞を受賞しました。

芸術選奨は、年度のベスト作品に贈られるような賞なので、舞台芸術学科としても、学科長がこのような栄誉ある賞を受けたことを大変誇りに思います。

 

しかも「4」は、財団法人 光文文化財団が主催する「第16回鶴屋南北戯曲賞」も受賞しており、めでたいダブル受賞となりました。

 

おめでとうございます!

 

[芸術選奨の贈賞理由より]

劇作家として、ことばを操る技量の点で頭抜けている。独白劇とでもいう新しい形式で書かれた「4」は民間人の裁判員制度導入を背景に「人を裁くことがどのようなことか」を深く考えさせるものだ。同時代性、アクチュアルな作品としても評価できる。また、戯曲の構成においても登場人物が途中で役割を交代する等、劇的なしかけが仕組まれており、舞台上演時にも観客をドラマに巻き込んだ。その独創的な創作を高く評価したい。

1 14 15 16

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。