舞台芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年9月10日  ニュース

《ぶげまる》第5弾公開!!!

こんにちは。

 

「朝晩、急に涼しくなって、体調を崩しそうな季節に

舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画」

略して

《ぶげまる》

 

第5弾公開です。

 

今回は2012年度前期3回生 伊藤キムクラスダンス公演

(アンタイトルドゥ)

(2012年7月15日 @学生食堂)

です。

(公開期間は10月10日まで)

―――――――――――――――――――――――――

どこへ向かうのか、何しに行くのか、何が起こるのか、全然わからない。

でもとりあえず出発する。

そういうダンスです。

(公演チラシより)

―――――――――――――――――――――――――

 

この公演は

春秋座やstudio21とは違い、学食で行われました。

劇場ではない空間で行われたダンス。

ぜひご覧下さい。

 

また、第4弾の『フェードル—悲劇5幕—』も

9月17日まで公開していますので、

お見逃しのないように!!

  • LINEで送る

2013年8月15日  ニュース

《ぶげまる》第4弾公開!!!

こんにちは。

 

「暑いと言うから暑いんだ。を真に受けて、〔涼しい〕と言ってみたけどやっぱり暑い夏に、

舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画」

略して

 

《ぶげまる》

 

第4弾公開です。

 

今回は2012年度2回生 渡邊守章クラス演劇公演

『フェードル—悲劇5幕—』Aキャスト/Bキャスト

(2013年2月14〜15日 @studio21)

です。

(公開期間は9月17日まで)

―――――――――――――――――――――――――

この授業公演は舞台芸術学科の二回生の、

通年・週2コマの一年間の学習の成果を問うものです。

つまり今年、成人式を迎えた若者です。

それにフランス古典悲劇の頂点とも言うべきラシーヌの『フェードル』を、

演出家としてはそれなりの教育戦略はあるとはいえ、

演じさせるのは、暴挙と言ってもよいだろう。

ただ、「困難さへの挑戦」は、自分としても、若い頃からの生き方であったし、

特にフランス文学研究や翻訳、それらを舞台にかける演出作業では、

ことさらに「難解」とされるものに挑戦してきた。

従って、二回生の『フェードル』は、たんなる思い付きではなく、

私の慎ましやかではあるが確実に伝えておきたいと思うことを、

授業公演では選ぶことにしている。

その成果は、お客様のご判断にゆだねます。

 

演出 渡邊守章

(当日パンフレットより一部抜粋)

 

出演
【14日 夜の部 Bキャスト】

フェードル 岡崎さつき  テゼー   山本善之

イポリット 田中祐気   アリシー  田中佑香

エノーヌ  西侑梨    テラメーヌ 木之瀬雅貴

イスメーヌ 村蒔美沙   パノープ  細見祥子
【15日 昼の部 Aキャスト】

フェードル 田中沙依   テゼー   山田健人

イポリット 石井歩    アリシー  綿地奏見

エノーヌ  西侑梨    テラメーヌ 福久総吾

イスメーヌ 樋渡あかね  パノープ  榊原菜帆

―――――――――――――――――――――――――

 

本公演はダブルキャストだったため、

今回はその両方をUPさせて頂きました。

両方のキャストを見比べるもよし、

どちらか一方を見るもよし、

前半と後半で別のキャストを見るもよし。

皆さんのお好みで、ご覧下さい。

 

また、第3弾の『1DK』も

8月19日まで公開していますので、

お見逃しのないように!!

  • LINEで送る

2013年7月19日  ニュース

《ぶげまる》第3弾公開!!!

こんにちは。

 

「卒業制作は授業発表じゃないのでは?という疑問を、単位がもらえるからいいんです。と言い張った

舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画」

略して

 

《ぶげまる》

 

第3弾公開です。

 

今回は2012年度2回生 寺田みさこダンスクラス『1DK』

(2013年1月18〜19日 @興心館4F K41)

です。

(公開期間は8月19日まで)

―――――――――――――――――――――――――

1DKの部屋。

同じ間取りで暮らしている隣人を、

よくは知らない。

もしかすると、今、同じテレビを見ているかもしれないし、

同じ洋服を着ているかもしれない。

とすると、二軒隣の2階上の住人と、

今晩同じ夢をみる可能性もないとはいえない。

(当日パンフレットより)

―――――――――――――――――――――――――

 

開演前から収録されています。

お時間がない方は15分ほどとばしてご覧下さい。

 

また、第2弾の『蟲を解放つ。』も

7月26日まで公開していますので、

お見逃しのないように!!

 

[GALLERY]はこちら

  • LINEで送る

2013年6月25日  ニュース

《ぶげまる》第2弾公開!!!

みなさま 元気ですね!

 

「第1弾が予想以上のアクセス数で、驚きとともにみなさまに感謝している、

舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画」

略して

 

《ぶげまる》

 

第2弾公開です。

 

今回は2012年度卒業制作公演の中で、学長賞を受賞した

福井俊哉 作/演出の

『蟲を解放つ。』(2012年1月18〜20日@studio21)

です。

(公開期間は7月26日まで)

 ―――――――――――――――――――――――――

この作品は一人の女が恋をして、

人生をドロップアウトしてしまうまでの顛末を物語にしたものです。

映画やテレビで描かれているような、

己を見失ってしまうほどの愛に生きてしまうのは、

本当は怖いことなんじゃないかという単純な疑問から、

この作品が生まれました。

(卒業展舞台芸術学科パンフレットより)

―――――――――――――――――――――――――

 

ぜひ、ご覧になってください。

 

また、第1弾の『大市民』『トリプルビル』も

7月3日まで公開していますので、

お見逃しのないように!!

 

[GALLERY]はこちら

  • LINEで送る

2013年6月6日  ニュース

《ぶげまる》にロゴができました。

先日から始まりました、

『舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画』略して

 

《ぶげまる》

 

にロゴマークができました。

ぶげまるロゴ

ぶげまるです。どうぞよろしく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザイン原案は舞台芸術学科3回生のきのせまさき君。

なんだか可愛いですね。

 

頼んでもいないのに、考えてくれて、ありがとう!

採用します!

 

いい企画になるようにがんばります!

 

そんな報告でした。

 

 

 

《ぶげまる》はこちら

1 14 15 16 17

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。