こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年4月24日  ニュース

【ニュース】こがくのこがさん活躍の場が広がる

皆さん、こんにちは、こども芸術学科です。

4月23日木曜日の新聞に掲載されました。

IMG_5782

この度、こども芸術学科の学生とマスコットキャラクターこがくの「こがさん」による、

「こがくのこがさん こうさく道場」が京都新聞ジュニアタイムズで5月からが始まります。

学生とこがさんが毎月、第2日曜日に身近な素材を使った工作を紹介してくれます。
お楽しみに!

IMG_5786

Zoomで学生と工作の打ち合わせするこがさん、どんな工作にしようか真剣です。

 

▼▼▼お知らせ▼▼▼▼▼▼

自宅にいながら、大学の説明会をうけることができます!

はじめてのスマホ大学説明会

こども芸術学科公式インスタグラムはコチラ

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2020年4月24日  ニュース

【ニュース】私の絵が表紙になりました

皆さん、こんにちはこども芸術学科です。

 

京都府印刷工業組合が発行している「京印季報」の表紙を

今回はこども芸術学科3回生小濵いづみさん

が描いてくれました。

IMG_5779 

春らしくかわいらしい絵が今回の表紙です。

見かけた際は是非じっくりとご覧ください。

 

実は2013年から、こども芸術学科では表紙を描かせて頂いています。

IMG_5777

過去にはこんな表紙のものも発行しています。

自分の絵が表紙になり、たくさんの方に見て頂けるのは学生にとって

貴重な経験です。先輩から後輩へしっかりとバトンが繋がっています。

次は誰が描いてくれるのでしょうね。

また、決まり次第お伝えします。

 

 

▼▼▼お知らせ▼▼▼▼▼▼

自宅にいながら、大学の説明会をうけることができます!

はじめてのスマホ大学説明会

こども芸術学科公式インスタグラムはコチラ

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

 

 

  • LINEで送る

2020年4月21日  ニュース

こども芸術学科新入生・在学生の皆さんへ

こども芸術学科研究室より、こんにちは〜

 12

一回生の皆さん、入学おめでとうございます。

二回生、三回生、四回生の皆さん、進級おめでとうございます。

 

2020年度前期、誰も予想していなかった新型コロナの感染拡大の影響でスケジュールが大幅に遅れてしまいましたが、いよいよ始まります。

ガイダンスは5月11日、授業は5月18日からです。

 

とはいえ、この危機状態で残念ながら、対面でのガイダンスや授業、また個別・グループ面談が不可能になり、皆さんの学生生活への戸惑い・不安な気持ちは大きくなっていることと思います。

 

本当に異常な状況下ですが、ここでみなさんの学びがストップしてしまっては、今までの積み重ねが台無しです。一緒に乗り越えていきましょう。

 

こ学の研究室ではテクノロジーを活用し、皆さんの学習や、コミュニケーションへの支障を最小限にとどめようと、力を合わせて前期の準備を進めています。オンライン授業は、教職員、そして皆さんにとっても初めてのチャレンジになりますね。心配でもありますが、ワクワクもします。好奇心の旺盛な子どものように、前向きに取り組んでいきたいです。よろしくお願いいたします。

 

皆さんには、まず健康維持、そして学習のために、早々にもWIFI環境、PCの設定とPCウイルス対策をお願いしたいと思います。

 

最後に、1つお知らせです。

2020年度41日、新副手、関根俊介さん(こども芸術学科2015年卒業)が着任しました!

暫くは電話やメール等で皆さんをサポートしていきます。よろしくお願いします。

1

では、皆さん、スクリーン上で会いましょう。一人ひとりの元気な姿を楽しみにしています。

 

                         近江綾乃&

                         こども芸術学科研究室一同

 

 

▼▼▼お知らせ▼▼▼▼▼▼

自宅にいながら、大学の説明会をうけることができます!

はじめてのスマホ大学説明会

こども芸術学科公式インスタグラムはコチラ

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2020年2月16日  ニュース

【卒業展】ご来場いただき、ありがとうございました!!

2月8日から始まった京都造形芸術大学卒業展が、無事、終了いたしました!!

こども芸術学科の展覧会場に、足をお運びいただいた皆様、本当にありがとうございました!!

IMG_9838

IMG_0015

IMG_9847

IMG_9800

IMG_0155

IMG_9804

クロージングパーティーでは「同窓会賞」の授賞式が行われ、石原佳奈実さん(前橋育英高等学校 出身)が授賞式に出席しました!

IMG_0703

IMG_0713

石原さん「同窓会賞」受賞、おめでとうございます!!

 

//////お知らせ(入試関連情報)/////////////////////

 

○京都造形芸術大学 大学入試センター試験利用入学試験(Ⅱ期)ウェブサイトはコチラ

 

こども芸術学科公式インスタグラムはコチラ

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

  • LINEで送る

2019年12月23日  ニュース

tupera tupera×こども芸術学科presents「クリスマス絵本ライブ」

12月15日に、tupera tupera×こども芸術学科presents「クリスマス絵本ライブ」が開催されました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

 

この「クリスマス絵本ライブ」は、tupera tuperaの京都展覧会の機会に、こども芸術学科の学生とツペラツペラの連携プロジェクトを起こし、ツペラツペラの絵本の世界に関連した企画イベントを、本大学で開催することを目的として動き始めました。
IMG_7832
このプロジェクトは、本大学内はもちろん、京都のより多くの人々に絵本の面白さや絵本の価値を知ってもらおうという目的で、tupera tuperaの亀山さんと、こども芸術学科学の学生チームが、一緒に取り組んできました。絵本というメディアを使ってどんな楽しい企画ができるか」を考え、本学でtupera tuperaさんによる絵本読み聞かせイベントを企画し運営、実施する、という内容でした。
7月:亀山さんを迎えたミーティングが行われました。イベントのイメージのすり合わせ、コンセプトの確認のために、tupera tuperaさんの今までの活動の紹介をしてくださいました。
【参加学生】 3年生:曽田みなみさん 芦葉琴音さん 寺岡奈名子さん
       2年生:小竹日葉里さん 二井香帆さん 居村奈々央さん 小濱いづみさん
IMG_3503
8月、9月:Webページや、フライヤーの作成を行いました。tupera tuperaさんの絵本やイラストから素敵な素材をいただき、学生たちでデザインしました!
thumbnail_image2 (2)
10月:会場構成や飾り付けなど、空間演出を考え、会場内の装飾の制作を行いました。
IMG_00751
line_382076601000601
11月:引き続き会場の装飾制作や、会場へ誘導するサインを考え、キャラクターを多用した看板制作を行いました。
line_30542903444493
IMG_7851
IMG_7852
IMG_7846
12月:会場が完成し、いよいよtupera tuperaのお二人を迎えてのリハーサルが始まりました!
line_31192398931068
IMG_7833
IMG_7823
IMG_7836
12月15日:本番スタート!!「やさいさん」や「パンダ銭湯」「おばけだじょ」など、次々と絵本の読み聞かせが始まり、終始会場は大盛り上がりでした!
IMG_7993
IMG_8056IMG_8102
また、tupera tupera×こども芸術学科presents「クリスマス絵本ライブ」ご協力いただきました、関係各所の皆様、本当にありがとうございました!!
IMG_81411
●●お知らせ●●●
「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」
美術館「えき」KYOTOで11月23日から12月25日で開催されています。京都駅にお越しの際は、是非お立ち寄りください!!
 

●●お知らせ●●●

参加者募集中!高校生対象のワークショップ「こども芸術クラブ」の大学第3回が開催されます。

【開催日】2020年1月25日(土)13:00~15:00 「ひたすら磨く!こっぱ つるピカ キーホルダーづくり」

【開催場所】京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス S棟(至誠館6階)S61教室

Webからのお申込み、詳細はこちら→こども芸術クラブWeb

1 2 3 4 29

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。