こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年3月29日  ニュース

【日本キャラクター大賞】 学生部門 入賞!

本学科の寺井遥さんが【日本キャラクター大賞】 学生部門 佳作を受賞しました!

寺井さん、おめでとうございます!

 

【日本キャラクター大賞2019 学生部門】

ライセンスビジネスにおいて当該年度に活躍したキャラクタープロパティを褒章する制度「日本キャラクター大賞」の学生部門のアワードとして実施されました。学生部門表彰は本賞とは独自のものであり、審査は学生専門コンテストとして別に行われました。第3回目となる本年は、応募作品全248作品、37校が参加しました。

 

今回のテーマはSmile(笑顔)でした。

寺井さんは、このテーマを見た時に、こしょこしょくすぐられて笑っている子どもの顔が浮かび、このキャラクターにつながったそうです。

4 寺井

5 寺井

6 寺井

7寺井

8寺井

ほんわかとして温かみのあるすてきなキャラクターですね。課題やポートフォリオにも、たくさんイラストを取り入れて制作している寺井さん。自主的に賞に応募し、見事、佳作受賞となりました。おめでとうございます!

 

/////////オープンキャンパスのお知らせ////////////////////////////////////////

4月27日(土)・4月28日(日)に今年度初めてのオープンキャンパスが開催されます!

詳しくは オープンキャンパス公式サイト をご確認ください!

 

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

  • LINEで送る

2019年2月22日  ニュース

【卒業展】あの作品と新たな場所でもう一度

2018年度卒業展に出展された2作品が、京都造形芸術大学を飛び出して、新たな場所に設置されることになりました。

 

【作品情報】「Ortube こどもたちの居場所となる仮想空間」 坂口亮太(姫路市立姫路高等学校出身)

IMG_8218

●お嫁に行った先
学校法人今村学園 幼保連携型認定こども園 いまむらこどもえん 3階 職員室前広場
IMG_3405
●制作者のコメント
こどもたちのために制作した作品が実際にこどもたちのもとへ行くという、これ以上ない嬉しい結果になって本当によかったです。展示期間中、たくさんの人に解体するのは勿体ないと言っていただけていたので、解体することなくこれから活躍してくれると嬉しいです。

 

 

【作品情報】「どうくつたんけん」 戎里央(岡山県立岡山工業高等学校出身)

IMG_8260

●お嫁に行った先
茨城市役所 5月19日(日)茨木市×立命館大のイベントにて使用していただける予定
イベント後はどこかの施設に設置出来たらと、茨城市役所の方々が動いてくださっているとの事
(画像は運び出しの様子)
IMG_5212
IMG_5248
●制作者のコメント
今回お嫁に迎えていただけたことで、私の作品が前回よりも広い場所でより多くの子ども達や保護者の方々に楽しんでもらえるということが何よりも嬉しいです。
そんな素敵な機会を作ってくださった茨城市役所の方々に感謝すると共に、この作品の要となるダンボールの提供・制作協力をしてくださった中川パッケージの皆さんにこの場でもう一度お礼を伝えたいです。
「どうくつたんけん」は8ブロックに分かれていてマジックテープをひっつけるだけて回路を自由自在に変えられる大型絵本です。
手切りの層の重なりを目で楽しみながら、大人の方にも子ども達にもヘッドライトを着け、めいっぱい主人公になりきって楽しんでいただきたいです。
卒業展だけではなく、新たな場所でたくさんの方に知っていただける機会に恵まれて良かったですね。今後の展開にも期待です!
                                            (スタッフ:大塚)
/////////////ぜひこちらもご覧ください/////////////////////////
こども芸術学科卒展公式インスタグラムはコチラ      こども芸術学科公式ツイッターはこちら
  • LINEで送る

2018年12月23日  ニュース

「はじめての、1day!!芸大体験」にご参加いただいき、ありがとうございました!

「はじめての、1day!!芸大体験」にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

それぞれの学科が、どんなことを行っているのかを知ってもらうために行ったプログラムで、こども芸術学科は「物語ります」クリスマス というタイトルで体験授業を行いました。

参加者同士で4つグループを作り、こども芸術学科の先輩たちが制作した、大型紙芝居のしかけを使い、この世で一つのお話作りを行いました。

IMG_7299

初めて会った人同士でグループになり、元からある道具を使ってのお話づくりは大変でしたね。

IMG_7322

しかし、お互いにコミュニケーションを取って話を完成させ、力を合わせて発表していた皆さん、素敵でしたよ!

少し先になりますが、2月9日(土)から卒業展が始まります。オープンキャンパスも同時開催していますので、是非お越しください。

 

  • LINEで送る

2018年12月14日  ニュース

【授業紹介】 こども達も一緒に歌ってくれるかな? 歌発表!

本日は1回生が、1講時目からこども芸術大学で、歌の発表をさせていただきました!

 

▲▲▲ ここで解説 ▲▲▲▲

こども芸術大学/認可保育園 こども芸術大学とは

お母さんとこどもが通う、京都造形芸術大学 学内附置機関です。詳しくはコチラ

現在は平成31年4月に認可保育園として開設計画中となっています。

こども芸術学科とこども芸術大学・・・とても名前が似ていますが違う機関なんです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 

 

まずは皆さんにご挨拶。学生は緊張気味に控えめな「おはようございます。」でしたが、子ども達は「おはようございます!!」と、とても元気な挨拶を返してくれました。

いよいよ5グループに分かれて、歌の発表が始まります!ドキドキ。

IMG_7072

IMG_7094

IMG_7158

IMG_7184

IMG_7209

最後はみんなで「勇気100%」を歌いました。曲名を聞いた子が「知ってる~!!」「歌える~!!」と言ってくれて、会場のボルテージがマックスに。しかも、子ども達は昨日歌を練習してくれていたんだとか。

さあ、歌合戦の始まりです!

IMG_7238

結果は子ども達の圧勝。元気よく大きい声で一緒に歌ってくれました!学生達、負けてるぞ~!!

パワーでは負けていましたが、緊張しながらも、子どもの顔を見てしっかり歌い、自然に笑顔になれていたのが素敵でした。この調子で1月の春秋座でのピアノ発表も頑張ってください!

 

////////// 高校1・2年生にお知らせ ////////////////

こども芸術学科の体験授業を受けてみませんか?

「はじめての、1day!!芸大体験(事前予約制)」予約受付中です!

こども芸術学科の授業は12月23日(日)実施予定です。一緒に物語を作りませんか?

詳しくはコチラ 皆さんのご参加、お待ちしてます!

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月23日  ニュース

【卒業生紹介】「子どもと一緒に年賀状を作ろう!」河合宣さん 白倉怜奈さん

東京町田のしぜんの国保育園で保育士をされている卒業生の河合宣さん、白倉怜奈さんが、小学館の育児情報メディア HugKum(はぐくむ)で紹介されました!(11月20日の記事です)

こども芸術学科を卒業後、保育士になられたお二人は、アートの得意な保育士として、しぜんの国保育園で活躍されています!

 

HugKum(はぐくむ)で紹介された企画のタイトルは「子どもと一緒に!かわいい!楽しい!年賀状を作ろう♪」

お二人が実際に働かれている町田のしぜんの国保育園で、子ども達と一緒に色々な技法とアイデアを使って年賀状を作りました。

無題1無題2

この年賀状作りで大切なのは、きれいでかわいい、完成された年賀状を作る事ではなく、子どもに寄り添い、一緒に楽しみながら造形を行うこと。それは、見方を変えれば年賀状作りをきっかけにした、親子の新しいコミュニケーションの取り方の提案、とも言えるのではないでしょうか。

 

身の回りにあるものでできる、年賀状作りに使える技法やアイデアを詳しく知りたい方はコチラをクリック!

子どもと触れ合う楽しいツールとしての年賀状作り、今年、自分で作る年賀状アイデアに応用できるかも?

是非やってみてくださいね!

 

▲▲▲ 高校1・2年生にお知らせ ▲▲▲▲

こども芸術学科の体験授業を受けてみませんか?

「はじめての、1day!!芸大体験(事前予約制)」予約受付中です!

こども芸術学科の授業は12月23日(日)実施予定です。詳しくはコチラ

皆さんのご参加、お待ちしてます!

 

1 2 3 4 27

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。