クロステックデザインコース

ニュース

  • LINEで送る

2020年11月11日  ニュース

「awabar kyoto(cafe&bar)」がオープンしました。

 

 

こんにちはクロステックデザイン研究室です!

 

11月2日、河原町御池に新たに誕生した京都信用金庫“QUESTION” ビルの1階に、

「awabar kyoto(cafe&bar)」がオープンしました。

「awabar kyoto(cafe&bar)」は、クロステックデザインコースの学生有志が会社を設立(株式会社cheersity)して営業しているお店です!

 

 

R0019102 (1)

OPENしたので早速行ってきました! 

 

DSC_0209

ジャン!外観はきれいでお洒落!

 

そしてメニューはこちら。

 

DSC_0226

昼はcafe、夜はbarとして運営されているawabar kyoto。今回はbarの時間帯に訪問したのでメニューにはお酒が多めでしたが、ちゃんとソフトドリンクもありますよ!

 

DSC_0229

メンバーのこだわりであったキャッシュレスサービス。対応しているのはクレジットカード、paypay、メルペイ、楽天ペイ。お金を出すことなくドリンクが飲めちゃうのは本当に嬉しい。

 

買ったコーヒーを片手に、お財布を開いて、お釣りをもらって、お財布にお金を入れて、脇に書類を持って、両足ではカバンを挟んで…なんて煩わしさからは完全に解放されます。

 

DSC_0230

サクサク支払い。

思わずお酒が進んでしまいそうなほどサクサク。

 

そしてあっという間に目の前に美味しいドリンクが!

今回は取材中なので残念ながらお酒は飲めませんでしたが…特別に裏メニューを出してもらえました!

 

「カスカラ」(詳しくはawabar kyotoのinstagramをご覧ください!)

 

アルバイトメンバーにお願いすると夜でもこっそり出してもらえます。

 

DSC_0232

 

この絶景に満足で乾杯!

 

R0019091

ふっと見るとカウンター内で陽気なスタッフが見守ってくれていて、幸せ気分になります。

 

DSC_0214

小笠原先生は一足先にビール。教え子がオープンしたbarで飲めるってちょっと贅沢ですね。

 

DSC_0264 2

 

ふと気が付くと賑わいを見せるawabar kyoto

 

 

DSC_0249

DSC_0224

DSC_0258

 

まだ手探りではありますが、学生たちはみんな本当に一生懸命働いています。

 

ふとバックヤードを覗くと、オープンして分かった改善点を早速洗い出し、対応策をslackでメンバーに伝える姿も。

オープンまでの準備は整ったものの、まだまだやることは多そうです。

 

DSC_0270

 

終わりがまた一つの始まりですね。

 

お金のない大学生が、制作と研究の時間を確保しつつ資金を蓄えられるような仕組みを考えたいと始めた小さなプロジェクトですが、今年きちんと形となりました。自分たちはもちろん、他学科の学生にも参加してもらい、利益も生み出しつつあります。

 

すごい。

 

 

 

DSC_0005

オープン前キャッシュレスサービスについて考える 坂東拓海君

 

 

起業するとはどういうことなのかも分からないところからのスタート。1から調べて一生懸命考えて、自分たちの力のなさにイライラした時期もあったようです。

チームワークに悩んで苦しんだ時もありました。

また、コロナの影響で会議もzoomに切り替わり、慣れない環境で孤独感との戦いもあったでしょう。

今カウンターに立つ学生がキラキラして見えるのは、そうしたいくつもの苦難を乗り越えたからに違いありません。

 

そんな困難を乗り越えて自分たちの思いを形にした株式会社cheersityメンバー全員に、大きな花丸を送りたい気持ちです!

 

株式会社cheersity メンバー

・坂東 拓海 (札幌国際情報高校出身

・林 宗一郎 (神戸市立摩耶兵庫高等学校出身)

・堀内 僚 (大阪市立工芸高等学校出身)

・船越 晴稀 (静岡県立浜北西高等学校出身)

・黒木 りみ (熊本県立大津高等学校出身

・庄司 雪乃 (島根県立宍道高等学校出身)

・佐久間 優太 (MIHO美学院中等教育学校出身)

・伊東 直輝 (静岡県立科学技術高等学校建築デザイン学科出身)

・小林 輝 (大阪府立茨木西高等学校出身)

・平岩 於実 飛鳥未来高等学校出身

 

「awabar kyoto(cafe&bar)」では、メインメンバーだけでなく、クロステックデザインコース学生が学年を問わず働いています。オープンキャンパスや1日体験入学では触れ合うことが難しい在学生の自然な姿を見たり、雑談を楽しみに遊びに行ってもいいと思いますよ!

 

次回もまたクロステックデザインコースの学生の活躍や授業の様子をお伝えしますので、お楽しみに!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページに授業内容の詳細を掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

twitter   Instagram

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

  • LINEで送る

2020年2月28日  ニュース

Airbnb産学連携記者会見

   
2年生の授業で1年間に亘って行われた、Airbnb様による寄附講座の記者会見が行われました!

 

DSC_0343

 

なお、今回までのAirbnb授業内容は以下のリンクから読むことができますので、是非一読ください!

 

 

2019年4月20日 更新  Airbnb寄附講座キックオフ!

 

2019年10月18日更新  Airbnb本格始動

 

2019年12月18日更新  Airbnb企業プレゼン!

 

2020年1月17日 更新  Airbnb最終企業プレゼン!

 

 

 

春休みになったといえ、クロステックの学生達は産学連携記者会見のため事前準備や前日のリハーサル参加など忙しく駆け回っておりました。

リハーサルでは先生方から最後のアドバイスをいただき、本番に備えました。記者会見前日にもかかわらず全てのグループがスライド資料の修正を行い、会見直前までプレゼンの練習に余念がありませんでした!

 

 

DSC_0347

 

記者会見が無事終了し、

今まで詳細をお伝えできなかった、Runinto、Breaky、 BaPTの詳細をいよいよこちらでお披露目いたします!

 

 

スクリーンショット 2020-02-26 15.48.33

 

Runinto
“run into”(〜に偶然に出会う)をシェアするというコンセプトのRunintoは、現在変わりつつある旅行のあり方に目をつけました。
投稿された口コミや写真を見て旅プランを立てることも少なくない現在、もはや決まった観光地だけを訪れることが旅の楽しさとは言えません。必然的な旅よりも、偶然がもたらしてくれるエモーショナルな体験を旅に求めるようになってきています。Runintoは、旅をした人たちが自分たちの特別な思い出をログに残すことで、アーカイブ化されたデータが地図上でシェアされるというサービスです。自分の旅のログを残す楽しみ、他の旅行者のログを見る楽み、そして音楽のプレイリスト選ぶような感覚で気分に合った旅のルートを選ぶ楽しみを提案してくれます。また、このサービスによって今まで注目されにくかったエリアの魅力を高めることができ、新たなエリアブランディングが可能になるでしょう。このサービスを通して大きな地図が出来上がることも期待されます。

 

DSC_0356

リーダー&プレゼンテーター:平林 竜一(静岡県立中央高等学校出身)
副リーダー&プレゼンテーター:小林 輝(大阪府立茨木高等学校出身)

 

 

 

 

スクリーンショット 2020-02-27 13.06.40

 

BaPT
現在日本では潜在保育士が増加傾向にあります。また、日本ではベビーシッターを利用することに対して罪悪感を抱く両親は過半数を超えています。せっかく家族で遠出をしても、バーやコンサートなどを楽しむことは難しいと考えられています。この二つの問題を解決し、旅の楽しさも倍増させようと考えたのがBaPTです。BaPT-Baby(赤ちゃん)Peace of mind(安心)Travel(旅行)はその土地でならではの遊びや語学を「体験させる」「学ばせる」時間を子供に提供することで、ベイビーシッターサービスが持つマイナスイメージ(子どもをただ預ける)を払拭します。また自由な職場環境で得意なスキルを生かして働くことで潜在保育士を減らすことが出来ると提案しています。

 

DSC_0370

プレゼンター:遠藤和奏 (大阪産業大学附属高等学校出身)
プレゼンター:庄司雪乃(島根県立宍道高等学校出身)

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2020-02-26 15.48.53

 

Breaky

旅行をした際に疎かになりがちな朝食に目をつけ、その土地特有の朝食を楽しみたい旅行者と、朝食を提供したい料理人を繋ぐサービスがBreakyです。シェアキッチンを運営し、専属シェフが旅先で食をオールサポートします。ゲストはシェフから朝食サービスを受けられる他、旅先で見つけた食材などを持ち込み、シェフに朝食を調理してもらうことも可能です。また、その土地に馴染みのある主婦や料理人がシェフになることで、その土地ならではの朝食を提供することも可能になります。

 

 

DSC_0395
リーダー&プレゼンター:林宗一郎(神戸市立摩耶兵庫高等学校出身)
クリエイティブディレクター&プレゼンター :坂東 拓海(札幌国際情報高校出身)

 

 

まだまだ拙いところもある中で、Airbnb様を初め賛同してくださる企業のみなさま(株式会社パソナグループ様、株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ様、株式会社Stroly様、株式会社電通様、株式会社パソナグループ様)のご協力の元、クロステックの学生が国内で初めてAirbnbで学生提案のサービスを実現することはとても名誉なことです!

 

 

DSC_0418

 

今後は試験運用を開始し、うまくいけば本格的なサービスに向けて動くことになりそうです!

これからが本当に楽しみですね!

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、
イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください!
 
twitter    Instagram

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。