文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2020年7月6日  イベント

1日体験入学「エッセイを書こう」へのご参加、ありがとうございました!

 

7月体験授業

 

7月5日(日)の「エッセイを書こう」にご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

体験授業史上、初めてのオンライン開催。
「どれくらいの人が参加してくださるのかな…」とドキドキしていましたが、

当日は午前・午後ともに、たくさんの方にご参加いただきました◎
オンラインでの体験授業は、PCやスマホなど、接続機器の準備や使用の練習など、

皆さんや保護者の方々のご協力を、いつも以上にいただいたからこそ開催できました。
そういった条件にも関わらずご参加いただけたこと、学科一同、有難いことと感じています。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

今回の授業では、日常の機微を描く<エッセイ>の執筆と合評を体験してもらいました。

また、参加してくださった方の、それぞれの日常が流れている、それぞれの場所から、それぞれの日常をみんなで読む、という空間を超えた交流も体験していただけたのかな、とも思っています。
それこそ、切実な想いが込められた本を読んだときのように。

 

 

友人と観た夕日、持て余した暇な時間、6月を想起させる雨についてなどなど。
当たり前だけど気づきにくい、皆さんにとっての大切な日常を、みんなで受け止めた温かな時間だったと思います。

 

 

 

授業を担当してくださった小説家の辻井南青紀先生は、皆さんの様子をこう受け止めておられました。

 

-授業内で語られた辻井先生から皆さんへのコメント
「作品をお書きになって、それをちゃんと受け止めて、ただ褒めるってだけじゃなくてね、どう聞き手として、受け手として聞いたのか、受け止めたのかということもちゃんとコメントされていた。とってもこういうことが大事だと、我々の学科は思っています。書きっぱなしとか、読みっぱなしではないんですね。こうやってお互いの書いたことをキャッチしながら、高めていく。よりいい方向に進めていこうとする。よりいいっていうのは、どうやったらもっとよくなるんだろう、もっといい作品になるんだろうか、ということを根本的に考えていく。こういった営みをずうーっと続けていくことが、この学科の学びだろうと思います」

 

また、他者へ自分のことばを贈る、そんなことを考えながら書く時間は、とても大事な時間になったのでは、とも。

 

 

 

執筆時間、画面には皆さんが執筆されている様子が流れていたと思います。

書き手になっているときに、読み手が目の前にいる。
日記とは違い、読まれるということを意識したとき、いつもと違ったことばが思い浮かんだのではないでしょうか。

 

この授業での実感を、皆さんの日常のなかでも活かしてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

8月体験授業予告

※8月2日(日)は受験生対象で対面型授業も予定しています。

体験授業を8月2日(日)にも開催します◎

 

次回の授業は、作家の山田隆道先生がお送りする「ショート・ショートを書こう」です。
原稿用紙2〜3枚ほどの短い小説を自由に執筆してもらいつつ、物語を生み出すためのちょっとしたヒントを学びます。

在校生も参加しますので、文芸表現学科の雰囲気・特色を感じていただく機会にも。

 

時間の都合上、体験授業中にすべての作品を読む合うことはできないのですが、次回も希望者の方には、授業後にブレイクアウトルームという小部屋をつくって、先生方に読んでいただける場を設けますので、ぜひ活用してくださいね。

 

 

それでは8月も皆さんにお会いできることを願って。
皆さんのご参加を学科一同、心よりお待ちしております◎

(もちろん、8月からのご参加もお待ちしています◎)

 

 

 

 

 

20 OC

■1日体験入学オープンキャンパス
誰でも芸大生になれる特別な1日!
文芸表現学科の授業「ショート・ショートを書こう」を体験できます。
毎回すぐに満席になってしまうので、お申し込みはお早めに◎
(昨年の授業の様子はこちら

「ショート・ショートを書こう」担当:山田隆道(作家)
日程:8/2(日)
   午前(10:30-12:00)
   午後(13:30-15:00)
※オンライン(Zoom)と対面型授業(受験生限定)で実施予定です。
※どちらの日程も、午前・午後の時間帯をお選びいただけます。


詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

イベント問い合わせ:京都芸術大学 アドミッション・オフィス

電話受付時間(月曜日~土曜日 09:00~17:30)

TEL 0120-591-200(アドミッション・オフィス直通)

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

  • LINEで送る

2020年6月12日  イベント

先生・在学生が答えるーオンライン相談会を開催します◎

200621_個別相談会

 

6月21日(日)に「先生・在学生が答えるーオンライン相談会」を開催します◎

 

 

文芸表現学科 クリエイティブ・ライティングコースについて、

どんな授業をするの?
学科・コースの雰囲気は?
受験対策はどんなことをすればいい?
卒業生はどんなところに就職している?
大学と専門学校での学びの違いは?

などなど。

みなさんの疑問に、先生・在学生がお答えします◎

 

当日はオンライン会議ツール「Zoom」を使用しますので、お家からご参加いただけますよ〜!

事前に大学からお送りするURLをクリックするだけでご参加いただけますので、

Zoomが初めての方もご安心くださいね◎

 

みなさんからの質問は、チャット機能で受け付けますので、

顔出しオフ・音声オフ・視聴のみでの参加もOK!

 

少しでも、文芸表現学科に興味を持ってくださっている方は、ぜひご参加ください。

午前・午後と開催するので、最大2コースまで参加可能。複数のコースで迷っている方もおいでませ◎

なお、定員がありますので、お申し込みはお早めに。

 

みなさんのご参加を、学科一同、心よりお待ちしております!

 

 

 

 

 

先生・在学生が答えるーオンライン相談会

日程:6/21(日)

時間:午前の部・10:00~11:00

   午後の部・13:00~14:00

  (各部、10分前にはZoomURLからログインください)

詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/news/89

お申し込み:https://entry.s-axol.jp/kyoto-art/step1?f=163

 

 

問い合わせ:京都芸術大学 アドミッション・オフィス

電話受付時間(月曜日~土曜日 09:00~17:30)

0120-591-200(アドミッション・オフィス直通)

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2020年3月17日  イベント

2019年度卒業式―41名の門出。

 

 

IMG_7691

3月14日(土)、頼もしい卒業生たちを送り出すことができました。

 

 

2019年度の卒業式・学位授与式は新型コロナウイルスの感染・拡大防止のため、

規模を縮小し、いつもと違った環境での実施となりましたが、卒業生たちは晴れやかな装いと顔つきで大学最後のイベントに出席してくれました。

 

 

IMG_7628

この日のために準備した晴れ着。みんなとてもよく似合っていました。

 

IMG_7665

今年の式典は、学科代表者が参列する春秋座での式典を、学科ごとの教室に中継して執り行いました。


IMG_7676

学園歌『59段の架け橋』と共に流れる思い出の写真。

 

 

 

IMG_7800

式典後は、学科長・河田先生から卒業証書が授与されました。

 

IMG_7821

卒業生への祝辞では、教職員からそれぞれ、卒業生との思い出や今後への期待など、温かな祝辞が述べられました。

 

 

 

IMG_7836

先生からの祝辞に、目に涙を浮かべる卒業生も。

 

 

 

IMG_7844

 

 

今年、文芸表現学科の卒業生は41名と過去最高の人数でした。
人数が多い分、彼らは自分にできること、できないこと、その葛藤と折り合いをつけながら、
時に言葉でぶつかり合い、時に認め合いながら、成長してきた学年だったように思います。

 

これから始まる新しい生活のなかで、それぞれが選んで学んだ文芸表現が、
彼らの助けになることを願う一方で、彼らが携えていく文芸表現が、自分も相手も活かす力になることを祈っています。

 

この社会を育んでいく頼もしい仲間として、彼らに門出の言葉を送りたいと思います。
もし疲れてしまったても、その時はどうぞ、遠慮なく大学を頼ってくださいね。

 

 

 

卒業、おめでとう。
みんなのさらなる成長を、心から楽しみにしています。

 

 

 

 

 

IMG_7867

河田ゼミ。


IMG_7879

辻井ゼミ。


IMG_7889

村松ゼミ。


IMG_7903

山田ゼミ。


IMG_7912

中村ゼミ、初めての卒業生。

 

 

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

——
1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2020年2月10日  イベント

Storyville 2020 を開催いたします!

 

 

文芸表現学科卒業展には、皆さんお越しいただけたでしょうか?

4年生たちの執筆した作品と美味しいコーヒーをご用意してお待ちしておりますので、

卒業展へご来場の際は、人間館NA412にもお越しくださいね◎

 

 

そして、明日の2/11(火・祝)の午後には、京都・恵文社Cottageで文芸イヴェント「Storyville」を通信教育学部文芸コースと共催いたします!

今回は「声と音と音楽をめぐって」というテーマで、朗読とトークを行います。

卒業展と合わせてご来場ください。皆様のお越しを心よりお待ちしております◎

 

 

 

 

 

200211_storyville2020_A4

 

 

 

「朗読・トークイヴェント Storyville 2020 声と音と音楽をめぐって」

 

声として発される言葉は目には見えず、活字の文章は耳には聞こえません。
しかし物語には、そこに生きている人々の声が内包されており、
私たちは本を読むときにまるでだれかの言葉を聞いている気分になります。

 

 

Storyville〔ストーリーヴィル、物語村〕は京都造形芸術大学 文芸表現学科の学生を中心に、2009年よりはじまった文芸イヴェントです。
今回は「声、音、音楽」をテーマに、通信教育部文芸コースと共同で、朗読とトークのイヴェントを開催いたします。

 

第一部では、文芸表現学科の在校生・卒業生が制作した詩や小説など、さまざまな物語を自らの声で朗読します。

 

第二部では、通信教育部講師の木村俊介さんをお招きし、インタヴュアーとして人々の声を聴き作品として完成させてきた木村さんに、声や音、言葉との関係についてお話を伺います。

 

会場では文芸表現学科名物、学科長カレーや文芸表現学科のオリジナルブレンドコーヒー「BUNGEI BLEND」など、フード・ドリンクもご用意しております。
また、文芸表現学科4回生の卒業制作をそれぞれ書籍化したBCCKSも販売いたします。

当日は京都造形芸術大学 卒業展*の期間中ですので、あわせてお楽しみいただければ幸いです。

*卒業展は京都造形芸術大学 人間館NA412 にて2/8(土)-16(日)まで開催

 

 

開催日 2020/2/11(火)

時 間 16:30 開場
    17:00 第1部〔朗読〕
    19:00 第2部〔トーク〕 ゲスト:木村俊介(インタヴュアー)

会 場    恵文社Cottage 
    〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10恵文社一乗寺店 南側
[参加費] 一般:500円(1ドリンク付き)
    通信教育部学生:無料(かならず学生証をご持参ください)
[主催]  京都造形芸術大学 文芸表現学科/通信教育部文芸コース

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年1月17日  イベント

かめおか霧の芸術祭、文芸表現学科学生も参加します!

a4_omote_

お知らせです◎

今日(18日)と明日、亀岡市のガレリオかめおかで、「かめおか霧の芸術祭」が開催されます。

 

この芸術祭は、2日間だけのお祭りではなく、2年前からプレイベント等を重ねてきた芸術祭です。

文芸表現学科の学生も、ワークショップやイベントに参加したり、

亀岡に暮らすアーティストや若い農家の方がにインタヴューするなど、

この芸術祭に参加してきました。

その集大成として、本日学生たちがプレゼンテーションを行います。

 

1月18日(土)12:20〜12:50

会場:ガレリアかめおか 2F大広間

出演:文芸表現学科学生

 

プレゼンテーションに向けて、学生たちは取材を重ねましたので、

ぜひ足をお運びください!

 

 

取材したKIRI CAFEで開催された「農マルシェ」の様子。

取材したKIRI CAFEで開催された「農マルシェ」の様子。


IMG_3349

亀岡のオーガニック野菜がずらり。


IMG_3392

オーガニック野菜を使った料理も振舞われていました。


IMG_3631

KIRI CAFE で定期的に開催されている「KIRIKIRI芸大」の企画を担当され、古本屋「YAMANARI」も主催されている、辰巳さん。


IMG_3368

KIRI CAFEのカフェ運営、メニューを企画されている、武田さん。

 

 

 

 

かめおか霧の芸術祭「素顔のかめおか」

2020年1月18日(土)・19日(日) 10:00-17:00 ※最終入場16:30
会場:ガレリアかめおか
入場無料(一部有料エリア 入場料300円 ※小学生以下無料)

詳細:https://kameoka-kiri.jp/calender/sugaonokameoka_top/

 

プレゼンテーション:12:30-12:50 2階大広間にて。

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

1 2 3 26

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。