文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2019年9月14日  イベント

【大瓜生山祭】学生作品展、開催中です!

01

 

お天気に恵まれて、大瓜生山祭がはじまりました〜。

今年も文芸表現学科では、学生作品展を開催しております◎

 

 

 

02

 

出品しているのは3年生です。

この作品展に向けて新たに執筆・編集をしたものや、今までの作品をまとめたものなど、

様々な内容の作品をご覧いただけます。

 

また、自身の作品を「手に取って読んでもらう」にはどういった形に落とし込めば良いのか、

どういった観せ方が良いのか考えて展示しています。

 

ココで今年はどんな作品が出品されたのか、ちらっとお届けいたしましょう〜。

 

03

巻物だったり。


05

手製本だったり。

 

07

冊子の写真を展示に使用したり。

 

 

 

 

08

会場では、作品を出品した3年生たちがスタッフ対応をしていますので、

作品の感想などお気軽にお声掛けくださいね。

 

09

 

展示台はイスとしてもご利用いただけますので、ごゆっくり読書をお楽しみください。

皆様のご来場、心よりお待ちしております◎

 

 

 

『文芸表現学科 学生作品展』

場所 ○ 京都造形芸術大学 人間館4階 NA412教室

会期 ○ 2019.09.14(土)〜09.15(日)

時間 ○ 10:00〜19:00(入場は18:30まで)

 

  • LINEで送る

2019年8月19日  イベント

【Storyville】いしいしんじさん・新元良一さんのトークライブを開催します◎

190820_storyville_tanpenlife

 

文芸表現学科主催の文芸イベント「Storyville」のお知らせです◎

 

 

明日、8月20日(火)にStoryvilleトークイベント『短編小説ライフ in 京都 & NY』を開催します。

 

ゲストには、京都在住の作家・いしいしんじさん、ニューヨーク在住の作家・新元良一先生にお越しいただき、

作家として、また読者として、それぞれの居住地の話を織り交ぜながら、短編小説の魅力についてお話いいただきます◎

 

(ちなみに、新元先生は夏期集中授業「ライターズ・セミナー」を担当していただいており、

クリエイティブ・ライティングコースの設立者であり、Storyvilleの発起人でもあられます◎)

 

 

場所は 京都の書店・恵文社さんがプロデュースされたイベントスペース「COTTAGE」にて。

 

なお、このイベントは、「編集ワークショップⅢ」の受講生たちが、文芸コミュニティの形成を目指し、企画立案・運営を行なっています。

夏の夜に京都とニューヨークの文芸を楽しんていただけるよう、学生たちと皆様のご来場をお待ちしております〜。

 

(2月のイベントでご好評いただいた、学科長・河田先生の特製カレーも準備してお待ちしております!)

 

 

190820_storyville_tanpenlife

Storyvilleトークイベント

『短編小説ライフ in 京都 & NY』

日 時 ○ 8月20日(火)

時 間 ○ 19:00〜20:30(開場18:30より)

ゲスト ○ いしいしんじ(作家)/新元良一 (作家)

場 所 ○ 恵文社・COTTAGE

      〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10 恵文社一乗寺店 南側

お問い合わせ・ご予約 ○ http://www.cottage-keibunsha.com/events/20190820/

 

 

 

<Storyville〔物語村〕とは>
2009年より京都造形芸術大学 文芸表現学科が運営する文芸イベントです。
読書会、朗読会、トークイベントなどを開催、文芸を中心にさまざまな人たちが関わりあえるコミュニティの形成を目標に活動しています。

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年8月7日  イベント

狂言の魅力を伝える『風姿和伝』出版記念フェアのお知らせ

 

本日、無事に夏のコミュニケーション入学が終了しました!

受験してくださった皆さん、2日間、お疲れ様でした◎

 

この2日間の授業で、実力を試せたこと、新しく体験したこと、

色々なことを体験していただけたかと思います。

 

合否に関係なく、この2日間で得た「面白い、楽しい」または反省を今後の糧にしていってもらえたらなと教職員一同で願っています。

「文芸が好きだ」と思い集まってくださった皆さんに出会えたこと、学科としても励みになりました。

 

本当にありがとうございました。そしてお疲れ様です◎ 今日はゆっくり休んでくださいね。

 

 

風姿和伝

 

 

さて、文芸イベントのお知らせです◎

教員の中村純先生が出版に関わられている、狂言の魅力を伝える『風姿和伝ーぺぺの狂言はじめの一歩』という本の、出版記念フェアが京都・岡崎にある「蔦屋書店」にて、8月20日~927日まで開催されます。

 

この本は、狂言の魅力を伝えるをテーマに、狂言師の茂山逸平さん監修の元、編集者であり詩人の中村先生が構成・文・編集を担当されました。

茂山逸平さんとお子さんの慶和さんの狂言師としての日常を追った構成となっており、狂言師の親子の物語として、狂言の世界を体感できちゃいます◎

 

中村先生は他にも、この本のパブリシティ(広報業務)も担当しておられ、より多くの読者に本を手にとってもらえるよう、『風姿和伝ーぺぺの狂言はじめの一歩』のフェアでは、写真を担当された「上杉遥」さんの写真展や、書店の棚作りなどを企画されており、より狂言の魅力を直に感じてもらえるフェアになっているとのこと。

 

期間中には、茂山逸平さんのトークイベントも数回開催を予定されています。

8月21日の回では、文芸表現学科の学生も運営に参加し、「狂言の魅力」を発信していきます。

 

 

どんな、「和らい」の空間になるのでしょうか。

ぜひぜひ、お足を運んでご覧になってみてください◎

 

 

風姿和伝2のコピー 風姿和伝3

『風姿和伝ーぺぺの狂言はじめの一歩』フェア in 京都岡崎 蔦屋書店

会期 ○ 8月20日(火)~927日(金)

会場 ○ 京都岡崎 蔦屋書店

     〒606-8342 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都 パークプラザ1階

トークイベント日程 ○ 

821日(水)  14:00     茂山逸平 トークイベント 1階 共通ロビー 無料)

914日(土)  14:00     茂山逸平 狂言×トーク   3階 会議室有料)

920日(金)  19:00     茂山逸平 狂言×トーク   3階 共通ロビー有料)

924日(火)  14:00     茂山逸平 狂言×トーク   3階 会議室有料)

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年7月25日  イベント

【開催中】4年生・中木屋アリサさんの個展に行ってきました!

 

先日のオープンキャンパスにご来場くださった皆さん、

お越しくださり、本当にありがとうございました!

 

8月のコミュニケーション入学に向けて、またこれからの進路について、

期待に応えられていたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

さて、先日、河原町丸太町にある書店・誠光社さんにて開催中の

村松ゼミ4年生・中木屋アリサさんの初個展『This is YOUR body』に行ってきました。

 

IMG_2601

「ビジュアルメディア論Ⅲ」を担当してくださっている、堀部先生の書店・誠光社さん。 イベントが無い日は20時まで営業されています。

 

 

IMG_2602

 

 

テーマは「新たな世界へ飛び立つ女性」とのこと。

初小説作品『bear』の印象的な文章が展示スペースを彩っていました。

 

 

新たな世界とは初めからはっきりしたものではなく、

ヴェールや靄がかかっていたものが、徐々に晴れてやっと言葉や形として見えてくる。

 

一歩を踏み出さないと、解らないことがある——。

 

 

そんなことが思い浮かぶ展示でした◎

 

 

IMG_2606

初小説作品『bear』の展示。

 FullSizeRender_0

なお、展示レイアウトは、村松ゼミを担当してくださっている、

ブックデザイナー・グラフィックデザイナーの仲村健太郎先生が手がけてくださったそうです。

 

 

会期は7/31(水)18:00まで。

ぜひ、誠光社へお越しいただき、展示・小説の全貌をご覧くださいませ〜。

 

 

FullSizeRender_1

展示スペースでは、中木屋アリサさんの作品をご購入いただけます。

 

 

This-is-YOUR-body

中木屋アリサ作品展

『This is YOUR body』

開催期間 ○ 2019.07.16(火) – 07.31(水)

時間 ○ 10:00〜20:00(最終日は18:00まで)

場所 ○ 誠光社

     〒602-0871京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437

詳細 ○ https://www.seikosha-books.com/event/4718

 

 

中木屋 アリサ

1998年生まれ、京都在住。詩や短歌などの創作活動を続け、昨年秋に行われたXS BOOK FAIRにてデザイナーと共に歌集『薄明の頃』を制作。その後、銀座ソニーパークで開催されたTOKYO ART BOOK FAIR : Ginza Editionに出展し、完売。

今回の展示に合わせて制作された『bear』が初の小説となる。

 

Instagram ○ @aririsakiya_

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

コミ入2019夏

 

いよいよ夏期コミュニケーション入学が迫ってまいりました!

エントリーは8/1(木)17:00まで!!

24時間申し込み可能なWEBエントリー絶賛受付中です!!!

 

やってみたいこと、やりたいこと、成りたいもの、学びたいこと、

自分の可能性をたくさん見つけられる2日間です。

 

コースは2コースまでエントリー可能ですので、

沢山のエントリーをお待ちしております〜!

 

 

京都造形芸術大学 体験型AO入試

夏期コミュニケーション入学

A日程8/4()、8/5(月)

WEBエントリー:

https://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_s/lp/

 

文芸表現学科 クリエイティブ・ライティングコース授業内容:

ことばの世界を広げよう①

読む、書く、話す、聴くなど、様々な角度から「ことば」を使って「表現」することを体験します。ストーリーなどの文章を実際に書いてもらうワークショップはもちろん、読書会、講義、プレゼンテーションなど、本コースでの4年間を2日間に濃縮したような体験授業をとおして、文芸の世界にもっと興味が広がるでしょう。

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年7月20日  イベント

真夏のオープンキャンパス1日目!

全体図

 

本日より、真夏のオープンキャンパスを開催しております!

 

学科ブースで行っているワークショップ、「コピーライター体験 —自分のコトバで缶バッチをつくろう」には、

たくさんの方が参加くださいました◎

 

 

コピーライター体験

 

WS01

自分自身のキャッチコピーを考えてもらって、手作り缶バッチを作れるワークショップです。


WS02

「キャッチコピー、思いつくか不安だ…」という方でも大丈夫!


WS05

不安な方は学生スタッフが一緒に考えますので、ご安心ください◎


WS04

オリジナルの缶バッチが完成!! この笑顔は猫かぶりじゃないと信じたい…!!


WS03

花鳥風月を愛でる平安時代のもて顔を活かした、ゆるカワな缶バッチ。


来場者パンフレット02

来場者パンフレットに掲載されているページに缶バッチを乗せてパシャり。


来場者パンフレット

えっ、缶バッチ専用の背景…? と思えるくらい、映えます。

 

 

他にも、卒業制作作品「BUNGEI BOOKS」、卒業生・在校生の本・作品の販売、

教員相談コーナーがありますので、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

bungeibooks2

文芸表現学科では、卒業作品として「BUNGEI BOOKS」という文庫本を制作します。


bungeibooks

立ち読みOKですので、ぜひお手にとってお読みください◎


物販

物販コーナーでは、卒業生・藤田祥平さんの小説や、在学生の作品を販売しております。

 

辻井先生

夏のコミュニケーション入学前のご相談、絶賛受付中です!


山田先生

文芸ってなに?ということから、授業内容・進路先など、何なりとご相談ください。


学生スタッフ

学生スタッフにも気軽に話しかけてくださいね〜!

 

 

 

夏のコミュニケーション入学をお考えの方は、エントリー予約もお忘れなく◎

 

 

エントリー2019

 

 

 

ハーバリウム

村松ゼミが制作した、言葉が浮き出るハーバリウム。一つ1,500円也。

 

 

明日も沢山のご来場、学科一同、お待ちしております〜!!

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

1 2 3 24

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。