文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2018年7月26日  イベント

真夏のオープンキャンパスにご来場くださり、有難うございました!

 
入道雲がくっきりとした炎天下のなか、
真夏のオープンキャンパスにご来場いただき、本当にありがとうございました!
 
巨大バルーン
今回も黄色の巨大バルーンが目印のブースでは、
「教員相談ブース」と「歌会のワークショップ」、
「過去の卒業制作作品展示」、「出版物販売コーナー」を開催しました!
 

左上から教員相談コーナ、歌会ワークショップ、卒業制作作品「BCCKS」、出版本販売コーナー

左上:教員相談コーナ、右上:歌会ワークショップ、左下:卒業制作作品「BCCKS」、右下:出版本販売コーナー


 
 
 
別会場では体験講座「エッセイを書こう」も開催。
在学生スタッフに参加してもらい、エッセイを書いてもらうことで、
受講者の皆さんには、より普段の授業に近いものを体験していただけたかなと思っております。
 
今回「エッセイを書こう」を担当してくださったのは、小説家の辻井南青紀先生(左端)

今回「エッセイを書こう」を担当してくださったのは、小説家の辻井南青紀先生(左端)

講座終了後には、学科ブースに移動し、先生から講評を受けたり、在学生と交流する受講生の姿も。

講座終了後には、学科ブースに移動し、先生から講評を受けたり、在学生と交流する受講生の姿も。


 
 
 
会場全体
この2日間が、ご来場くださった皆さんにとって、
夏期コミュニケーション入試対策や、今後の進路選択への活力になっていればと願っております。
 

受験者の皆さんは、体調と心を整えて、入試当日をお迎えくださいね。
沢山の方のエントリーをお待ちしております〜。
 
 
■ ■ 夏期コミュニケーション入学 ■ ■
A日程 8/4(土)、5(日)
B日程 8/6(月)、7(火)
 
詳細・エントリーについてはこちら▼
夏期コミュニ
 
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−
 
夏期コミュニケーション前に、
もう少し文芸表現学科の魅力を見てみたい! ドキドキして落ち着かない!という方には、
今週末7/29(日)に開催する「藤田翔平出版記念イベント」がおすすめです!
 
180729_main
 
2013年度卒業で、今年長編小説デビューをした藤田祥平さんに加え、
担当編集者の塩澤快浩さん、作家の海猫沢めろんさんをお招きし、
昨今の作家デビューについてや、小説とゲームの関連についてお話いただきます。
 
また、最後には「出版業界交流会」も行いますので、ぜひぜひご参加ください。
 
受験生以外にも、大学周辺の皆様、小説好きの方も大歓迎です!
(卒業生のみなさんもお待ちしております〜!)
 
文芸表現学科のこれまでとこれからを感じれる日になりますので、
ぜひご来場ください。心よりお待ちしております!
 
 
「藤田翔平出版記念イベント」
日時 7/29(日) 13:30-18:00
場所 京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ
詳細 http://creativewriting.jp/
※お申し込み不要です。
※「出版業界交流会」は、本学学生無料。一般の方は参加費500円でご参加いただけます。
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年7月22日  イベント

藤田祥平出版記念イベント

2018年7月29日(日)
13:30〜18:00
京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ

 
 
180729_main
 
2013年度卒業生で、今年長編小説デビューした藤田祥平さんの出版記念イベントを開催します。
担当編集者の塩澤快浩さん、作家の海猫沢めろんさんをお招きし、
トークイベントを行ったあと、交流会も企画しています。
 
当日は、午前より、学生たちの作品合評会も開催しています。
交流会では、他にも作家や編集者の方々をお招きしていますので、
ぜひご来場ください。
卒業生の参加も歓迎です!
 
学生は無料、一般の方は交流会のみ有料(500円)となります。
詳しくは、以下のサイトでご確認ください。
 
http://creativewriting.jp/
 
 
スタッフ・竹内里実
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年6月13日  イベント

1日体験入学、ご参加頂きありがとうございました!

 
 
先日の1日体験授業『ショートショートを書こう』にご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました!
 
 
01 授業風景
100分間という長いようで短い授業だったため、少し駆け足の部分もありましたが、
参加された皆さんにとって、今後の受験対策や執筆活動の糧(かて)になっていれば嬉しいです。
 
 
02 山田先生
授業を担当してくださったのは作家の山田先生。小説のような授業構成で、笑いあり、感動あり、ハプニングちょっとありで、参加者の皆さんが、始終楽しそうに受講されているのが印象的でした。
 
 
03 受講生
受講後のアンケートを拝見したところ、「楽しかった!」「小説家になるという夢に近づけそう」「先生と学生の雰囲気がよく、学びやすそうだ」など、嬉しいご感想を沢山いただき、学科としても励みになりました!
 
 
04 在校生
今回参加してもらった在学生たちは、先輩らしくあらねば! と少し緊張していましたが、短時間でも魅力的なショートショートを書いてくれて、参加者の皆さんには大学に入った時のイメージを掴んでいただけたようです。
 
 
そんな在学生たちから、参加者の皆さんと、これから文芸表現学科に受験してくださる皆さんへ、メッセージをもらったのでご紹介します。
 
 
 
05 勝部さん1
勝部結衣さん(3年生)−−−−−
この学科に入って一番良いと思っている点は居心地がいい点です。自分の思っていることにレスポンスがちゃんとかえってきて、それは先生に限らず友達に対してもそうで、真剣な話が出来ます。みんなも勇気を出して、一度受験してみてくださいね(^^)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
06 勝部2
勝部さんは「小説を書いてみたい!」と小説執筆は未経験の状態で入学したそうです。普段は「書けない書けない」と自信なさそうにされていますが、ゼミ担当の山田先生に「勝部語」と呼ばれる独特の言葉選びを評価されたり、合評作品に選ばれたり、体験授業では短時間でも奥深い小説を書けるほど成長されています。また、大学ではグループワークを学べる授業も沢山あり、他学科の学生と交流を持てているのも成長の秘訣のようです。
 
 
 
07 岡田くん1
岡田康太くん(2年生)−−−−−
久しぶりに初心にかえってみて、短い時間で書くということは難しいことに気づきました。けれど、在学生の僕でも短時間で書くということは、良い刺激になります。
この大学では、小説を書く環境が充実しています。小説を書く様々な技術を学び、先生に教えてもらいながら、それぞれの小説におけるスキルアップを目指して欲しいです。そして、もし良ければ出来上がった小説を、ぜひ見せてもらいたいです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
08 岡田くん2
小説家志望の岡田くんは、入学前も本を沢山読んでいたそうですが、文芸表現学科に入ったことで、エッセイや短歌など小説以外の文芸表現にも触れることができ、それを魅力だと教えてくれました。特に文芸表現の学生が主催している「上終歌会(かみはてかかい)」では、参加者みんなが色々な読み方をするので、沢山の視点を得られているようです。
また、大学に先生が常勤してくれているので、質問や相談をしやすい環境が魅力的だとも。在学生との意見交換も盛んに行いながら、充実した大学生活を送ってくれています。
 
 
 
09 山田先生
7月8日(日)には2回目の1日授業入学『エッセイを書こう!』を開催します。
6月は参加できなかった方も、夏のコミュニケーション入試対策に困っている方も、ぜひぜひご応募くださいね。
この回でも在学生に参加してもらいますので、どんな作品が読めるのかもお楽しみに!
 
 
oc2018_0607
(ご応募は↑から。詳しい授業内容も書いていますので、ご覧ください)
 
 
体験授業と並行して行っている教員相談コーナーでは、学科の説明なども詳しく聞けますので、ぜひこちらにもお立ち寄りください。

左上:学科長の河田先生。右上:辻井先生。次回『エッセイを書こう!』を担当してくださいます。左下:校條先生。右下:村松先生。

左上:学科長の河田先生。右上:辻井先生。次回『エッセイを書こう!』を担当してくださいます。左下:校條先生。右下:村松先生。

 
 
学科一同で、お待ちしております〜!
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年5月30日  イベント

フリーペーパー『さきょうと』刊行イベント開催!

 
文芸表現学科から、イベントのお知らせです!
 
村松・仲村ゼミの学生が制作したフリーペーパー『さきょうと』の刊行イベントが、
今週の6/2(土)に開催される左京大博覧会で行われます。
tirasiomotepdf

テキストブックとポストカード12枚で作られた『さきょうと』。京造生ならではの視点で切り取られた左京区がみることができます。

テキストブックとポストカード12枚で作られた『さきょうと』。
京造生ならではの視点で切り取られた左京区がみることができます。


刊行イベントでは、本学科の授業を担当してくださっている、
装丁家・間奈美子先生と制作者の学生によるトークショー、
『さきょうと』から発想した展示と、
左京区にある本屋・恵文社セレクトの関連書籍の販売も行われます。
 
そして、当日に配布される『さきょうと』は、なんと会場限定特典付きです!
 
本好きの方も、写真好きの方も、イベント好きの方も、左京区好きな方も。
この日に、ぜひ『さきょうと』を手に入れていください。
 
ぜひぜひ、6/2(土)は『さきょうと』刊行イベントへ、お立ち寄りください〜!
 
 
イベント告知でデイリーニュース京都というJ:COMの番組に、
学生が出演しているので、そちらもご覧くださいませ!
 
J:com「デイリーニュース京都」
5/28(月)~6/1(金)の
生放送 ● 18:30~18:47
再放送 ● ①21:30~21:47/②23:00~23:17
デイリーニュース京都BLOG ● https://ameblo.jp/miyabijyon1996/entry-12379511948.html
 
 
ポスターS
【イベント概要】
『さきょうと』刊行イベント
日時 ● 6月2日(土) 10:00−16:00
会場 ● THE SITE 4 階(京都市左京区田中東春菜町30‐3)
地図 ● Google MAP
入場 ● 無料
配布 ●『さきょうと』(会場限定特典付き)
 
トークショー ● 14:00−15:00
スピーカー:加藤円・工藤瑞妃(京都造形芸術大学 文芸表現学科 4 年)
      李海嬪(韓国芸術総合学校 4 年)
ゲスト:間奈美子(空中線書局・「ポエジウム」主宰・文芸表現学科非常勤講師)
司会:村松美賀子(京都造形芸術大学准教授)
 
物販・展示 ● 10:00-16:00
物販:恵文社セレクトの書籍
展示:『さきょうと』アナザーストーリー
 
お問い合わせ先 ●
mail:zemimuramatsu@gmail.com
Tel:075-791-8039(京都造形芸術大学 文芸表現学科)
Twitter:@m_n_ze3
 
『左京大博覧会』詳細 ● http://www.city.kyoto.lg.jp/sakyo/page/0000122294.html
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年4月29日  イベント

オープンキャンパス、ご来場ありがとうございました

 
春のオープンキャンパスにご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました!

 
オーキャン02
ブースに来てくださった方のなかには、文芸表現学科を目当てにお越しいただいた方はもちろん、
書くことに興味があるけれど自分ができるのか不安だという方もいらっしゃいました。
誰でも初めてなことは怖く、不安になると思います。
だからこそ、今日のオープンキャンパスでの先生や学生スタッフからの話が、
その期待や不安を具体的な目標に変えるお手伝いになっていれば良いなぁと思っています。

 
オーキャン04
今回開催の歌会ワークショップも大盛況!
初めて短歌に挑戦された方も多く、なかには学科施設で月1開催している歌会に参加したい!
という嬉しいお声もいただきました。(ぜひ、ご参加を!お待ちしております!)
 
オーキャン06
京都岡崎 蔦屋書店に販売していただいた卒業生出版本から、
新たに文芸表現に興味を持っていただいた方も。
毎年オープンキャンパスで、卒業生作品が増えていけば素敵だなあと思っています。
もしかしたら、そのなかに来場してくださった皆さんの作品があるかもしれませんね。
 
熱心に自身の未来を考えている皆さん、
それを支えようと一緒にご来場いただいた保護者の皆様にとって
充実した1日になっていれば幸いです。
 
オーキャン07
6月10日(日)開催の1日体験入学オープンキャンパスでは、
より文芸表現学科での学びを知っていただくチャンスですので、
受付が始まりましたら、ぜひお申し込みください!
spring
 
また皆さんにお会いできるのを、楽しみにしております!
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

1 2 3 19

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。