文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2019年6月14日  イベント

【告知】Storyville読書会 vol.51 を開催します!

storyville 51

文芸表現学科が主催している読書会「Storyville 読書会」のお知らせです◎

 

 

 

○ Storyvilleとは
2009
年より京都を中心に開催している読書会。
古今東西さまざま小説を取り上げて、意見を交換し、自分の読みを深めるという交流会です。

 

51回を迎える6/23(日)に取り上げる小説は、小川洋子さんの『ブラフマンの埋葬』

芸術家に仕事場を提供している<創作者の家>の世話をしている“僕”と、

サンスクリット語で「謎」を意味する名前を与えられた、愛すべき生き物とのひと夏の物語が描かれています。

 

book

『博士の愛した数式』でも知られる小川洋子さん著作の『ブラフマンの埋葬』。

 

 

 

 

 

実は今回の読書会から、文芸イベントの企画・運営を実践する授業「編集ワークショップⅢ/制作Ⅱ」の受講生たちが企画・運営を行っていきます。

 

 

6/13(木)の授業では、読書会前の最後の打ち合わせと、プレ読書会が行われていました。

 

「Storyville 読書会」立ち上げから現在も運営を担っておられる、卒業生で京都蔦屋書店コンシェルジュの鵜飼慶樹先生。

文芸の卒業生で京都蔦屋書店コンシェルジュの鵜飼慶樹(うかい・よしき)先生。 授業では「Storyville 読書会」の立ち上げから関わってこられた先生に、イベント運営や企画についてレクチャーしていただいています。

 

student02

プレ読書会で、作品について語り会う学生たち。

 

司会担当の福庭千穂’(ふくば・ちほ)さん

51回目・司会担当の福庭千穂(ふくば・ちほ)さん。初めての司会担当、がんばって。

 

Storyville読書会は、年齢や立場も様々な人たちと、一つの作品について語り合えるのが醍醐味(だいごみ)です。

作品の新たな一面に出会える場として、新たな読書交流の場として、ぜひご参加ください。

もちろん見学だけでもOKです◎

 

ご来場、心よりお待ちしております!

 

 

 

storyville51_flyer_scan


 

Storyville読書会 vol.51「ブラフマンの埋葬」

 

日時 ○ 6/23(日)open 18:30/start 19:00 20:30終了予定)
課題図書 ○ 小川洋子『ブラフマンの埋葬』(講談社)
司会 ○ 福庭千穂(文芸表現学科2年生)
参加費 ○ 500円(1ドリンクオーダー制)
会場 ○ 喫茶フィガロ
地図 ○ 〒606-8237 京都市左京区田中上大久保町13-2 ネオコーポ洛北1階
主催 ○ 京都造形芸術大学 文芸表現学科

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年6月11日  イベント

1日体験入学OCへのご参加、ありがとうございました!

授業01

 

6月9日に開催しました「1日体験入学オープンキャンパス」にご来場くださり、本当にありがとうござました!

 

 

文芸表現学科では、作家の山田隆道先生による体験授業「ショート・ショートを書こう」を実施し、

山田先生の小話から、在校生の取り組みの紹介、ストーリー創作のレクチャー、

そしてショート・ショートの執筆、作品講評と盛りだくさんな100分間をお送りしました◎

 

先生と在校生

小話中の山田先生。

 

授業02

参加者のみなさんからは、

 

・授業を受けてみてワクワクした

・編集系を目指しているが、体験授業で創作をしてみたらとても楽しかった

・ここでなら夢を叶えられそう

・みんなで集中して書けたのが嬉しかった

・先生の創作の実演、在校生の作品が見れてよかった

 

などなど、嬉しいご感想をいただきました。

参加者のみなさんにとって、あの時間が今後の糧になっていれば幸いです。

 

 

在校生

左:3年・山田ゼミ生の鷲見肇(すみ はじめ)くん、右:2年生の福庭千穂(ふくば ちほ)さん

実は、在校生として授業に参加してくれた3年生の鷲見くんと福庭さんも、

入学前には体験授業に参加しており、

 

「体験授業を受けたことによって、コミュニケーション入学の雰囲気、また文芸の授業でどのようなことをするのか肌で感じられるし、先生との繋がりもできる。何よりこの先、「これだけの人が自分と同じような夢を持っているんだ」と思え、モチベーション向上にもつながった。」(鷲見)

 

「コミュニケーション入学では、他者とコミュニケーションをとりながら、作品を作ったり、ディスカッションをしていきます。同じ志を持つ人と一緒に、自分の力を最大限まで出し合いながら受験する。大学生の授業を先に体験している感じです。体験授業はその「さわり」の部分です。受験の雰囲気も先取りできます!」(福庭)

 

 

とのことなので、1日体験授業では、入学後のイメージを掴んでもらうことはもちろん、

「コミュニケーション入学」の対策にもなっちゃうんです。

 

 

先生

また、授業で書いてもらった作品は、授業後に教員ブースで先生方に講評やアドバイスももらえるので、

ぜひお立ち寄りください。

 

 

小説家の辻井先生。

小説家の辻井先生。

 

次回のオープンキャンパスでは、小説家の辻井南青紀先生による「エッセイを書こう」を実施します。

 

思ったことや見聞きした物事を書いて、自由に「気持ち」や「心情」を表現するエッセイは、

「事実」を書くのが基本ですが、ほんとうのことしか書いてないのでしょうか?

 

体験授業では、ホント/ウソを切り口に、

エッセイ創作の隠された秘訣をワークショップ形成でみなさんにお届けしますので、

ぜひ、7月の体験授業にも参加してみてくださいね。

 

bungeiwork

学科長の河田先生。体験授業参加者のみなさんには BUNGEI WORK BOOK と京造オリジナル原稿用紙を進呈しちゃいます!

 

みなさんのご来場・ご参加をお待ちしております◎

 

 

 

15 6月1日体験
京造を体験『1日体験オープンキャンパス』

日時:7/7(日) 10:00-16:30(受付は09:30〜)

体験授業:「エッセイを書こう」
開講時間:午前の部・10:20-12:00
     午後の部・13:30-15:10
詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年4月27日  イベント

【春のOC】文芸ブースでは、コピーライター体験が出来ます!

ブース全体
 
いよいよ本日、今年最初のオープンキャンパスが開催されました!
ブースにお立ち寄りくださった皆さん、本当にありがとうございました。
「文芸」や学科の学び、先生や学生スタッフから学科の雰囲気を掴んでもらえていれば幸いです。
 
今年の春のオープンキャンパスは2日間ありますので、明日も皆さんのお越しをお待ちしております!
「どんなブースだろう?」「なにか出来るのかな?」「そもそも明日は行けない…」。
 
そんな皆さんに、今日の様子をちょっとだけお伝えしちゃいます◎
 
 
 
看板 ]
 
 
まず、文芸表現学科ブースでは、
ワークショップ「コピーライター体験−自分のコトバで缶バッチをつくろう」を開催しています◎
自分自身の魅力を伝えるキャッチコピーを考えてもらって、
それを缶バッチにして持って帰ってもらおう! というワークショップです。
 

こちらで用意している「自己紹介シート」に記入してもらって、コピーのヒントを探していきます。

こちらで用意している「自己紹介シート」に記入してもらって、コピーのヒントを探していきます。

学生スタッフもお手伝いしますので、初めてでもご安心ください◎

学生スタッフもお手伝いしますので、初めてでもご安心ください◎

完成!出来上がった缶バッチは、オープンキャンパスバッグに付けても可愛いですよ〜。

完成! 出来上がった缶バッチは、オープンキャンパスバッグに付けても可愛いですよ〜。

 
次にお伝えしたいのが、「教員相談コーナー」!
 
文芸表現学科の先生に、実際の授業のこと、学科の雰囲気、卒業後の進路など、余すところなくお聞きいただけます◎
相談コーナーに来てくださった方には、
文芸の学びを持ち帰れる「新装版・BUNGEI WORKBOOK」をプレゼントしていますので、
ぜひお立ち寄りくださいね。
 
 

文学研究家で文芸表現学科学科長の河田先生。

文学研究家で文芸表現学科学科長の河田先生。

左上:小説家の辻井先生、右上:編集者の村松先生、左下:作家の山田先生、右下:編集者・詩人の中村先生

左上:小説家の辻井先生、右上:編集者の村松先生、左下:作家の山田先生、右下:編集者・詩人の中村先生

文芸の学びを体験できる新装版・BUNGEI WORKBOOK

文芸の学びを体験できる新装版・BUNGEI WORKBOOK

本販売
その他にも本の販売、卒業制作作品閲覧コーナーもありますので、「コトバ」に興味のある皆さんは、お気軽にお立ち寄りください◎
明日も風船をたくさんあげて、皆さんのお越しをお待ちしております〜!
 
−−−−−−−−−−−−−−
 
2019ocsp
『2019年度 京都造形芸術大学 春のオープンキャンパス』
日時:2019.04.27(土)-28(日) 10:00-16:00 受付:09:40から
文芸ワークショップ:「コピーライター体験 -自分のコトバで缶バッジをつくろう」
 
「今回は参加が難しい…」という方は、今後のオープンキャンパスでお待ちしております◎
2019年度OCスケジュール:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2019年3月1日  イベント

【在学生の活躍】小林真世さん作・演出、音楽劇『清廉の青』のお知らせ

表
 
3月9日(土)、10日(日)に行われる、音楽劇『清廉の青』についてのお知らせします。
 
この作品は、文芸表現学科・2年生の小林真世さん作・演出の作品です。
戯曲執筆を軸にし熱心に学び、そして行動し続けている小林さんから、
公演についてのコメントをいただきましたので、お伝えします◎
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
こんにちは。文芸表現学科2回生の小林です。
昨年3月から、文芸の枠をとびこえて演劇企画「ハルモニア」の代表として活動してきました。
 
「ハルモニア」は、京都造形芸術大学の学科を問わず集まった演劇企画です。
『未来につながる演劇を』というテーマをもとに、メンバーそれぞれの技術・個性を活かすための演劇を目指しています。
 
2019年3月9日(土)、3月10日(日)に初公演「清廉の青』を上演します。
試行錯誤しながら、たくさんのひとに助けてもらいながら、一年をかけて作り上げた舞台です。
 
ご予約の方がお得な料金設定になっておりますので、ぜひお誘いあわせの上、ご予約にてお越しくださいませ。
 
 
 
裏
 
演劇企画ハルモニア 音楽劇『清廉の青』
 
 
【あらすじ】
どこかの海に浮かぶ小さな島、ニーレンカ。
その島に住む人々は、豊かな土地で作物を育て、
外の世界とはほとんど交流せず穏やかに暮らしていた。
村長の娘・タラサは、あるときから毎晩同じ夢を見るようになる。
暗い岩場で、うつくしい歌声をもつ女の人が、こちらに手を伸ばす夢――。
そんな時、村が“セイレーンの嵐”に襲われてしまう。
穏やかな海と村を取り戻すため、タラサはひとり旅にでる。
しかし、慣れない航海で船が転覆。
助けてくれた船は、自由を愛する女海賊・リマニの海賊船だった。
海で出会った彼女たちは、それぞれの想いを抱え、
大切なひとに本当の気持ちを伝えに旅をする。
 
 
作・演出 ● 小林真世
 
出演 ● 五十嵐楓華 髙橋楓 西崎わか那
    平硲菜未 松岡那央子 吉田恭佑
 
舞台監督 ● 綿中駿介
演出助手・照明 ● 鈴木媛稀
音響 ● 福島七菜子 
美術 ● 上西美悠 山田美樹 岡実沙紀
衣装 ● 小谷晴菜 松井菜々子 神原初音
振付 ● 松井菜々子
宣伝美術 ● 伊藤桃子
制作 ● 大塚侑子
 
 
【日時】
2019年3月09日(土)14:00/18:00
     10日(日)14:00
 
【料金】
前売 ● 500円/当日 ● 800円
 
【会場】
人間座スタジオ
〒606-0865 京都府京都市左京区下鴨東高木町11
 
【予約フォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/harmonia
 
【お問い合わせ】
mail ● harmonia.stage@gmail.com
twitter ● @harmonia_stage
facebook ● fb.me/harmoniastage
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
出演・制作には他学科の学生も参加しています。
それぞれの学びと想いと情熱を込めた初公演に、ぜひ皆さまご来場ください。
 
ご予約状況は9日(土)は昼夜余裕あり、10日(日)はごくわずかとなっておりますので、
お早めにご予約くださいませ。
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2019年2月27日  イベント

『Storyville 2019 物語の声を聴け』イベントレポート

オープニング
2月2日(土)に開催した『Storyville 2019 物語の声を聴け』。
どんなイベントになったのか、
受講生で2年生の早川時矢くんにイベントレポをお願いしましたので、皆様にもお伝えします◎
 
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
【見て聴く、文字と言葉。】
 
fuko
2月2日(土)。
 
声として発せられる言葉は目には見えません。
文字として綴られる言葉は耳には聴こません。
しかし、物語には作者であれ登場人物であれ、
様々な声が存在しています。
 
 
受付
イベント会場は京都・一乗寺にある恵文社一乗寺店イベントスペース「COTTAGE」
ログハウスのような雰囲気の会場は、物語の世界にぴったりでした。
 
 
第1部では、文芸表現学科の卒業生と在校生や、
詩人の宿久理花子さん、昨年に長編小説デビューをされた藤田祥平さん、
小説家の吉村萬壱さんによる朗読が行われました。
 
トップバッターを飾る文芸表現学科2回生の市川くんをはじめ、
在校生や卒業生による自作の物語が繰り広げられていきました。
 
石川くんはタイに行った際の少女との出会いの旅行記を、
朝倉さん、加藤さん、渡辺さんは自作の詩を、
卒業生である吉原さんは自作の小説を。
溌剌と、一方では落ち着いた雰囲気で、
個性豊かに朗読しました。
 

上左:4年生の石川くん、上右:4年生の加藤さん、下左:卒業生の吉原さん、下右:1年生の朝倉さん

上左:4年生の石川くん、上右:4年生の加藤さん、下左:卒業生の吉原さん、下右:1年生の朝倉さん


 
 
宿久理花子さんの独白するような雰囲気の詩の朗読に、会場の参加者は静かに聞き入りました。
 
藤田祥平さんには自作の短編作品を披露していただきました。
丹念に描かれた作品と藤田さんの語りに、一同、飲み込まれていきました。
 
 
左:宿久さん、右:藤田さん

左:宿久さん、右:藤田さん


 
 
ゲストの小説家・吉村萬壱さん

ゲストで小説家の吉村萬壱さん


最後を飾る吉村萬壱さんは、
『虚ろまんてぃっく』(文藝春秋)所収の短編「行列」を朗読くださいました。
大量の人が前後に並び、歩き続けるといった世界の中で語られる物語。
その人間の内部に秘められている性質を剥き出しにした文章とエピソードに、
時に会場が笑いの渦に巻き込まれるなど。
今までとは違ったテイストの朗読となりました。
 
 
 
 
ここで第1部は終了。
なお、会場の一部にキッチンが添えられており、
そこで作られたオクラとキーマのカレーやアップルパイがドリンクと共にテーブルに並びます。
これがまた、とびきり美味しい!
 
料理・ドリンクの提供も、学生たちと先生で行いました。

料理・ドリンクの提供も、学生たちと先生で行いました。


学科長・河田先生特製カレー。スパイシーな香りと野菜の甘みが美味しく、イベント中盤では完売しました◎

学科長・河田先生特製カレー。スパイシーな香りと野菜の甘みが美味しく、好評につきイベント中盤で完売しました◎


 
出演者それぞれの世界観をそれぞれの声で聴く。
声に誘われその物語に没入していくたび、
今まで進んでいた箸が止まっていくあの感覚。
 
そして、休憩時間に隣の人と先程までの朗読の感想を言い合える。
この素敵な体験は、他では味わえないものだと思います。
 
 
taidan
第2部では吉村萬壱さんと河田学先生による、
「朗読」をテーマにしたトークが行われました。
 
そこで語られた、朗読における人称の差がとても面白く。
例えば三人称より一人称の方が語り手の感情移入のしやすさが違う、
といった非常に興味深い見解が見受けらました。
 
さらに、今回の朗読者ごとの性質の違いなども指摘され。
声色や呼吸など十人十色の朗読が生まれたことを、面白く捉えていました。
また、吉村さんが飼っているウサギに噛まれたエピソードで、
会場が笑顔に包まれることも。
 
 
 
普段、物語を頭の中だけで読む私たち。
文字の物語を聴く体験はとても貴重なものではないでしょうか。
会場に多数の人が集まり、食事をとりながら朗読を聴く。
それは、このイベントならではだと思います。
 
以上。物語の声というテーマで開かれた朗読イベント、
『Storyville 2019 物語の声を聴け』
そこで見聞きした物語と声は、読書を新しい世界に導くものでした。
 
 
 
(文芸表現学科2年・早川時矢)
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
Storyville〔ストーリーヴィル、物語村〕は、今後も皆様に文芸表現との出会いの場をお届けしていきます。
次回の開催もご期待ください◎
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

1 2 3 23

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。