文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2020年8月27日  イベント

『storyville online』に向け、いとうせいこうさんに特別講義をしていただきました!

storyville_onlineチラシ200827

本日(8/2719時から開催いたします『storyville online』。

企画立案の段階では、「storyville」史上初のオンライン開催に向け、

対面しないことをネガティブに考えるのではなく、

オンラインならではの面白さがあるのではとミーティングを重ねていたそうです。

 

そうは言っても、なかなか頭が切り替わらない…。

 

しかし、新型コロナウィルスの影響により対面でのイベントができない社会情勢のなかで、

とても早い段階で開催されたオンラインフェスがありました。

MUSIC DON’T LOCKDOWN』(#MDL)という、

いとうせいこうさんが主宰されている、

WEBのホームページをプラットフォームとし、

演者が各自でライブ配信を行う、という今までになかった音楽フェスです。

 

 

■MUSIC DON’T LOCKDOWN

https://mdlfes.tokyo

 

 

なぜ新しい取り組みを、迅速に開催できたのか。

また、どういった方法で企画の立案・運営がなされたのか。

 

 

storyville online」へのヒントになるのでは、と、

授業を担当してくださっている江南亜美子先生がご依頼をしてくださり、

なんと、いとうせいこうさん直々に、特別講義をしていただきました◎

 

 

 

いとうせいこうさん01

講義の様子は後日お伝えいたします◎

 

いとうせいこうさんからお聴きしたお話と応援を受け、

とうとう今夜、『storyville online』が配信されます!

第2部の「大前粟生さんインタビュー」では、チャット欄から、視聴者のみなさんからもご質問も受け付ける予定です。 

沢山の皆さんにご参加いただければと思っております。

ぜひ、ご覧ください◎

 

 

 

 

 

Print

文芸イヴェント『storyville online』
開催日時:2020年8月27日(木)19:00-21:00
実施形態:オンライン(YouTubeライブ配信)

https://youtu.be/KDIXCnach3o
 

 

第一部:「BOOK COVER LOVERS」
本って内容に目が行きがち。
だけど実は見て楽しめるところがたくさん。
そんな魅力を8人のLOVERSが
それぞれの視点で愛する本の見た目を語りつくします。

また、ブックデザイナーの仲村健太郎さんをゲストにお迎えし、
プレゼンされた本のデザインについて、プロの視点からのコメントもいただきます。

 

第二部:「大前粟生さんインタビュー」
今、大注目の若手作家 大前粟生(おおまえ・あお)さんをお招きして、
学生ならではの視点から小説のことや大前さんご本人の考え方まで
根堀り葉掘り聞いちゃいます!

 

 

 

ゲスト:大前粟生(おおまえ・あお)
1992年兵庫県生まれ。京都在住。2016年「彼女をバスタブに入れて燃やす」が「GRANTA JAPAN with 早稲田大学」公募プロジェクト最優秀作に選出され、小説家デビュー。2020年3月に、『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』(河出書房新社)が刊行された。

 

主催:京都芸術大学(旧・京都造形芸術大学)文芸表現学科 編集ワークショップⅢ 履修生一同

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年8月18日  イベント

8/27(木)に文芸イヴェント『storyville online』を開催します!

Print

※URLは後日、@storyfragments_kua (Instagram)に掲載いたします。

 

 

お盆明けの京都からこんにちは◎

今日は、8月27日(木)19時から開催される『storyville online』についてお知らせいたします。

 

 

長年、文芸表現学科が開催してきた文芸イヴェント「storyville(ストーリービル)」。

2018年後期からは「編集ワークショップ」という授業で、企画から運営までを学生たちが行なっています。

文芸表現の魅力や学びを大学内だけでなく、より多くの皆さんと共有したい。

そんな場である「storyville」を、今回は初のオンラインで開催いたします◎

 

題して『storyville online』。

イヴェントは二部構成となっており、

第一部は8人の学生が本の装丁についてプレゼンをする「BOOK COVER LOVERS」、

第二部はゲストに小説家・大前粟生さんをお招きし、小説のことや大前さんご自身について、学生たちがインタビューを行います。

 

YouTubeのライブ配信で開催しますので、ネット環境があるところなら、どこでもお楽しみいただけます。

お家時間のお供に本を。

そして、その本をより楽しむために『storyville online』を、どうぞご覧ください◎

 

 

 

storyfragments+アイコン

また、Instagramでは物語を視覚的に楽しむ『storyfragments』も開催中です!

投稿欄には言葉遊びのような活字が。

その活字は物語の断片であり、週末には断片がつながって、物語が浮かび上がってきます。

 

『storyville online』のURLは、こちらのアカウントに掲載されるので、ぜひフォローください◎

 

『storyfragments』

@storyfragments_kua (Instagram)

 

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 

 

 

 

Print

 

文芸イヴェント『storyville online』
開催日時:2020年8月27日(木)19:00-21:00
実施形態:オンライン(YouTubeライブ配信)
※URLは後日、@storyfragments_kua (Instagram)に掲載いたします。

 

第一部:「BOOK COVER LOVERS」
本って内容に目が行きがち。
だけど実は見て楽しめるところがたくさん。
そんな魅力を8人のLOVERSが
それぞれの視点で愛する本の見た目を語りつくします。

 

第二部:「大前粟生さんインタビュー」
今、大注目の若手作家 大前粟生(おおまえ・あお)さんをお招きして、
学生ならではの視点から小説のことや大前さんご本人の考え方まで
根堀り葉掘り聞いちゃいます!

 

ゲスト:大前粟生(おおまえ・あお)
1992年兵庫県生まれ。京都在住。2016年「彼女をバスタブに入れて燃やす」が「GRANTA JAPAN with 早稲田大学」公募プロジェクト最優秀作に選出され、小説家デビュー。2020年3月に、『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』(河出書房新社)が刊行された。

 

主催:京都芸術大学(旧・京都造形芸術大学)文芸表現学科 編集ワークショップⅢ 履修生一同

 

 

 

 

storyfragmentsチラシ

 

『storyfragments』

いつもいるところからぐっと寄ってみると全く違う面白いことがみえてくる

物語の断片たちにぜひ会いに来てください

 

Instagram:@storyfragments_kua 

※上記アカウントにて、『storyville online』のURLを掲載いたします。

 

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

進路選び本番! 夏のオープンキャンパス

200829-30OC

3年生・受験生は夏の入試対策! 1・2年生は芸術の楽しさにふれてみよう!
体験授業&教員相談会、入試対策講座など盛りだくさん!

開催期間:8月29日(土)、30日(日)
開催時間:10:00-17:00
実施形態:オンライン(Zoom)開催

詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc08-29_08-30/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年8月8日  イベント

1日体験入学「ショート・ショートを書こう」へのご参加、ありがとうございました!

82日(日)に開催した体験授業「ショート・ショートを書こう」。

おかげさまで無事に終えることができました。

ご参加いただいた人数は過去最高で、アンケートには嬉しいご感想も。

急遽、対面授業がなくなり、全てオンラインでの開催となり、どうなるのかハラハラしていたのですが、いただいた感想から、みなさんに文芸表現学科の授業を楽しんでいただけたということを感じられて、ほっとしています。

 

 

みなさんにお届けした授業「ショート・ショートを書こう」は90分間の授業でした。

長いようで短い時間でしたね。

「文芸表現学科の授業を存分に楽しんでいただきたい!」と内容を圧縮してお送りしたので、もしかするとあっという間の時間だったかもしれません。

そんな方向けに、授業のまとめを届けいたします。

夏休みに、復習として、または息抜きとして、よろしければご覧ください◎

 

 

 

 

体験授業『ショート・ショートを書こう』まとめ

授業担当:山田隆道先生

在校生スタッフ:向坪さん(2年生)、大隅くん(3年生)

授業総括:河田学先生(学科長)

授業後講評・合評:辻井南青紀先生、中村純先生、江南亜美子先生、木村俊介先生

受講生:みなさん

 

 

POINT 01「ショート・ショートを読んでみよう!」

ショート・ショートとは短い小説(フィクション)のこと。

とても短い物語作品とは、どんな表現や構成で紡がれているのか。

具体的に理解するには、見本となる作品を読んでみるのが一番です。

今回の授業では山田先生に、『笑うな』(著・筒井康隆)より「正義」というショート・ショートをご紹介いただき、皆さんと物語を読み解いていきました。

 

 

POINT 02「感想を話し合おう!」

「読んでみて、どう感じたかな?」と問いかける山田先生に、皆さんの手が次々に上がりました。

800字程で書かれた小説ですが、一人の男の一生が描かれています。

そこから面白かったところ、心に引っかかったところ、驚いたところ等々。

皆さんが思い想いに感想を述べていく様子に、山田先生は「感想を話すということは、創作(書くこと)に繋がるんだよ」と嬉しそうにコメントされていました。

また、皆さんの感想を踏まえて、そもそも物語の本質は「主人公に困難を与えること」と、「正義」の解説とともに、物語創作のヒントを教えてくださいました。

 

 

POINT 03「思いっきり、書こう!」

執筆時間は40分間。

前回の「エッセイを書こう」と同様、真剣に、時に悩みながら執筆する皆さんが、静かに画面上に写っていました。

その中には、在校生の向坪さん(2年生)と大隅くん(3年生)の2人の姿も◎

 

 

POINT 04「合評をしよう!」

主人公が授業中に宇宙人からのテレパシーを受け取ったところから物語がはじまる『公園の宇宙人』。作者の向坪さんに朗読してもらいました。

主人公が授業中に宇宙人からのテレパシーを受け取ったところから物語がはじまる『公園の宇宙人』。作者の向坪さんに朗読してもらいました。

午前・午後の部ともに、作品を書き上げた方がちらほら(すごい)。

書き上げた人のなかには、在校生の向坪さんと大隅くんもいました。

今回は、在校生はどんな作品を書き上げるのか、創作の際に気をつけていること、入学後の文章表現の変化について、在校生の作品を合評することになりました。

午前には大隅くんの、テスト前に「今回こそは!」と勇んで勉強をしようとする主人公を描いた『勉強』を。

午後には、向坪さんの『公園の宇宙人』を合評しました。

受講生の皆さんからの意見や感想を聞いた2人。

 

大隅くんは「作品を皆さんに受け取ってもらえるか不安だったけれど、好意的に受け取ってもらえて安心した」とホッとした様子でした。

そして、入学前から現在の変化について「入学前も時々、書いていたけれど、大学に入って本格的に書くことを学び、実践してきて、入学前より少しは上達したのかなと思っています」とも話してくれました。

 

向坪さんの作品は、日常に宇宙人が現れ交流をするという「日常と非日常の共存がすごい」といった感想が多く出ました。

どんなときにアイディアが浮かんだのか。

山田先生の問いかけに「高校生のときに、暇な授業があって『いま宇宙人が来たら、おもしろいだろうなぁ』と思ったことがあったので、今回書いてみました」と、ふとした日常でアイディアが浮かぶことを話してくれました。

 

 

POINT 05「先生に講評をしてもらおう!」

江南亜美子先生と、お互いの作品を読み解き合い、創作の刺激となって「楽しい」と話してくれた受講生の三人。

江南亜美子先生と、お互いの作品を読み解き合い、創作の刺激となって「楽しい」と話してくれた受講生3人。

今回も授業後に、書き上げた作品の講評を希望される方に向けて、ブレイクアウトルームを開設し、各先生と一緒に少人数で合評を行いました。

書評家の江南先生がご担当されていた部屋では、3人中2人はSF作品、1人は恋愛作品を発表されていて、どれも完成度が高く、江南先生の作品分析も併せて、創作意欲が更に刺激されていたようです。

 

 

以上、「ショート・ショートを書こう」の振り返りでした◎

 

 

作品を書き上げ方は、ご自身が生み出した物語を、ぜひ夏休みに読み返して推敲をしてみてくださいね。

または新作執筆もぜひ。

途中までの方は、よろしければ次回829日、30日のオープンキャンパスまでに書いてみてください。

 

次回のオープンキャンパスでも、皆さんの作品を先生方が読んでくださいますよ◎

 

 

 

 

授業の感想には、

絶対に入学して、この先生のもとで学んでやる!と思いました。

文芸表現学科に入りたい気持ちがますます大きくなりました。

など、文芸表現学科に入学を希望してくださっている、とても嬉しいご感想がありました。

 

そんな皆さんに、8月10日に配信される「<見るだけ入試対策>関西の芸術大学の総合型選抜必勝法」と、

829日、30日に開催する「進路選び本番! 夏のオープンキャンパス」ご紹介します。

また皆さんと会い出来ること、学科一同、心よりお待ちしております◎

 

 

<見るだけ入試対策>関西の芸術大学の総合型選抜必勝法

mirudake
公開日時:8月10日(月・祝)終日
配信:YouTubeにて当日限定公開
視聴対象者:LINEのお友達限定公開

詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/news/101

 

 

進路選び本番! 夏のオープンキャンパス

200829-30OC

3年生・受験生は夏の入試対策! 1・2年生は芸術の楽しさにふれてみよう!
体験授業&教員相談会、入試対策講座など盛りだくさん!

 

全て【オンラインのみ】で実施いたします。
*緊急の追加企画として、オンラインでの体験授業・教員との相談会をオンラインで実施します。
*事前予約制・定員制といたします。

 

開催期間:8月29日(土),30日(日)
開催時間:10:00-17:00
実施形態:オンライン(Zoom)開催
体感授業:10:20〜12:00
8月29日(土)「エッセイを書こう」
8月30日(日)「ショート・ショートを書こう」
準備物:筆記用具、ノート
以前のオープンキャンパスと同じ授業を行います。

すでに参加した皆さんは、ぜひ普段書いている作品や、「BUNGEI WORKBOOK」に取り組んだ原稿をもって、午後の個別相談にご参加ください◎
詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc08-29_08-30/

 

 

 

  • LINEで送る

2020年7月31日  イベント

【8/2(日)開催】1日体験授業「ショート・ショートを書こう」のお知らせ

20 OC

 

梅雨明けをした京都からこんにちは◎

スタッフの大賀です。

 

8月2日(日)に開催する、1日体験授業についてお知らせします。

 

 

まずは、残念なお知らせしなくてはなりません…。

当初、受験生の方には、対面での授業を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大が京都府独自の「特別警戒基準」に達しため、安全を最優先し、すべてオンラインで開催することになりました。

 

来校を楽しみにしてくださったみなさん、ご予定くださっていた保護者の皆さん、大変申し訳ありません。

学科教職員・在校生もみなさんと会いできることを楽しみにしていたので、とても残念です…。

 

ですが!

オンラインでも、文芸の授業を味わっていただけるよう、準備を進めていますので、ご期待いただければ幸いです。

 

※詳しくは下記のページをご覧ください。

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/news/99

 

 

 

 

さて、8月2日(日)の授業、「ショート・ショートを書こう」

どんな授業なのか、昨年の様子を交えてご紹介します◎

 

 

202008_02

2019年度の体験授業の様子。在校生(左)と山田先生(右)。

 

担当してくださるのは作家の山田隆道先生。

体験授業のはじめには、物語を生み出すためのちょっとしたヒントをお伝えします◎

そして、みなさんには、レクチャーを聞いてもらった後、原稿用紙2〜3枚ほどの短い小説を自由に執筆してもらい、作品をよりよくするための意見交換をする「合評」を体験してもらいます。

 

昨年の体験授業後の感想では、

・授業を受けてみてワクワクした

・編集系を目指しているが、体験授業で創作をしてみたらとても楽しかった

・ここでなら夢を叶えられそう

・みんなで集中して書けたのが嬉しかった

・先生の創作の実演、在校生の作品が見れてよかった

とのこと。

 

Zoomを使用した体験授業でも、画面の先には参加しているみなさんが映っているので、「みんなで集中して書いている」ことを体感していただけると思います。

また、今回の体験授業には在校生も参加します◎

文芸表現学科の雰囲気・特色を感じていただく機会にもなりますので、そちらもどうぞ、お楽しみに。

 

時間の都合上、みなさんの作品を体験授業中にすべて読み合うことはできないのですが、希望者の方には、授業後にブレイクアウトルームという小部屋をつくって、先生方に読んでいただける場を設けますので、ぜひぜひ、ご利用ください。

 

 

8月2日は、みなさんが感じている、または視えている世界のあり様を、思いっきり書いてください!

教職員一同、どんなみなさんと作品にお会いできるのか、とても楽しみにしています◎

 

 

202008_01

自信を持ってドーンと書いてくださいね!

 

 

 

20 OC

 

■1日体験入学オープンキャンパス
誰でも芸大生になれる特別な1日!
文芸表現学科の授業「ショート・ショートを書こう」を体験できます。
お申し込み受付中です◎
(昨年の授業の様子はこちら

「ショート・ショートを書こう」
担当:山田隆道(作家)
日程:8/2(日)
   午前(10:30-12:00)
   午後(13:30-15:00)
※オンライン(Zoom)開催いたします。
※どちらの日程も、午前・午後の時間帯をお選びいただけます。


詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

イベント問い合わせ:京都芸術大学 アドミッション・オフィス

電話受付時間(月曜日~土曜日 09:00~17:30)

TEL 0120-591-200(アドミッション・オフィス直通)

 

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年7月6日  イベント

1日体験入学「エッセイを書こう」へのご参加、ありがとうございました!

 

7月体験授業

 

7月5日(日)の「エッセイを書こう」にご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

体験授業史上、初めてのオンライン開催。
「どれくらいの人が参加してくださるのかな…」とドキドキしていましたが、

当日は午前・午後ともに、たくさんの方にご参加いただきました◎
オンラインでの体験授業は、PCやスマホなど、接続機器の準備や使用の練習など、

皆さんや保護者の方々のご協力を、いつも以上にいただいたからこそ開催できました。
そういった条件にも関わらずご参加いただけたこと、学科一同、有難いことと感じています。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

今回の授業では、日常の機微を描く<エッセイ>の執筆と合評を体験してもらいました。

また、参加してくださった方の、それぞれの日常が流れている、それぞれの場所から、それぞれの日常をみんなで読む、という空間を超えた交流も体験していただけたのかな、とも思っています。
それこそ、切実な想いが込められた本を読んだときのように。

 

 

友人と観た夕日、持て余した暇な時間、6月を想起させる雨についてなどなど。
当たり前だけど気づきにくい、皆さんにとっての大切な日常を、みんなで受け止めた温かな時間だったと思います。

 

 

 

授業を担当してくださった小説家の辻井南青紀先生は、皆さんの様子をこう受け止めておられました。

 

-授業内で語られた辻井先生から皆さんへのコメント
「作品をお書きになって、それをちゃんと受け止めて、ただ褒めるってだけじゃなくてね、どう聞き手として、受け手として聞いたのか、受け止めたのかということもちゃんとコメントされていた。とってもこういうことが大事だと、我々の学科は思っています。書きっぱなしとか、読みっぱなしではないんですね。こうやってお互いの書いたことをキャッチしながら、高めていく。よりいい方向に進めていこうとする。よりいいっていうのは、どうやったらもっとよくなるんだろう、もっといい作品になるんだろうか、ということを根本的に考えていく。こういった営みをずうーっと続けていくことが、この学科の学びだろうと思います」

 

また、他者へ自分のことばを贈る、そんなことを考えながら書く時間は、とても大事な時間になったのでは、とも。

 

 

 

執筆時間、画面には皆さんが執筆されている様子が流れていたと思います。

書き手になっているときに、読み手が目の前にいる。
日記とは違い、読まれるということを意識したとき、いつもと違ったことばが思い浮かんだのではないでしょうか。

 

この授業での実感を、皆さんの日常のなかでも活かしてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

8月体験授業予告

※8月2日(日)は受験生対象で対面型授業も予定しています。

体験授業を8月2日(日)にも開催します◎

 

次回の授業は、作家の山田隆道先生がお送りする「ショート・ショートを書こう」です。
原稿用紙2〜3枚ほどの短い小説を自由に執筆してもらいつつ、物語を生み出すためのちょっとしたヒントを学びます。

在校生も参加しますので、文芸表現学科の雰囲気・特色を感じていただく機会にも。

 

時間の都合上、体験授業中にすべての作品を読む合うことはできないのですが、次回も希望者の方には、授業後にブレイクアウトルームという小部屋をつくって、先生方に読んでいただける場を設けますので、ぜひ活用してくださいね。

 

 

それでは8月も皆さんにお会いできることを願って。
皆さんのご参加を学科一同、心よりお待ちしております◎

(もちろん、8月からのご参加もお待ちしています◎)

 

 

 

 

 

20 OC

■1日体験入学オープンキャンパス
誰でも芸大生になれる特別な1日!
文芸表現学科の授業「ショート・ショートを書こう」を体験できます。
毎回すぐに満席になってしまうので、お申し込みはお早めに◎
(昨年の授業の様子はこちら

「ショート・ショートを書こう」担当:山田隆道(作家)
日程:8/2(日)
   午前(10:30-12:00)
   午後(13:30-15:00)
※オンライン(Zoom)と対面型授業(受験生限定)で実施予定です。
※どちらの日程も、午前・午後の時間帯をお選びいただけます。


詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

イベント問い合わせ:京都芸術大学 アドミッション・オフィス

電話受付時間(月曜日~土曜日 09:00~17:30)

TEL 0120-591-200(アドミッション・オフィス直通)

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

1 2 3 27

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。