文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2013年7月26日  イベント

週末のイベント「製本と編集」

 
週末は、夏コミ直前のオープンキャンパスですね。皆さんのお越しをお待ちしています。
文芸表現学科ブースは、メインロビー入口よりすぐ左手にありますので、すぐ見つけていただけると思います。
 
130726_01
学科ブースの担当は、
27日(土) 新元良一先生、河田学先生、村松美賀子先生
28日(日) 門崎敬一先生、辻井南青紀先生、河田学先生
です。スタッフは私(たけうち)と鵜飼くんのほかに、学生スタッフが4名いますので、授業のこと、大学生活のこと、卒業後の進路のことなど、どんなことでも気軽に相談に来てください。
 
130726_02
学生が執筆・編集をした、作品集、雑誌、フリーペーパーなども会場で配布/販売しています。
また、今回は製本のワークショップと、編集技法のレクチャーも開催しています。こちらもどしどしご参加ください。
 
 
■製本ワークショップ
文庫本をハードカヴァーに製本します。製本をとおして、本の構造について理解を深めてください。できあがった本はお持ち帰りいただけます。
日時:7月27日(土)10:00〜16:00
   7月28日(日)10:00〜16:00
受付:随時
所要時間:30分~1時間程度
持ち物:筆記用具、文庫本1冊(あれば)
 
130726_03
 
 
■編集技法レクチャー(特別公開)
大学広報誌『瓜生通信』を執筆・編集している大学生スタッフ向けに、編集長の門崎敬一先生(文芸表現学科学科長/元平凡社『太陽』編集長)が特別レクチャーを開講しています。本来は、学生のための特別レクチャーなのですが、オープンキャンパスに来られた皆さんにも、編集や雑誌づくりに興味がある人には特別に聴講していただきたいと思っています。チラッとのぞいてみるだけでもOKですよ。
日時:7月27日(土)のみ
 13:10〜14:30 【1 インタビュー技法】
 14:50〜16:10 【2 原稿作成技法】
 16:30〜17:50 【3 校正技法】
受付:随時
場所:人間館3F 瓜生通信編集室(学科ブースより案内します)
 
 
(文・たけうち)

  • LINEで送る

2013年7月22日  イベント

前期合評テキストを配布します

 
前期合評会のテキストが完成しました。
表紙には、情報デザイン学科3回生の吉田典世さんのコラージュ作品を使用させていただきました。
テキストは、人間館1F掲示板前に設置していますので、ご自由にお持ち帰りください。
 
130718_01

前期合評会では、小説、詩、短歌、俳句、ルポルタージュ、インタビュー、など、学生がこの半年間に書いた作品を集めて、みんなで合評を行ないます。一般公開のイベントですので、どなたでも参加歓迎です。ぜひ、学生の作品にご意見・ご感想をお寄せください! 
 
 
<前期合評会>
日時:2013年7月29日(月)10:00〜18:10
   2013年7月30日(火)10:00〜18:30
会場:京都造形芸術大学 人間館1F 102教室
申込み:不要
 
◆29日のプログラム
 職業人インタビュー
 インタビューとルポルタージュ
 ショート・ショート
 短篇小説
 新元ゼミ:企画プレゼンテーション
 門崎ゼミ:『瓜生通信』報告
 現代詩
 
◆30日のプログラム
 百讀
 俳句(句会)
 短歌(歌合せ)
 文芸表現学科×通信文芸コース合同合評
 
 
130718_02

おまけ:合評テキストを横から見たら、スイカみたいでした。
 
 
(文・たけうち)

  • LINEで送る

2013年7月17日  イベント

Storyville読書会 38

 
7月の読書会のご案内をお届けします。
今回は岡本かの子の短篇より、「老妓抄」と「家霊」の2篇をとりあげます。どちらも、新潮文庫の『老妓抄』に収められています。岡本かの子といえば、今では岡本太郎の母としても有名ですが、小説を書いたのは晩年の数年だけだったそうです。
 130717


Storyville読書会は、高校生から一般の方まで、
どなたでもご参加いただけるイベントです。
先月は、過去最多の30名ほどの方にご参加いただきました。
いまでは学生より一般の方々に多くお越しいただいていますので、お気軽にお出かけください。
 
 
日 時:2013年7月20日(土)17:00~19:00
場 所:ことばのはおと(京都市中京区油小路通下長者下ル大黒屋町34)
URL:http://www.kotobanohaoto.net
図 書:「老妓抄」「家霊」岡本かの子箸
    ※写真は新潮文庫ですが、ほかの版でも構いません。
料 金:500円(1ドリンクオーダー制)   
問合せ:075-791-8039
  

STORYVILLEとは、
それぞれの読み方を受けいれ、意見を交換し、
自分の読みを深めようという交流会です。
2009年からほぼ月イチのペースで
京都市内を中心に開催してきました。
予約不要ですので、気軽にご参加ください。
見学だけでもOKです。

 
 
(文・たけうち)

  • LINEで送る

2013年7月16日  イベント

共同企画展ONSAのお知らせ

 
佐賀遥菜さん(2回生)が、ONSA(おんさ)に出品します。
ONSAとは、関西にある10のギャラリーと出版社が共同で企画する共同公募展で、
2008年にはじまり、今年で第6回を迎えるそうです。
 
佐賀さんが出品するのは、「言葉」です。
言葉もアートフォームのひとつです。
展覧会というカタチで発表するのも、とても面白いですね。
 
[佐賀さん(筆名:榛名ねむ)の展示]
会期:2013年7月18日(木)〜28日(日)
OPEN:12:00〜20:00
CLOSE:月火水
会場:beyer BOOKLORE(大阪市天王寺区玉造元町14-25)

 
 
130620_02
 
ONSAのホームページはこちら
フライヤーPDFはこちら
 
 
(文・たけうち)

  • LINEで送る

2013年7月5日  イベント

7/7 関西の編集者による特別講義

 
今週末は授業公開オープンキャンパスがあります。大学のHPには、おすすめ授業が1つだけ紹介されていますが、文芸表現学科で公開する授業はぜんぶで9つあります! なかでも、授業公開オープンキャンパスが終わってからの5講時には、編集者を招いた特別講義も開催しますので、高校生の皆さんだけでなく、広く一般の方もご参加ください。
 
130707_kinoshita
ゲスト講師は木下由紀彦さん。大阪中之島にある、株式会社フォーティーファイブの代表者として、多くの企画や編集を手がけていらっしゃいます。聞き手は安藤善隆先生。2011年から文芸表現学科でも教えていただいていますが、元『ぴあ関西版』の編集長をされていて、現在は『あまから手帖』の編集に携わっている、こちらも現役の編集者の方です。編集者をめざす学生はもちろんのこと、ライターといった書く仕事に興味のある人は、この機会をのがさず、ぜひ聴講してください。
 
 
 
きのした・ゆきひこ
87年より株式会社京阪神エルマガジン社にて「Lマガジン」、「SAVVY」の雑誌編集に10年間携わる。 93年SAVVY副編集長に。97年からはセントラルパーク株式会社において、宣伝部マネージャーとして、 姫路セントラルパークやセントラルパーク美祢サーキットのテレビCM、雑誌広告などの制作、 またイベントでは西日本初となったレゴ展のプロデュースを行う。2000年株式会社フィーメールの設立に参画。 「Fe-MAIL」編集長として、女性向けWEBマガジンというジャンルを切り開く。 2005年には、同社においてカシミヤプロジェクトと銘打ち、大阪は中津にカフェをオープン。 リアルカフェとWEBの融合を試みる。 その後は企業のWEBサイトのプロデューサーとして、さまざまな企画・編集・ディレクションに携わる。

 
 


 
 
そのほかの授業詳細も、もう一度UPしておきます。
ふだんの授業に参加できるチャンスですので、ぜひ来てくださいね。
 
130707_timetable
 
 
(文・たけうち)

1 23 24 25 26 27

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。