アートプロデュース学科

イベント

  • LINEで送る

2018年7月19日  イベント

【お知らせ】体験授業緊急開催します!

みなさん、こんにちは。

暑い日が続きますが、みなさん体調などは大丈夫ですか?

今週21(土)、22日(日)に開催される、真夏のオープンキャンパス」についてお知らせです。

 

毎回各学科で行っているワークショップに加え、先日中止となってしまった、「1日体験授業」を緊急開催することになりました!今回もイベント盛りだくさんです。

アートプロデュース学科は「見せ方ひとつで傑作に?」というテーマで、授業を行います。

昨年の体験授業の様子

昨年の体験授業の様子

夏期コミュニケーション入試の対策としてはもちろん、受験したいコースを見極めるためにもなります。

また、高校1・2年生にとっても、気になる学科の特色や学びを知る体験になると思いますので、みなさん気軽にご予約ください。

両日とも、定員制先着順(25名まで)、事前予約制となっているので、以下の詳細をご確認の上、早めのお申し込みをオススメします!

 

オープンキャンパスの詳細や体験授業のお申し込みは、こちらから ▼

京都造形芸術大学 「真夏のオープンキャンパス!」

 

4月のオープンキャンパスでの、ワークショップの様子

4月のオープンキャンパスでの、ワークショップの様子

当日は、学科ブースで行われる「みるみるうちにみるみるわかる!?モネパズル」のワークショップや、教員や学生スタッフによる「学科・コース相談コーナー」も設けているので、

ふらっと遊びに、学科の特徴を知りに、進路の相談!などなど…いろんな目的でブースを訪れてもらえたらなと思います。

学科一同、みなさんにお会いできるのを楽しみしています〜!

 

 

asp

  • LINEで送る

2018年7月10日  イベント

【第2回ASPer】「アートにまつわるイベントを体験しよう」レポート

みなさん、こんにちは。6月17日()に「高校生アート・サポーター・プロジェクト2018 ASPer」第2回目を開催しました!

今回は『アートにまつわるイベントを体験しよう』というテーマのもと、アートプロデュース学科の先輩である山城大督先生に講義をしていただきました。山城先生は美術館で教育普及をするミュージアムエデュケーター、そして映像を専門としたアーティストとふたつの顔を持っています。

IMG_64631

今回の講義では美術館での鉄板ネタだという「イヤー・クリーニング」という耳を使ったワークショップを行いました。このワークショップは、私たちが普段キャンセリングしている(意識していない)音に意識を向け、「耳をひらく」ためのものです。山城先生曰く、体験したら今までの自分には戻れないそうです!

方法は、まず2分間全神経を耳に集中させ聴覚を研ぎ澄まします。その後、きこえた音をすべて紙に書き出し参加者全員で共有します。IMG_64671

私たちはどんな音も逃すまいと集中し、エアコンの音や時計の音、床の軋む音など、日常に存在しているのに意識しなければきこえない音がたくさんあることに気付きました。また、全員で共有してみると他の人は気付いたけれど自分は気付かなかった音があり、自分の意識が及ぶ音の範囲が広がる体験をしました。

 

ささいな音にも意識が及ぶようになったところで、今度はARTZONEを飛び出し木屋町の飲食店街から鴨川まで散歩しました。

IMG_64811

IMG_6494

耳をひらいた状態で外に出ると、びっくりするほどたくさんの音にあふれていて、普段私たちがどれだけ音をキャンセリングして生活しているかを実感しました。

川の流れが岩に当たる音、人びとが行きかう足音、柳の葉の擦れる音、風が耳を撫でる音すらも感じることが出来ました。

IMG_6516

その後、鴨川でグループに分かれて外ではどんな音が聞こえたか、何に気づいたかを話し合いました。

感覚はひとりひとり違うものであることを実感した高校生たちは、自分の感覚を共有するために言葉を選び、言葉をつくし、初対面同士でも交流が深まりました!

IMG_6544IMG_65511

作品を味わう、特に現代アートに多い、視覚だけでなく全身でみる作品(インスタレーション作品など)を鑑賞するためには、自分の五感を最大限使うことが必要です。普段の生活や自分の意識が及ばない世界に足を踏み入れることが、アートを味わうという非日常を連れてくるのではないでしょうか。

アートの世界をつくるためには作品制作や展覧会企画だけでなく、鑑賞力をやしなう「アートにまつわるイベント」も行っていることを知ってもらえたのではないかと思います。

IMG_65921

以下、参加した学生による感想

 

外では自然の音と人口の音があり、日常では当たり前だけど不思議な空間だなと思いました。主観的ですが、人口の音は汚く感じました。自分の感覚が研ぎ澄まされました。新しい体験ができました。

 

いつもだと、イヤフォンをしていたり、考え事をしていたりで全く意識せずに通っていた場所、音がすごく沢山聞こえてきて、意識して音を聞くと、耳だけじゃなくって目から入ってくるものも変わるんだなぁと思いました。沢山の人とお話しも出来てとても楽しかったです。

 

次回でASPerも最後になります!!

今まで参加してきた皆様、初めて参加してくださる方もアートというものを堪能してもらえる内容になっていますので是非ご参加ください。

 

 

ASPer学生スタッフ:尾上伊津季(3回生)、川上日南子、赤對美波、田染早都、西田太陽、平山希実(2回生)

次回イベント予告

ASPer(エスパー)

ブログキャッチ

7月15日(日)に、高校生アート・サポータープロジェクト ASPer 第3回「展覧会の裏側ってどうなってるの?」を開催します。

ASPerは、「アート」について学科の教員・在校生と一緒に考え、体験するプロジェクトです。「アート」の世界は想像以上に大きく、そして幅広く社会に活かしていけることを実感してもらえるプログラムを用意しています!これで最終回となりますが、1、2回目参加できなかった高校生も気軽にご参加下さい。

詳細はこちらから☞高校生アート・サポーター・プロジェクト ASPer

 

真夏のオープンキャンパス! 夏期コミ入試対策!

スクリーンショット 2018-07-10 17.06.14

7月21日(土)、22日(日)には、京都造形芸術大学 真夏のオープンキャンパス!」を開催します!

高校3年生にとっては夏コミの入試対策に!高校1、2年生もぜひ遊びに来てください。
アートプロデュース学科は、アートを新たな側面から学ぶ学科です。これまで知らなかった学びの内容に、出会うかもしれませんよ!?当日は、学科の学生スタッフと教員がみなさんをお迎えします。大学生活や学科の活動についてじっくり話せるチャンスです!

詳細はこちらから☞真夏のオープンキャンパス!

  • LINEで送る

2018年6月13日  イベント

【1日体験入学OC】ご参加いただきありがとうございました!

初めまして。ASP学科3回生の尾上伊津季(おがみいつき)です。

610日(日)に、大学の授業が体験できる「一日体験入学」が開催されました。

ご参加いただいた高校生のみなさん、ありがとうございました!

当日学生スタッフとして参加したので、体験授業の様子ををみなさんにお伝えしたいと思います。

 

一番右側に立っているのが尾上くん

 

 ASP学科では『マンガを読んであっと驚くアート体験を!』と題し、8コマのマンガを用いて授業を体験してもらいました。普段何気なく読んでいる「マンガ」が「アート体験」とどうつながってくるのでしょうか!

そもそも「アート体験」とは何なのでしょう?

 

IMG_9903

アート体験をしてもらうために、まずは自分1人で8コママンガを読んでいきます。その際には、以下のポイントに注目しながら読んでいきます。

 

①ストーリー

  • ②登場人物の関係
  • ③台詞の順番
  • ④誰が発した台詞なのか
  • ⑤登場人物の心境
  • ⑥どういった状況か

 

何より、①~⑥のポイントについて、具体的な根拠に基づきながら考えることが重要です。

もしかすると、普段マンガを読むときも無意識に行っていることかもしれませんが、今回はこの6つのポイントを意識して、8コママンガをじっくりと読み込んでいきます。

個人で読んだ後は、近くに座っている子たちでグループになり、意見交換をします。

 

IMG_9856

IMG_99341

IMG_9925

すると、何ということでしょう。みんな同じ8コママンガを読んでいるはずが、それぞれに違ったストーリーを読み取っているではありませんか!

それぞれが読み進めるコマの順番が違っていたり、順番は同じでも、読み取る登場人物の性格や、気持ちの解釈が異なっています!

 

意見交換の後は、グループごとに1つの物語を完成させます。

ここで重要なのは、自分のストーリーと他の人のストーリーをすり合わせる際には、一切の妥協なし!!どの解釈にも納得のいく根拠があり、そうとも読めるなと思って初めて意見が一致していきます。

人で読んでいる時よりも、複数の見方や解釈に触れることで、今まで想像もしなかったところまで話は広がりました。

 

最後にそれぞれが話し合って紡いだ物語を発表していきます。

どのグループも妥協なしでとことん話し合った結果、ひとつの意見にまとめるのは難しかったようですが、どの意見・解釈も新しい発見の連続で、とても楽しんで話し合いを進めていました。

 

IMG_9976

みなさんは普段マンガを読み、感想を友達や家族と語り合う時、「でも自分の読んでいるこのマンガと、あなたが読んでいるマンガでは、見方や解釈が違うかもな」と思いながらコミュニケーションをするでしょうか。

 

今回の授業では、8コマのマンガを1時間かけて読み込んでいきました。たった8コマでも、じっくり読み、語り合えば、無限大ともいえるほどたくさん物語は生まれます。つまり、作品を読む私たち受け手が、作品からたくさんの想像や解釈を生み出し、それをたくさんの人と共有することで、作品と自分、作品と人、人と人との間に不思議なコミュニケーション「アート」が生まれます。

 

IMG_9870 

 

実は私も、高校生の時に1日体験入学オープンキャンパスを経験しました。

今回、学生スタッフとして参加することができて大変嬉しかったですし、改めて、アートを体験し、この不思議なコミュニケーションに魅せられて、今私はASP学科にいるのだなと感じました。

 

次回7月に開催される1日体験入学「見せ方ひとつで傑作に?」では、作品をみることで想像する経験からステップアップし、それぞれの体験を他の人にも伝えられるよう、作品をプロデュースしていきます。

制作をしている子や、第一回の体験授業に参加できなかった子にも、必ず役に立つはずなので、ぜひお越しください!

次回も学生スタッフとして参加しています!待ってます!!

 

(尾上伊津季)

【イベント告知】

 

ASPer(エスパー)

ブログキャッチ

6月17日(日)に、高校生アート・サポータープロジェクト ASPer 第2回「アートにまつわるイベントを体験しよう」を開催します。

ASPerは、「アート」について学科の教員・在校生と一緒に考え、体験するプロジェクトです。「アート」の世界は想像以上に大きく、そして幅広く社会に活かしていけることを実感してもらえるプログラムを用意していますので、気軽にご参加下さい!

詳細はこちらから☞高校生アート・サポーター・プロジェクト ASPer

 

 

1日体験入学 オープンキャンパス

スクリーンショット-2018-05-21-12.01.14

7月8日(日)には、京都造形芸術大学 1日体験入学 オープンキャンパス B日程」が開催されます。

1日芸大生として、希望する学科の授業を体験できます。実際に授業を受けることで進路についてより具体的に想像できるようなイベントになっていますので、みなさんのご参加をお待ちしております!アートプロデュース学科は、「見せ方ひとつで傑作に?」を開催いたします。また、学科の詳細や授業などについて教員に直接相談できる「教員相談ブース」もありますので、そちらにもぜひお越しください。

詳細はこちらから☞1日体験入学 オープンキャンパス 2018

  • LINEで送る

2018年6月1日  イベント

【在校生の活躍】学生企画の展覧会がARTZONEで開催中

 こんにちは。アートプロデュース学科です。今回は、在校生の活躍をお知らせします。

アートプロデュース学科には、卒業制作として論文執筆の他に展覧会の企画運営を行って卒業する学生もいます。

今年度その課題に取り組むのは、4回生の中川恵理子さんと藤村南帆さんです。

 

現在ギャラリーARTZONEでは、中川さんが企画した『ゴットを、信じる方法。』展が開催されています。

bd69323dd84da4ac17567a1b8e5acd28-674x381

本展は、アーティスト・ユニット エキソニモが10年前に発表した作品『ゴットは、存在する。』の再制作を試みた展示になっています。

展覧会は美術手帖にも取り上げていただきました!以下WEBサイトより記事がご覧いただけます。

10年の月日を経て何を思う。 インターネットを司る、 再解釈された「ゴット」の現在地

 

そして明日はトークイベントをARTZONEで開催します!

展示は明後日6月3日(日)が最終日となります…!

企画者の中川恵理子さん

企画者の中川恵理子さん

《展覧会概要》
こんにちは。ゴットを信じる会です。突然ですが、あなたは「ゴット」を信じますか?

 

2009年にアーティスト・ユニット、エキソニモによって制作されたメディア・アート作品《ゴットは、存在する。》は、インターネット環境やデジタル・デバイス、インターフェイスの技術的合理性のほころびに精神性を見出すべく制作された一連のシリーズ作品です。しかし、タイトルで存在を明言されている「ゴット」とは何者なのでしょうか? (エキソニモはゴッド(=神)とは関係がないと言っています。)

 

私たち「ゴットを信じる会」は、デジタル技術に宿る精神性、すなわち「ゴット」の存在を信じる匿名的な集団です。

今回、私たちは、作品が制作されてから10年の月日を経て《ゴットは、存在する。》の再制作を行い、「ゴット」の存在の検証を試みました。
しかし、私たちは10年前の《ゴットは、存在する。》を実際に目にしたことはありません。また、当時のメディア環境は今日大きな変容を遂げており、「ゴット」もその姿カタチを変えているのではないか、と考えました。そのため私たちは、《ゴットは、存在する。》の様々な情報や証言を、インターネットを駆使して渉猟し再解釈を行い、それに基づき、現代のメディア環境を反映させて再制作を行いました。

 

いわば、本展は、「ゴットを信じる会」が、ネット上の情報や関係者の証言を信じて10年前の《ゴットは、存在する。》を現代に復活させ、そしてそれを依代にして私たちが信じる「ゴット」をARTZONEに召喚する儀式です。「ゴット」とは何者だったのか?是非会場に足をお運びいただき、ご自身の目でお確かめください。

 

《出展作家》
ゴットを信じる会

 

《展覧会スタッフ》
ゴットを信じる会

 

【トークイベント】
日時 : 6月2日 15:00~(1時間半~2時間を予定しております)
場所 : ARTZONE 1F
入場料 : 無料
登壇者 : 水野勝仁(メディアアート、インターフェイス研究者)、林田新(京都造形芸術大学アートプロデュース学科専任講師)、中川恵理子(京都造形芸術大学アートプロデュース学科4年生)

 

 

そして中川さんの展示のあとは、藤村さんが企画した『写真になった男』展が開催されます。06a30aa89b34c06c46f5e80284c41e92-1-674x393

自身の作品を残したまま失踪してしてしまった写真家、山田弘幸の「Padre」というセルフ・ポートレートのシリーズ作品を展示します。山田弘幸失踪後初の展覧会であり、「Padre」シリーズ初披露となる貴重な展覧会となります。

 

本日は学内で「記者会見」と称して、学生に向けて展示や作品の紹介を藤村さんに行っていただきました。

学生からは、展示や作品の意図、作家についてなどさまざまな質問が飛び交いました。

真ん中が藤村南帆さん

真ん中が藤村南帆さん


質疑応答の様子

質疑応答の様子

これから展示作業がはじまる『写真になった男』展は、6月16日(日)より開催されます。

 

《企画趣旨》
京都造形芸術大学アートプロデュース学科が運営するアートスペース、ARTZONEでは、6月16日から7月16日にかけて、山田弘幸個展「写真になった男」を開催いたします。
山田弘幸は2011年ごろから写真作品の制作をはじめました。彼はいくつかの展覧会に作品を出展したのち、写真のコンペティション「TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2016」でグランプリを受賞します。副賞として恵比寿にあるG/P galleryで個展を開催し、気鋭の作家として今後の活動に注目が集まりつつありました。しかし、山田はこの展覧会の直後、すべての作品をギャラリーに託し、突然行方をくらましてしまいます。姿を消す直前、彼はしきりに「写真のなかに入りたい」と発言していたといいます。
山田の失踪、そして「写真のなかに入りたい」という言葉について考えたとき、彼が残したある作品を思い起こします。それは、「Padre」というセルフ・ポートレートのシリーズ作品です。幼くして亡くした父を題材にした本シリーズで山田は、生前の父の姿をスクリーンに投影し、そこに自身の身体を重ねるように撮影しています。
過去の実在と喪失が表裏一体となる写真の性質を、フランスの批評家、ロラン・バルトは「それは=かつて=あった」と完了形で言い表しました。彼の言葉を借りるならば、「Padre」では、「かつてあった」生前の父と山田と、「いまはもうない」父と姿を消した山田が時間を超え、重なっています。いま私たちが見ることができるのは写真のなかの山田の姿だけなのであり、その意味において「写真のなかに入りたい」という彼の願いは失踪によって果たされたのです。
本展は、山田が姿を消してから初めての展覧会です。言い換えるのであれば、写真の魅力に囚われ、ついには「写真になった男」の初の展覧会ともいえるでしょう。この機会に、ぜひご高覧ください。

 

《企画概要》
タイトル:山田弘幸個展「写真になった男」
会期:2018年6月16日(土)~2018年7月16日(月)
時間:平日13:00〜20:00、土日祝 12:30~20:00
主催:京都造形芸術大学ARTZONE
企画:藤村南帆(京都造形芸術大学アートプロデュース学科4年生)
スタッフ:大坂心、齋藤智美、呉屋直、中川恵理子、田代菜々子、原田遊歩(同学科4年生)
髙想、屋宜初音(同学科3年生)
瀬戸山友紀、赤對美波、谷真鈴(同学科2年生)
企画協力:G/P gallery
場所:ARTZONE
入場料:無料

 

 

中川さん、藤村さんともに、これまでの学びを活かした熱い展覧会を企画しています。

彼女たちのキュレーションはもちろんのこと、それぞれの展示作品をぜひ会場にてご高覧ください。

 

 

 

【イベント告知】

 

ASPer(エスパー)

ブログキャッチ

6月17日(日)に、高校生アート・サポータープロジェクト ASPer 第2回「アートにまつわるイベントを体験しよう」を開催します。

ASPerは、「アート」について学科の教員・在校生と一緒に考え、体験するプロジェクトです。「アート」の世界は想像以上に大きく、そして幅広く社会に活かしていけることを実感してもらえるプログラムを用意していますので、気軽にご参加下さい。ギャラリーARTZONEにて行います。

詳細はこちらから☞高校生アート・サポーター・プロジェクト ASPer

 

1日体験入学 オープンキャンパス

スクリーンショット-2018-05-21-12.01.14

6月10日(日)に、京都造形芸術大学 1日体験入学 オープンキャンパス」を開催いたします。

1日芸大生として、希望する学科の授業を体験できます。実際に授業を受けることで進路についてより具体的に想像できるようなイベントになっていますので、みなさんのご参加をお待ちしております!アートプロデュース学科は、「マンガでわかるアートの魅力」を開催いたします。

詳細はこちらから☞1日体験入学 オープンキャンパス 2018

 

 

  • LINEで送る

2018年4月29日  イベント

春のオープンキャンパス、ご来場ありがとうございました!

 

IMG_8743

春のオープンキャンパスにご来場いただき、ありがとうございました!

今年度もたくさんの方にワークショップに参加していただき、とても賑やかなイベントとなりました。

 

毎年恒例の「モネパズル」ワークショップ。

毎年恒例の「モネパズル」のワークショップ。つくるときもみるときも「アート」への入り口はまずはじっくりと作品を観察することからはじまります!

特に高校3年生の参加が多く、各ブースでは、今後の進路・大学生活について、芸大は興味があるけれどどうやって

「働く」ことにつなげたらいいのだろう?といったさまざまな質問が相談がなされていました。大学進学という大きな岐路に立っている高校生のみなさんだからこその悩みもたくさん。

実際学科に通う学生たちと話すことで、今後の進路活動が明確になってきたのではないかと思います。

 

阿部将伸先生

阿部将伸先生


新任の山城大督先生

新任の山城大督先生

そして今年はアートプロデュース学科の新任であり、映像メディアを専門とした現役の美術作家でもある山城大督先生にもスタッフとしてご参加いただきました!

山城先生の他、アートプロデュース学科には哲学・思想や写真、心理学、コミュニケーション論、地域文化政策などを専門とした先生方がいらっしゃいます。

そうした専門性を活かして、幅広い視点と独創性をもって「アート」を社会につなげていくことの面白さややりがいなどを各ブースで聞くこともできたのではないでしょうか。

 

IMG_8762

春のオープンキャンパスを通して、アートプロデュース学科に少しでも興味を持っていいただけたなら、嬉しいです。

 

 

そして次回は、アートプロデュース学科が行うイベント「高校生アート・サポーター・プロジェクト ASPer(エスパー)」5月6日(日)に開催されます!!!

第1回目のテーマは『「アート」のサポーターって?』。みなさんは「アート」ってなんだろうと考えたことはありますか?芸術作品のことでしょうか?それとも…?

初回のASPerでは、「アート」について教員と在校生と一緒に考え、体験してもらえるワークショップを行います。「アート」の世界は想像以上に大きく、そして幅広く社会に活かしていけることを実感してもらえるプログラムを用意していますので、気軽にご参加下さい。

詳細はこちらから☞高校生アート・サポーター・プロジェクト ASPer

 

また、6月10日(日)には、京都造形芸術大学 1日体験入学 オープンキャンパス」を開催いたします。

1日芸大生として、希望する学科の授業を体験できます。実際に授業を受けることで進路についてより具体的に想像できるようなイベントになっています。

どこの学科を受けようか迷っている高校生は、応募してみてくださいね。

アートプロデュース学科は、「マンガでわかるアートの魅力」を開催いたします。詳細はこちらから☞京都造形芸術大学 春のオープンキャンパス2018

 

こんな感じで、まだまだイベント盛りだくさんなので

今回オープンキャンパスにお越しいただけなかった高校生のみなさんは、ぜひ参加してみて下さい!

なぜかすしざんまいのポーズ

なぜかすしざんまいのポーズ

またみなさんにお会い出来る日を楽しみにしています!!

 

 

asp

 

 

 

1 2 3 23

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。