アートプロデュース学科

イベント

  • LINEで送る

2013年2月28日  イベント

卒業論文発表会を開催します!

2013年3月2日(土)、3日(日)


3月3日(日)まで卒業展が開催されています。
ASP学科では、人間館4階NA413教室で展示をしており、
下記の日程で卒業論文発表会を行います。


~展示~
【日 時】2013年2月23日(土)~3月3日(日)10時~18時
【場 所】人間館4階 NA413教室
130228卒展_左右







~卒論発表会~
【日 時】2013年3月2日(土)10時~14時30分
     2013年3月3日(日)10時~14時40分
【場 所】人間館4階 NA413教室
【ゲスト】熊倉敬聡 氏(慶応義塾大学教授)
     岡本源太 氏(本学科専任講師)

130228卒展_左右2







聴講は自由ですので、是非お越しください!


卒業展については、こちらをご覧下さい。

  • LINEで送る

2013年2月5日  イベント

小宮太郎 「8.8% KOMIYA TARO solo exhibition」展開催のお知らせ!



4回生の似内達吉くんが卒業制作として企画した、小宮太郎 「8.8% KOMIYA TARO solo exhibition」展が2月22日(金)より開催されます。

4年間の集大成でもあり、似内くんの学生最後となる展覧会です。是非ご覧ください!

―――――――――――――――――――――――――――――――

会期:2013年2月22日(金)~3月10日(日)
時間:12:00~19:00
料金:無料
会場:ホテル アンテルーム 京都

2月24日(日) 18:00~ レセプション
3月10日(日) 15:00~ ワークショップ
※会期中にはトークショーも予定しております。

―――――――――――――――――――――――――――――――


プレスリリースはこちら
komiyaten_DMryomen_1

  • LINEで送る

2013年1月17日  イベント

明日(1/18)から開催します!

~周縁からのフィールドワーク展~


林洋子先生担当の美術史8で企画・運営される展覧会第二弾。
明日、1月18日(金)より「周縁からのフィールドワーク展」をギャルリ・オーブにて開催します。

本学美術工芸学科写真コース教授、小野規が10年ほど前からパリ郊外で撮影したシリーズ「周縁からのフィールドワーク」を基点に、「周縁」―うちとそとのあいだにあるあいまいな境界―にまつわるグループ展です。

写真、絵画、インスタレーション、音など多彩な素材やジャンルによる、視覚だけでなく聴覚、触覚、味覚をも刺激する展示にご期待ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――
◆出展作家 小沢さかえ、小野規、中川トラヲ、藤本由紀夫、山本基
◆会期 2013年1月18日(金)~2月2日(土)
◆時間 11:00~18:00(日曜日、1月30日は休館)
◆料金 無料

【オープニング・レセプション】
◆日時 1月18日(金)18:30
◆会場 ギャルリ・オーブ
―――――――――――――――――――――――――――――――
1207オーブチラシ
<搬入の様子>
130117オーブ搬入



美術史8ってどんな授業?
―――――――――――――――――――――――――――――――
本学のギャラリー「ギャルリ・オーブ」での展覧会企画・運営を実践する授業です。
企画、広報、展示、テキストの執筆、関連イベントの運営など、
展覧会を開催するために必要なノウハウを習得できます。


〈2012年度の授業風景〉
1207オーブ

1 23 24 25

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。