クロステックデザインコース

イベント

  • LINEで送る

2020年1月20日  イベント

1年生初めての展覧会:X Tech Design Exhibition

今回は現在開催中の1年生の展示会についてお知らせいたします。
「49人の個展、49チャンネル」をテーマに、1年生が初めての展示会に挑戦いたしました。

 

EOPPBQGVAAEkgCz

 

今回は自分の作品を作るだけではなく、展示レイアウト、キャプション制作、ポスター制作まで全て学生中心で行いました。
クロステックでは課題の多くがPCを使用して行われております。そのため、データを印刷してみたら思っていた色と違っていたり、ポスターを展示会場に貼ってみると全く見え方が違っていたりと、メディアが変わることで受ける印象が異なっていることにみんな驚いておりました。

また、作品を見やすくするために動線を確保したり、コンセントケーブルをモールに隠したりと、展示には作品以外にも様々なことに配慮する必要があるということを、学生たちはよく学んだことと思います。

 

DSC_0056-2

先生方からは「軽部賞」「中山賞」「平山賞」が出ています!

軽部先生の専門は企画で、中山先生は現代アート、平山先生はデザインなので、各賞に先生の個性が現れていて、こちらもまた注目です。

 

展示されている作品は映像以外にも、モデリングソフトBlenderで制作したモデル、デザイン性の強い作品、アートなどさまざまで、荒削りながら一年生が面白そうだと思うこと、学んで行きたいことの全てが詰まっている展示だと思います!

 

DSC_0182

水野亮太(福井県立敦賀高等学校出身)/ 「見えているのに見ていない」/ 2020.1

 

DSC_0132守田泰湾(都島工業高校出身)ACID GRAPHIX / 2020.1 

DSC_0206

蛭田康介(浜松開誠館高校出身)/New functionality /2020.1

 

DSC_0145

岸奈央(古賀竟成館高校出身)/ 嫌われ者との距離 / 2020.1

 

 

どんなことでも初めの一歩をやり切れることが大切。
今回の一年生は何度も失敗しながらも初めての展示を完成させたました。
素晴らしいと思います!

 

DSC_0130 (1)

 

もっともっといろんな方に観てもらい、様々な角度から意見をいただくことも学生の大きな学びにつながると思います。
お時間がある方は是非足を運んでみてください。

 

 

[X Tech Design Exhibition]

場所:望天館 BT41・吹き抜け
開催期間:2020/1/15-1/21
時間:Mon-Fri 16:30-19:30
Sat,Sun 10:00-18:00

 

 

*********************************************************
 
クロステックデザインコースでの日々の授業風景、
イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください!
 
twitter       Instagram

  • LINEで送る

2019年7月25日  イベント

真夏のオープンキャンパスを開催!

 

7/20-21に行われた「真夏のオープンキャンパス」にはたくさんの高校生や保護者の方にご来場いただきました。

クロステックデザインコースでは今回、「ボディスキャン体験」「分解ワークショップ」「バーチャルスタッフまとい」「VR体験」など様々なworkshopを体験いただきました。

 

DSC_0663

DSC_0618

DSC_0672

DSC_0633

DSC_0654

DSC_0657DSC_0747

おそらく多くの方がクロステックデザインって何をするコースなのかよくわからない! と感じていらっしゃるのではないでしょうか?

クロステックデザインコースではこれからのモノとサービスの関係、スタートアップを学べます。

さらに言えば、人の働き方や楽しみ方をデザインするコースでもあります。

デザインは色や形をただ綺麗にするだけのものではなく、それを見た人の行動原理を変えるためのもの。クロステックデザインコースではいわゆる「色」や「形」によって行動原理を変えるのではなく、「テクノロジー」によって人の生活をデザインすることに挑戦しています。

旅をするときにホテルだけではなく、Airbnbを使ったりしませんか?

ご飯を食べに行くときに、他の人のレビューを見られるサイトをチェックしていたりしませんか?

 

今や移動するのにはタクシーだけでなく、uberを使ったりレンタサイクルを使ったり、そしてそれらの予約は全てオンラインできるようになっていたりして便利になっていますよね。

ちょっと昔までそんなデザインはされていなかったはずです。

 

クロステックデザインコースはそんな風に今までなかったサービスやプロダクトを考えたり、実際手を動かして作ることを学べる場所です。

文系でも理系でも垣根を超えて、一緒になって学べます。興味のある方は是非!次回はいよいよ夏期コミュニケーション入学で、みなさんをお待ちしております!

エントリーは8/1(木) 17:00まで。
https://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_s/

 

 

 

クロステックの日々の授業風景、イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください!
Instagram     Twitter

  • LINEで送る

2019年7月10日  イベント

「一日体験入学」を開催しました!

7/7(日)のクロステック「一日体験入学」にたくさんの高校生の皆さんにお越しいただきました。

 

今回の「一日体験入学」ではARを使ってチームで動画を作ってもらいました。

DSC_0479

DSC_0440
ワークショップが始まる前に、先生方からワクワクする企画の作り方や技術を使って生活を便利にする考え方、ARを含めたXRについての説明がありました。ARは今やgoogle mapやポケモンgoなどでも使われている技術だったりします。

DSC_0538

さて、ワークショップに入っていきます!
今回のワークショップでは在学生と一緒に学内をフィールドワークし、「便利」と「ワクワク」それぞれのテーマをもとに、「便利」はARを使って誰かの役に立つアイディアを、「ワクワク」はARを使って楽しくなる映像コンテンツを作ってもらいました。

DSC_0557

DSC_0506

例えば、見学者や在学生、日本語学校の学生まで、京都造形芸術大学では色んな人が使う食堂。その使い方がいまいちわからないという意見から、並び方の情報を整理したアイディアをARで提示してみたり、少し閑散としているように感じるテラスをくじらやゴジラの絵を描いてワクワク空間に変えてみるといったアイディアが出ました。

DSC_0546

DSC_0526

クロステックデザインコースでは最新技術に加え、私たちの生活をもっと楽しく便利にデザインする方法を学んでいく授業を行っています。

新しいテクノロジーを使って新しいサービスを作ってみたい人、
誰かを楽しませる企画を考えていきたい人、技術力や発想力、リーダシップ等、グループ制作の中で自分の得意な分野を活かしていきたいと思っている人にはクロステックデザインコースがお勧めです!

 

次回は7/20(土)・21(日)の「真夏のオープンキャンパス」でみなさんをお待ちしております!

クロステックの日々の授業風景、イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください!
Instagram     Twitter

  • LINEで送る

2019年6月10日  イベント

「一日体験入学」を開催しました!

 

昨日6/9(日)は「一日体験入学」でした。

 

DSC_0564

クロステックデザインコースにも、たくさんの高校生の皆さんにお越しいただきました。

 

DSC_0724

100分間という限られた時間でしたが、アイディア出し方の講義や電子基板の組み立て、VR体験と様々な体験をしていただき、最後は「VR」+「〇〇」というテーマで新しいサービスや製品をグループごとにブレインストーミングして発表してもらいました。

 

DSC_0686

DSC_0653

DSC_0602

いろんな要素の体験を100分間に詰め込みましたが、クロステックデザインコースが技術とアイディアを組み合わせ、新しい視点でものごとを切り開き、制作していくコースだからです。

 

DSC_0619

最先端の技術に触れていたいけれど、技術屋さんになるのは少し違う。
アイディアはたくさんあるけれど、技術が一人では学びきれない。

 

自分の得意分野を見つけて、それを活かせるチームで新しいモノ・コトを作っていきたい人にはクロステックデザインコースがオススメです!

 

次回は7/7(日)の「1日体験入学」でお会いしましょう!!

お申し込みはこちらから

 

 

クロステックの日々の授業風景、イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください。
Instagram    Twitter

  • LINEで送る

2018年11月13日  イベント

鯖江市に研修旅行に行ってきました

11/9-10の一泊二日で福井県鯖江市に研修旅行に行ってきました!

前週に特別講義に来ていただいた福野泰介さんから伺ったお話の現場です。

 

鯖江といえばめがね!

まずはめがねミュージアムでめがねストラップ作りを体験です。

形を削って…IMG_4763

研磨機で磨いて…

IMG_4769

穴を開けて出来上がり!

IMG_4777IMG_4768

ここでは1日かけて実際のめがねも作れるそうです。

体験だけでなくめがねの博物館やショップも充実していてめがね好きには堪らないスポットでした。

小笠原先生と軽部先生も記念にパチリ!

IMG_4785

 

夕方には鯖江市役所にお邪魔して、鯖江市のオープンデータの活用や子どもたちへのプログラミング教育、全国の大学生が集まる地域活性プランコンテストなどさまざまな革新的な取り組みについてお話いただきました。

IMG_4792

なんと急遽、牧野市長も登場!

IMG_4790 (1)

 

宿泊はかわだ温泉にお世話になりました。

先生たちによるレクリエーションは予定を大幅に超えて23時まで、そして解散後も各々の部屋で賑やかに過ごして寝不足の学生が多かったようです。

R0006799IMG_4804

二日目はうるしの里会館での絵付け体験。

用意されていた下絵を使わず、オリジナルの絵柄を描く学生が多かったのは芸大ならではですね。

IMG_2736 (1)

IMG_4819

 

この辺りは古くから漆器や木工、焼物、和紙などものづくり産業が盛んな土地とのことで、工房が併設されている木製雑貨店のHacoaと県内外からセレクトしたプロダクトを扱うataWにもお邪魔しました。

IMG_4825IMG_4828

どちらのショップも商品はもちろんディスプレイや建物、空間全体がおしゃれ!

学生たちもいい刺激をもらったと思います。

 

新しいものをどんどん取り入れて官民一体で前に進んでいる感じがビジバシ伝わってくる鯖江。

これからも目が離せません!

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。