プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年1月8日  イベント

工場見学に行ってきました!

 

みなさま、あけましておめでとうございます!

 

みなさま年末年始はいかがお過ごしでしたか?

 

 

大学としては、今日から授業が再開しました!

学生達に聞いてみると、みんな思い思いの冬休みを過ごし、

良いリフレッシュになったようです◎

 

 

さて、以前ブログで紹介した、パッケージ制作を学ぶ授業の中で、

「日本写真印刷コミュニケーションズ」 という会社の工場見学に行ってきました!

 

 

***

 

まずは、印刷の成り立ちや版に関するレクチャーを受けます!

 

b

とても豪華な会議室・・・!

 

 

そしてレクチャーを受けた後は、

みんな帽子をかぶって、いざ工場見学!!!

 

a,c

↑ 学生が眺めているのは、襖絵!

 

日本写真印刷コミュニケーションズ では、

文化財や美術品を撮影し、複製する取り組みもされているそうで

その取り組みに関しても説明していただきました。

 

d

↑そしてこちらは、

印刷が施された布とLEDライトを組み合わせたパネル。

紙よりも色が鮮やかに発色し、また耐久性も高いため、

店舗やショールームの内装、電飾看板などの用途に適しているそうです!

 

 

 

そして他にも、

 オフセット印刷 という印刷方法の工程見学や

 画像のレタッチ(修正や加工作業)工程 も見学させて頂きました。

 

 

見学した学生からは、

“いつも何気なく見ている印刷物も、一つ一つ丁寧に作られていて驚いた”

“レタッチや文化財の複製の技術が凄いと思った”

といった感想が生まれていました◎

 

“印刷” と一言で言っても、普段目にするチラシなど身近なものから、

看板、文化財の複製に関するものまで、、、とても奥深いのですね!

 

e

今回の工場見学から、学生のパッケージのアイディアに

どのように反映されるのでしょうか!

とっても楽しみです!!

  • LINEで送る

2018年11月7日  イベント

OSAKA DESIGN FUTURE出展作品を学内で展示しています!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

先日ブログで紹介した、

グランフロント大阪で行われていた“OSAKA DESIGN FUTURE”への出展作品を、

人間館1階のラウンジにて展示しています!

 

 

b c

制作風景の写真や制作に使われた材料、試作段階のモデルなどなど

グランフロント大阪での展示とは一味違った展示を行っています

 

 

 

d

△こちらの写真は、最終の作品を作る前段階の試作モデルです◎

 

写真では分かり辛いですが、実際は最終段階の作品より小さいモデルです。

 

 

プロダクトデザインは、何度も何度も試作を作っては検証、

また試作を作って検証・・・

これを何度も繰り返すことで美しさや機能性を磨き

やっと商品として世の中に出されます!

 

そんなプロセスも、この展示を通して感じていただけたらと思います◎

 

 

e

 

展示は11月18日(日)まで

みなさまのお越しをお待ちしております!

  • LINEで送る

2018年11月3日  イベント

ハロウィンパーティーを行いました!!

 

 

みなさん、こんにちは!

10月31日と言えば、、、▼△ハロウィン▲▽ ですよね!

 

みなさんハロウィンはどのように過ごされましたか?

 

 

プロダクトデザイン学科では、

プロダクトの教室がある松麟館にて、▼△ハロウィンパーティー▲▽が開催されました! 

 

写真 2018-10-30 18 02 36

写真 2018-11-03 9 42 10 写真 2018-10-30 18 05 39

 

今年のハロウィンパーティーでは、後期から迎えた交換留学生との

交流も目的に、2年生が企画し開催されました!

 

 

なんとハロウィンパーティー中は日本語の使用禁止!

みんな一生懸命英語を話していましたよ

 

写真 2018-10-30 18 38 52 写真 2018-10-30 18 37 05

 

宝さがしゲームなども企画され、みんなとっても楽しそうでした◎

 

 

  • LINEで送る

2018年10月30日  イベント

「時計と人との新しい関係展」が始まりました!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

 

前回のブログでお知らせした、

ARTZONEでの「時計と人との新しい関係展」が、ついに開催しました!

 

もうすでにご来場いただきましたみなさま、ありがとうございます。

 

a_b

 

会場には来場した方へのアンケートを実施しており、この内容や

直接のご感想やご意見からフィードバックを得て、学生達は学びを深めています◎

 

 

 

展覧会の様子

 

c d e f

 

また、今回の展覧会「時計と人との新しい関係展」についての

サイトもオープンしました!

 

サイトはこちら → http://site-1526995-6545-9209.strikingly.com/

 

みなさんこちらも是非チェックしてくださいね!

 

 

 

会期は11/11(日)までです!

みなさまのご来場、お待ちしております◎

  • LINEで送る

2018年10月23日  イベント

「時計と人との新しい関係展」を開催します!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

夏休みが終わってから1か月程経ちますが、

夏休み期間中、プロダクトデザイン学科では大江孝明先生による

“デザインメソッドⅡ”という勉強会が行われていました!

 

 

***

 

デザインメソッドⅡについて

 

クリエイション(創造力)を磨き、そして駆使することで

デザインのテーマを発見することが第一のステップ。

そして、クリエイションを駆使して、表現と機能へとつなげていく力を養うのが

第二のステップです。

 

クリエイションって、意識して使わないと、磨けないものだと思い、

このような勉強会を開いています。

 

また、京造PD学科の良きDNAを上級生から下級生へ受け継ぐための交流を行います。

全学年が参加可能で、同じ課題に取り組みます。

同じ課題に取り組む中で、下級生は上級生から多くのことを学び、

上級生は下級生から多くの刺激をもらえるため、双方にとって人気のある勉強会です。

この勉強会を通して、京造PD学科の良き文化が継承され、

また醸成されて行って欲しいと願います。

 

制作の成果は展示し、フィードバックを得ます。

 

***

 

ということで、

今年のテーマは“時計”

 

時計と人との関係を改めて考え直し、新しい時計の在り方を模索し、

最終的には実際に使える模型まで制作しました。

 

 

▼夏休み期間中 勉強会の様子

 

b c d

 

今回の勉強会では、2年生1名、3年生3名、4年生5

そして精華大学から2名の学生が参加していました!

 

プロダクトデザイン学科の普段の授業では、最終成果物を

先生方に対してプレゼンテーションをし、評価をしてもらいますが

この勉強会では、プレゼンテーションを行った後、

先生・学生を含めた全員でディスカッションし、フィードバックを得ます。

 

 

e f

 

下級生・上級生・他大学に関わらず、みんなで白熱したディスカッション!

様々な意見が飛び交っていました○

 

学生達は得たフィードバックを元に

自身の作品に向き合い、練り直し、密度の濃いものに仕上げていきます。

 

 

g h

 

そしてなんと、今回の勉強会の成果は、

“ARTZONE”にて展示することが決まりました!

 

昨年度の成果展は学内での展示のみでしたが、今回は初めて学外にて展示します!

 

 

▼昨年度 学内での成果展の様子

 昨年度は、ボタンについての勉強会でした〇

 

i j

 

  • ■ 時計と人との新しい関係展 ■

 

  展示期間:10/27(土)~11/11(日)

      平日:13002000

      土日祝:12:3020:00

 

  出展作家
  大江 孝明(おおえ たかあき)
  仮屋﨑 良平(かりやざき りょうへい)
  東山 桐子(ひがしやま きりこ)
  原 脩造 (はら しゅうぞう)
  間地 美月(まぢ みつき)
  山田 龍平 (やまだ たっぺい)
  藤田 あいの(ふじた あいの)
  干場 はるな(ほしば はるな)
  吉田 夏奈子(よしだ かなこ)
  丸山 甲人(まるやま かんと)
  奥村 颯太 (おくむら そうた)*精華大学
  奥田 宥聡(おくだ ひろと)*精華大学

 

Print

 

展示は今週の土曜日からです!

 

市場ではなかなか出会えることのできない、

みなさんがあっと驚き納得するような時計にきっと出会えます。

 

お時間のある方、ぜひぜひご来場下さい。

1 2 3 13

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。