プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2020年1月24日  イベント

\\学内展示のお知らせ//

 

みなさん、こんにちは!

 

今回は、学内展示のお知らせです◎

 

現在、瓜生山キャンパスの人間館インフォメーション前にて

デザイン系5学科合同展を行っています!

 

DSC_0002

プロダクトデザイン学科からは、「サスティナブルデザイン論」という

サスティナブル(持続可能)なデザインについて学ぶ授業と、

MEDIA SHOPにて展示を行った「クリエイティブシンキングプロジェクト」

という2つの授業の展示を行います!

 

●●●

 

ーサスティナブルデザイン論ー

各地に展開されているD&D DEPARTMENTが考える

ロングライフデザインの定義を元に、新商品を想定した提案行います。

 

DSC_0003DSC_0005

▼ロングライフデザインの定義

 

1.  修理して使い続けられること

  1. 2. 作る側に愛があること
  2. 3. 計画的に生産されていること
  3. 4. トレンド、最新機能に依存しない事
  4. 5. 環境に優しいこと
  5. 6. 安全であること
  6. 7. 使いやすいこと
  7. 8. 価格が適正であること
  8. 9. 販売窓口に誠意があること

 

 

DSC_0009  DSC_0013

 

これ欲しい!と思えるような学生の提案が多数ありますので

是非是非ご覧ください!

 

 

ークリエイティブシンキングプロジェクトー

MEDIA SHOPにて行った「壁と人との新しい関係展」

学内にて行います◎

 

MEDIA SHOPの際とは一味違った展示になっています○

 

DSC_0036 DSC_0018

DSC_0020 DSC_0028 DSC_0044

MEDIA SHOPでの展示を見に行けなかった・・・という方も

ぜひぜひこの機会にご覧ください!

 

展示は1/28(火)までとなります。

皆さまのお越しをお待ちしております◎

  • LINEで送る

2019年12月20日  イベント

\はじめての1day!!芸大体験が開催されます/

 

みなさん、こんにちは!

12月も中旬、あっという間に2019年も終わってしまいますね。

 

 

さて、2019年最後には芸大生を1日体験できちゃうイベント、

“初めての1day!!芸大体験”が開催されます!

 

 

  •      ● 初めての1day!!芸大体験 ●

  ・日時:12/22(日)  受付開始:1100

              大学全体説明:1130

              体験授業:13451515 

  ・会場:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス

 

 

このイベントは、普段大学生が受けている授業を

ぎゅぎゅっと凝縮し、1日芸大生体験が出来ちゃう、というもの。

 

DSC_9865

DSC_9838 DSC_9829 

昨年度も行われたこの体験授業ですが、

前回はスマホケースのデザインをテーマに授業を行いました○

 

DSC_9889 DSC_9911

“はじめての”という名前の通り、

プロダクトデザインってなに?という方にも

少しでもプロダクトデザインについて知っていただけるような

授業を準備しています◎

 

今回の授業のテーマは当日のお楽しみです!

・体験授業の予約は→ こちら から

 

 

プロダクトデザインの世界に触れる第一歩!

みなさまぜひぜひご参加ください、教職員一同お待ちしています◎

  • LINEで送る

2019年12月18日  イベント

【お知らせ】学内にてリ・デザイン展を開催しています!

 

みなさん、こんにちは!

 

今回は展示のお知らせです!

 

現在、プロダクトデザイン学科の学生がいる校舎、

松麟館のPDサロンという教室にて展示を行っています!

 

DSC_0131 

 

“インタフェースデザイン論”という

上林先生がされている授業の受講生の中から有志6名が

展示を行っています!

 

 

***

 

アナログユーザーインタフェースの 

リ・デザイン展

 

 

 ミュージックボトルというユーザーインタフェースがあります。

 ガラスボトルの蓋をあけるとピアノの演奏が流れ、

 別のボトルを開けるとベースの音が流れます。

 これはトラックごとに曲を再生するというインタフェースを、

 ボタンではなくボトルを開けるという身体的なものに

 リ・デザインしたものです。

 前期集中授業のインタフェースデザイン論では、

 ユーザーインタフェースを人と人工物との関係性ととらえることで

 もっと自由にデザインできることを学びました。

 今回は受講生の中から6人の有志がそれぞれの切り口で

 既存のプロダクトを実践的にリ・デザインしました。

 PDサロンを小さな実験室に見立てて展示しますのでぜひご覧ください。

 

参加学生

 ・淺田篤人   ―押す前になってしまうボタン

 ・肝付兼哉   水を注いで明るくする

 ・眞目浩樹   油圧ショベルのアーム操作の身体化

 ・高柳ケヴィン ストローに見立てたペンスタンド

 ・藤代学    0の経験 60の経験

 ・湯田安樹   OVERFLOW―

 

***

 

DSC_0126 DSC_0114

 

松麟館4階のPDサロンという小さな教室にて

展示を行っています◎

 

キャプチャ

展示期間は012/23(月)まで○

 

分かりにくい場所ではありますが、

みなさま是非是非お越し下さい!

 

 

●● はじめての1day!!芸大体験のお知らせ ●●●●●●●●●●●

 

 いよいよ今月の22日(日)に授業体験が開催されます!

 大学での授業をギュッと凝縮!

 1日芸大生体験が出来ちゃいます◎

 

 ご予約は→こちらから

 

 みなさまのお越しをお待ちしています。

  • LINEで送る

2019年11月26日  イベント

「壁と人との新しい関係展」本日より開催しています!

 

みなさん、こんにちは!

 

前回のブログにてお知らせした「壁と人との新しい関係展」ですが、

昨日搬入作業を行い、いよいよ本日より開催いたします!

 

写真 2019-11-25 15 19 59  写真 2019-11-25 20 02 26

学生達は前回の最終発表から更にブラッシュアップをし、

より完成度の高いプロダクトたちが会場に並びました!

 

写真 2019-11-25 15 21 36 写真 2019-11-25 16 24 42

△搬入作業の様子

現場で色々と話し合いながら設営を進めていました!

 

写真 2019-11-25 20 02 44

写真 2019-11-25 20 03 06 写真 2019-11-25 20 01 55

とってもかっこいい展示になっています○

 

会期中は学生もしくは教員が在廊していますので、

作品の説明等、気になる事がありましたらお声かけください!

 

会期は12/8(日)までです!

みなさまぜひぜひご来場ください○

  • LINEで送る

2019年11月8日  イベント

\関西学生シンポジウムにて特別賞を受賞しました/

 

みなさん、こんにちは!

 

11月に突入して約1週間が経ちましたね!

年末はなんだか月日が経つのが早いように感じます◎

 

 

さて、先日行われた  “関西デザイン学生シンポジウム” という

シンポジウムに3年生の有志がグループとして参加し、

なんと特別賞を受賞しました!

 

b c

関西デザイン学生シンポジウムとは…

 毎年その時代を象徴するキーワードをテーマに取り上げ、

 デザイン使命は何か、デザインに何が出来るのかを考え、

 学生が発表を行う、公開プレゼンテーションイベント。

 

今年は

「多様性のデザインと新しい時代のユニバーサルデザイン」

というテーマでシンポジウムがひらかれ、3年生の有志5名が参加!

 

今年度の前期に行われたACTUS様との産学連携授業にて

提案したものを発表し、見事特別賞を受賞しました!

 

d e

 

学外での発表という数少ない機会の中で堂々とプレゼン!

特別賞を受賞したのです、すごい!!

 

 

今回の経験をバネに、今後も頑張ってくださいね!

 

 

●● お知らせ ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

 高校1・2年生対象の

 “はじめての1day!!芸大体験” が開催されます!

 

 「プロダクトデザインってどんなことを勉強するんだろう…」

 そんな疑問をお持ちの方、ぜひぜひご参加ください◎

 

 ご予約は→ こちら から

 

1 2 3 4 18

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。