映画学科

イベント

  • LINEで送る

2019年2月11日  イベント

本日映画学科卒業展「みかん座」で谷口崇さんのトークイベント開催!!

本日映画学科卒展「みかん座」で河谷忍監督『リベンジ!』上映後に、アニメクリエイターの谷口崇さんをお招きしてトークイベントを開催します!!

 

DyxdYDMVAAAg-I-

 

場所は「人間館」B1の「映像ホール」、14時開場、14時半開始です。

 

入場無料で、先着順となります。

 

 

河谷組『リベンジ!』は卒展で優秀賞を受賞しました。

 

谷口崇さんとのトークイベントにぜひお越し下さい!!

  • LINEで送る

2019年2月4日  イベント

「みかん座 卒業制作展2019」開催!!

映画学科の卒業展である「みかん座 卒業制作展2019」が2月9日(土)から2月17日(日)まで開催されます!!

 

キャプチャ01

 

場所は「人間館」地下1階の「映像ホール」と「高原校舎」です。

みかん座紹介

 

スケジュールは下記をご覧下さい。

 

上映スケジュール (バージョン 1)

 

ゼミ作品や自主制作品も上映されますので、ぜひお越し下さい!!

 

詳細は「みかん座 卒業制作展2019」をご覧下さい。

 

 

河谷組『リベンジ!』特報

 

 

行徳組『ブルースター』特報

 

 

萩森組『鳥かごの私たち』特報

 

 

よろしくお願いします!!

  • LINEで送る

2019年1月25日  イベント

「マイクを止めるな!」1回生ボイトレ公演終了!

1月24日、後期ボイストレーニング授業の集大成として合評公演がありました!

 

all_01_02

 

自分の持ち時間の構成を考え、それぞれの世界観を歌とともに表現しました。

 

kiba_jamie

 

kotone

 

小さなお芝居を交えて、場面づくりも工夫してみました。

 

matsumoto_yuri

 

観客の合いの手や掛け声もたくさん加わり、一体感のある時間となりました!

 

wink_02

 

緊張と興奮が交錯し、準備に奔走しながら、無事に公演を終えることができました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

 

all_02

 

 

  • LINEで送る

2019年1月17日  イベント

1回生ボイトレ公演『マイクを止めるな!』開催!!

1回生のボイス・トレーニングの授業「映画基礎VIID」(古川真穂先生担当)の合評公演『マイクを止めるな!~愛を歌おう~』が、1月24日(木)13時10分より高原校舎のAスタジオで開催されます。

 

02

 

1回生たちの授業及び自主トレの成果をぜひ見に、聞きに来て下さい!!

 

予約フォームはコチラですのでよろしくお願いします。

 

03

 

『マイクを止めるな!』のTwitterはコチラです!!

 

  • LINEで送る

2019年1月8日  イベント

1回生「白人ふぃるむ Shirouto-Film」初上映会!!

1回生自主映画制作団体である「白人ふぃるむ Shirouto-Film」の初の上映会である『2018年度白人ふぃるむ作品集』が1月19日(土)、20日(日)に高原校舎の試写室で開催されます!!

 

01[

 

【上映作品】

中林空監督 『実験映画作品集』(『幻想暴力奇譚』、『青年の深き内的世界』、『THREE LEGS』)

天木皓太監督 『溜息も出ない』

 

02

 

【日時】

1月19日(土)・20日(日)

両日とも14時10分開場 15時上映開始

※ 上映終了後質疑応答の時間を設けています

 

【場所】

京都造形芸術大学映画学科 高原校舎試写室

 

 

 

その他の詳細は「白人ふぃるむ Shirouto-Film」のtwitterをご覧下さい。

 

これからも現1回生である12期生たちの意欲的な作品にご期待下さい!!

1 2 3 35

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。