マンガ学科

2011年4月

  • LINEで送る

2011年4月7日  日常風景

「同じ時間」の「違う価値」

おいーっす。キョーガクでおま( ・ω・)∩

京都市内でもジョジョに桜が綺麗になりつつあります。桜って本当に綺麗だよねー。
やっぱり暖かくなってくると、元気も出てくるってもんですよ!!多分!!

さてさて、最近、ブログの記事が長い、ってクレームを職場内から受けているので今日はサラッと書いてみるYO!!
(しょーがないだろ!!履修登録の記事なんか、どうしても長くなるに決まっとるわいッ!!)

入学式が終わってから、各学科はそれぞれが別々の教室に分かれて学科オリエンテーションを行っていましたよね。
キョーガクも途中から、マンガ学科のオリエンテーション会場にもぐりこんで様子を伺っておりました。(途中で退出したけど・・・。)

そのオリエンテーションの中で、㈱海洋堂の宮脇修館長のお話がありました。
その中で館長が「ボクはマンガは読まないのだけど、白土三平の『カムイ伝』は読んだ。」とおっしゃっていました。
実は丁度今、キョーガクも『カムイ伝』を同僚から借りて少しずつですが読んでいます。だからでしょうか、館長が加えて話された「『カムイ伝』を描く上での白土三平の資料収集量の多さに驚愕」という点が、本当によく実感できました。
『カムイ伝』は、確かにマンガなのですが、その内容は江戸時代での封建社会の差別制度の中で生活する人々の生涯が描かれた内容で、ちょっとした歴史本のような内容なのでむちゃくちゃ読み応えがあるのです。

マンガを描くにあたっては、絵が上手なだけではダメ、ストーリー構成力だけでもダメ。物語の展開を進める上での取材や資料収集もしっかりと時間をかけて行わないといけない。
それは、ほとんどマンガを読むだけでは見えてこないかも知れないけれど、だからこそリアリティのある説得力の強いマンガが描けるのだと思います。

そして、それこそが正に牧野先生がおっしゃった「マンガ=マザーコンテンツ」と成り得る理由なのだと思います。

ちょいと新入生の顔ぶれを見に行こうと思って入ったオリエンテーション会場だったのだけど、宮脇館長と牧野先生の話を聞いただけですごい得した感じがしました。

そして、新入生の皆さん、本当に入学おめでとうございます。
大学を卒業するまで、まだあと4年間もあるけれど、たった4年間しかない。
年齢の差は埋められないけど、経験の差は縮めることが出来る。

君たちそれぞれの4年間という時間の価値を一体どこまで高めることが出来るか、キョーガクも陰ながら見て行きたいと思います。

  TO BE CONTINUED

(全然、サラッっと終わらんかった・・・。しょんぼり・・・。)

http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20110406000065(京都新聞より)

  • LINEで送る

2011年4月6日  日常風景

履修登録の簡単なおさらい

みなさん、どうも。こにゃにゃちわ。キョーガク、って言うじゃな~い?

新入生のみんなは、入学式の翌日から、すごい勢いでガイダンス続きで、頭が一杯なんじゃないでしょうか?
しかも、かなりタイトなスケジュールで今年1年の履修科目を選択して登録しなくちゃあならない・・・。かなりグレートにヘヴィな期間です。

4月6日が過ぎると、後はまぁ、なんとかやってけるでしょう。
ちなみに、4月7日(木)は健康診断や教材販売があります。
健康診断はコース別に時間が指定されていたりするので、よく確認して行動しよう。
(ちなみに、キョーガクは現在ダイエット中です。ほんとどうでもいい。)

そしていきなり4月8日(金)からは授業がスタートします。
まだ履修登録が完結していないままに授業がスタートしますけど、決してそれは間違いではないので、とりあえず、自分が計画を立てて記入し提出した「科目履修登録届(OCR)」の通りに授業に出席することになります。
(最終的にそれぞれの時間割が確定するのは4月27日です。それまでは数回に渡り、自分が提出したOCRの内容が正しく登録されているかの確認作業がありますので、絶対にこれを怠らないようにしましょう。)

特に、履修登録では、提出期日や提出場所がいろいろと指定されていますので、この点にも注意を払いながら自分の中でスケジュール管理をしよう。

その他に色々と注意事項を言われたよね?
「提出日間近になるとコピー機も順番待ちをしなくちゃならなくなるので余裕を持って」とか、「エントリー科目は、掲示板で自分の学籍番号を見つけて初めてOCRに記入できる」とか、色々言われたと思います。
一気にいきなり多量の説明を受けて全てを理解できる人も少ないでしょうし、分からない人もたくさんいると思いますが、そんなときはまずシラバスや履修登録ガイドで調べる。それでも分からない点などがあれば、遠慮なく教務窓口に直接聞きに行くようにしましょう。
※電話での応対はしてくれません。窓口の業務時間内に直接行って聞くようにしましょう。

と、まぁ、新年度最初ってのは、だいたいこんなもんです。
誰もが通らなければならない時期なので、がんばってね!!

  TO BE CONTINUED

  • LINEで送る

2011年4月5日  日常風景

ガイダンス ―4月6日編―

キョーガクです。はい。どんも。
新入生の皆さん、本当にご入学おめでとうございます。
大学合格は決してゴールではなく、ここからスタートする、という気持ちで頑張ろうぜ。

さて、ガイダンスの説明記事なんですが、本当はもっと色々と書きたいんですが、正直、忙しすぎてなかなか時間が(´ヘ`;)ごめんなちゃい・・・

とりあえず、4月5日なっちゃったので、次進みまっせ!!
——————————————————————————————————-
4月6日(水)
■10時~TOEIC Bridgeテスト(留学生は除く)■

→留学生以外の人は全員受けなければならない。これは、英語のテストだ・・・。
え?いきなり?と思うかもしれませんが、あせるな若者よ。
これは、まぁ、言うなれば新入生の英語がそれぞれどれくらいのレベルか、というものを見定めるためのテストです。
京都造形芸術大学では、英語の授業は必ず受けなければならない科目の1つなのですが、学生数が多いため、当然クラス分けをすることになります。
そのクラス分けをするときに参考にするためのテストです。
必ず受けましょう。

■13時~学科専門科目ガイダンス■

→これも全員受けなければならない。
4月5日には、芸術教養科目(全員が対象)のガイダンス資格過程科目(希望者のみ)のガイダンスがあります。これは、学科がどこであろうと関係なく、一律に同じ説明をするから、一同に集合してガイダンスを受けるのですが、各学科で行う授業は、当然学科ごとに内容が異なるため、学科生のみを対象にして学科教職員から直接ガイダンスを受ける、というのがこの学科専門科目ガインダンス。
これも重要な説明になってくるので、しっかり耳をかっぽじって聞きましょう。

■15時~奨学金ガイダンス(新規申込対象者/留学生は除く)■

→これは希望者のみが受ければよい。
が、経済的な理由により今後大学で勉強を続けるのが難しい、と予想される人は必ず受けましょう。
京都造形芸術大学が独自で実施する奨学金や日本学生支援機構の実施する奨学金の説明があります。
ただ、主立っては「日本学生支援機構奨学金」の説明となります。
ここで注意してほしいことは、この日本学生支援機構奨学金の申込方法が、これまた大変なのです。ややこしい、というか複雑というか・・・。
だから、「まぁ、家の経済状態もあんまりよくないし、奨学金でも受けとくかー。」というような軽いノリでは困ります。
しかも、申込をしたからと言って必ず奨学金が受けられるわけではありません
ここでいう申込とは、あくまでも審査
審査が通らなければ申込をしても奨学金が受けられません。
「申込を希望する場合は、このようにしてください。」という説明がありますので、これもしっかりと聞いておきましょう。でないと、後悔するぜ・・・。
※この奨学金ガイダンスはあくまでも新規申込の人が対象です。高校在学中に既に申込が完了していて、奨学金の受給が決まっている人は対象になりません。が、別に説明を聞いてもらっていても問題ありません。
自分は新規申込になるのか?と不安な方は、人間館1階の教学事務室にある「学生窓口」で確認してください。
——————————————————————————————————-

と、まぁ、4月6日の予定はこんな感じです。
要するに、どれも重要なガインダンスになるので、新入生の人はちょっと疲れるかもしれませんが、頑張って説明を聞くようにしましょう。
(それと並行して、履修登録の手続きもしないといけないので、結構大変よ、マジで。)

ここで、おさらい。
・履修登録関係で分からない点が出てきたら →教学事務室内の教務窓口へ
・奨学金関係で分からない点が出てきたら  →教学事務室内の学生窓口へ
・学科専門科目関係で分からない点が出てきたら →学科の教職員の人へ
・教務窓口、学生窓口ってどこ?って人は →誰でもいいから教職員の人を捕まえて聞いて
・その他、人前で聞きにくいことなどは →メールなどを利用して

分かりましたか!?
おぉ、なんて親切な記事なんだ。こんなブログ、他の学科では見られないぜ?(多分・・・)

と、いうことで、今日はこの辺で。

  TO BE CONTINUED

  • LINEで送る

2011年4月4日  イベント

入学式

今日は入学式。

マンガ学科の一期生となる学生たちとの初対面。
とはいいいつつも、入試に立ち会っている私はほとんどの学生の顔わかります。
だから心の中では「おかえり」とつぶやいてました。
みんなにふたたび会えてすごくすごくうれしいです。

海洋堂の館長も入学式に駆けつけてくれて、
お話をしてくれました。
館長は80歳を超えているにもかかわらず、過去の話ではなく未来の話。
館長の気力を少しでも吸い上げさせていあただき、
元気にならなければと思いました。

そしてブログまたサボってごめんない。

  • LINEで送る

2011年4月2日  日常風景

ガイダンス ―履修登録―

と、いうわけで。キョーガクです。

東北地方で起こった大地震の影響はまだまだ混迷を極め、様々な影響が連鎖的に膨らんでいるような気がします。
しかし、志賀先生もおっしゃっているように、負けたら負け。マンガは癒しのツール。
キョーガクも、いつまでも暗い雰囲気のまま、気を落としていられません。
頑張ってブログを書いて、学内の情報を綴って行きますよ!!

ということで、今日は告知していたとおり、入学式後のガイダンスについて。

すでに先週から、京都造形芸術大学内では、新年度作業として、在学生を対象に様々なガイダンスが始まっています。
健康診断に始まり、履修登録→やり直し→やり直し→やり直し、という感じで年度末から年度初めにかけてはもう、毎年恒例のような光景が広がっています。

これから入学式を迎える新入生の皆さんも、上記のようなガンダンスを入学式が終わってから受けてもらうことになります。

「健康診断」っていうのは、小中高でも学校で受けているので分かるかと思いますが、「履修登録」って何!?という人も多いはず。

履修登録」というのは、簡単に説明すると「履修(習い修める)授業を登録する」ということです。
そのまんまやないかいッ!!と思われるかもしれませんが、そのとおり、まんまのことです。

ほとんどの大学に共通することですが、大学っていうところは、決まりきった時間割というものはありません。
高校では新学期に先生から「時間割表」を配られて、ちょっと数学多くね!?とか思ったりした経験があるんじゃないでしょうか。
でも大学では「予め決められた時間割表を配られる」ということは無く、「自分で受けたい授業を選択し、組み立てて、時間割表を作成する」というところに高校と大学での大きな違いがあるのです。(ここまでは理解出来たかな?)

でも、日頃、京都造形芸術大学で繰り広げられている授業って、どんな授業があるのか、皆さんは詳しく知らないはずです。
そんな、京都造形芸術大学の授業一覧みたいな冊子が、ガンダンス開始時に会場入口で配布される「履修要項(通称:シラバス)」です。(画像参照)

新入生も在学生も、学生は全員、このシラバスを見ながら今年一年の授業を組み立てて、時間割表を作成するわけなんですなー。
おぉ!!ちょっとワクワク楽しみじゃない?

が、しかしッ・・・
この履修登録という作業、実際にはなかなか難しいのです。というか、ややこしいのです。
ただ単に、好きな授業を好きな時間にあてこんで行く、ということでは無いのよね・・・。

履修登録のルール、というものがあって、このルールを守った上で登録をしていかないと、後でトンデモナイ目にあうッ!!ということ。
そうなんです。
履修登録をしっかりとしないと、2年生に進級出来なくなったりします。当然、その分卒業も遅くなってしまいます。マジで・・・。

だから、そうならない為に、
4月5日(火)10時~ 春秋座にて
科目履修登録のガイダンス
があるわけなんですね。
「履修登録のルールや方法」「どうすれば卒業出来るのか」などなど、少々難しい説明を分かりやすく説明してもらえます。
だから、絶対に軽い気持ちで聞いていたり、寝たりしちゃダメ。
後で絶対に後悔します。

「後で友達に聞けばいいや」とか絶対に思わないように。
友達だって同じ新入生なんだったら、初めて体験することだし。

大学に来て常々言われること。それは「自己責任」という言葉。
自分のことは、自分でしっかりと責任ある行動をとりましょう、ということ。
履修登録も同じです。

分からないことは、質問すればいい。初めてのことだらけだから、分からないことがあって当然です。
大切なのは、しっかりと最後まで自分でやり遂げること・・・。

どんな場面でもこれは共通して言えることです。

4月4日、いよいよ入学式です。
不安なことや楽しみな気持ちもあると思いますが、締めるところはしっかりと締めて、カッコイイ大学生になりましょう。

  TO BE CONTINUED

※画像は、この前の卒業式の時に頑張って義援金を募る学生達の姿です。

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。