マンガ学科

日常風景

  • LINEで送る

2011年4月9日  日常風景

短く

キョーガクちゃん、
マンガとは「いかに文字を少なく表現するか」
という技術を求められるのだよ。

「ふきだし」の中なら「1行7文字以下」
10文字以上では一息に読めない。

ちなみにこういう書き込みでも
(要約筆記などではステージという)
1行は14文字以内、
「1ステージ内に4〜5行まで」と
決まっています。

それが人間が一瞬で捉えられる
文字情報の量なのです。

マンガなら絵と一緒に視覚で捉えるので
ふきだし1つに7文字4行位が
目安ですよ。

おっと、視覚言語論の講義に
なってしまった。
この続きは授業で。

関連記事

<539540541542543>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。