情報デザイン学科

2015年11月

  • LINEで送る

2015年11月16日  授業風景

寄藤文平さんご来校!!

 

 

情報デザイン学科 2年生の授業「社会研究1」は

さまざまな分野の第一線で活躍している方をお招きし、

社会に出てからの働き方や生き方について学ぶ授業です。

 

今回は、グラフィックデザイナー、アートディレクターとして活躍されている

寄藤文平さん(有限会社 文平銀座)にお越しいただきました!

 

 

寄藤文平さんといえば、

「大人たばこ養成講座」「死にカタログ」「元素生活」などの書籍や、

「家でやろう」「またやろう」シリーズで知られる東京メトロのマナーポスターなどで

すでにご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

Bunpei_Book_02_B_Shinikata          Bunpei_Book_04_B_Genso

<大和書房/2005年>                       <化学同人/2009年>

 

 

metro_Bzen_10_fix

 

 

講義では、デザインの仕事についてだけではなく、

仕事をするにあたっての社会と自分との向き合い方や、

今後のデザイン業界についてのお話もお聞きすることができました!

 

kuad04

 

休憩時間には、寄藤さんにサインを求める長蛇の列が…!!

 

kuad01

授業後半の学生リポーターによるQ&Aコーナーでは

学生たちの疑問にも分かりやすくお答えいただきました。

 

学生リポーターをつとめた槌橋さんからのコメントをご紹介します!

 

———-

 

学生インタビュアーとして参加させていただきましたが、

実際にお話をしてみると、普段描かれているイラストとはかなり違った印象を受けました。

普段本などのイラストから受けていた印象は、

やわらかくて、親しみやすさのあるイメージでしたが、お話ししてみると、

面白さと優しい口調のなかにしっかりとした芯があって、時には厳しいこともおっしゃって、

それが寄藤さんのいう釜(肋骨の下らへんにあるらしい)に通ずるものがあるように感じました。

「自分のなかにある釜の火を絶やしちゃいけないよ。」

自分をメラメラ燃やすことで自分を作り上げていく。

自分という芯を持っているというより、自分の芯を自分で作り上げている方だと感じました。

釜を元から持っているんじゃなくて、釜から自分で作っちゃうような。

 

kuad03

 

寄藤さんの言葉で

「世の中がどんどん変わっていくのはどうだっていい、

大事なのは世の中がどう変わっても自分自身がどんどん変わっていくこと」

とおっしゃっていたのが印象に残っています。

その話を聞いて鏡の国のアリスの「赤の女王」が作中で発した言葉を思い出しました。

 

「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない

(It takes all the running you can do, to keep in the same place.)」という台詞です。

 

「釜の火を絶やしちゃいけないよ。」

全力で走りつ続けるためのエネルギー源になる釜の薪の元になるものを探すために、

自分自身としっかりと向き合う時間を少しでも作ろうと思ったとても貴重な時間でした。

 

kuad02

 

イラストレーションコース 2年

槌橋 澪

 

 

———-

 

 

最初から最後まで興味深いお話ばかりで、あっという間の3時間でした。

これから社会に出ていく学生にとって

勇気づけられ、強く心に残る授業になったようです。

寄藤さん、ご来校いただきありがとうございまいた!

 

 

 

スタッフ:ハシジ

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

  • LINEで送る

2015年11月13日  授業風景

大学をラジオジャック!!

爽やかな秋晴れの日、3年生C領域の「総合演習ⅡC」(担当:毛原大樹先生)という授業内で、学生達によるラジオ放送が行われました!

 

10月28日(水)限定ラジオ番組「信号が青になりました」

img05377

放送開始前にはこの日の為に制作したフライヤーを配ったり、

_MG_2122

 

カフェスペースや大学随所にラジオを配置したり、、、_MG_2132

 

入念な準備を終え、、、いざ本番!

_MG_2196

DSC_0036DSC_0030

DSC_0034

生放送は笑いの絶えない和やかな雰囲気で進んで行きました。

 

以下、C領域の学生によるコメントです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回このラジオ放送を行った事によってラジオという物の良さを改めて多くの人に発信できたのではないかと思います。

カフェや喫煙所の一角に置いたラジオから発信した事によって、その場の雰囲気に溶け込んだ形で自然と人に聴いて貰えたので、自分達が見えない所でも誰かが聴いているかもしれないという面白さもありました。

この授業でクラスの人それぞれに違う役割を分担し、私は技術・音響班を担当しました。

趣味でやっていた音作りがまさかこんな形で活躍出来るとは思いもしませんでした。それぞれのメンバーの力が1つになったからこそ完成したラジオ放送だと感じています。

(情報デザインコース3年生C領域 / 技術・音響担当 黒川暢哉) 写真左

DSC_0072

・・・・・・・・・・

自分たちだけでラジオをつくって放送する、という授業内容をはじめて聞いた時からとてもわくわくしていました。放送日までにクラスのみんながそれぞれに、コンセプトを決め人や番組の流れを決める人、ブースをつくる人、音楽をつくる人などたくさんの仕事を分担して、みんなで協力しあって一つの番組を作り上げていくことは、クラスの絆も深まってとてもいい経験になりました。MCを任されて正直不安も多く、反省点もたくさんありましたが、とにかく楽しむことができたので良かったです!先生方やクラスのみんな、ゲストの原田祐馬さん、聞いてくれた人、みんなに大感謝です。

(情報デザインコース3年生C領域 / MC担当 片受 ちはる)

・・・・・・・・・・
今回、ラジオのパーソナリティーという重要な役割を任せてもらい、初めての経験で緊張しましたが普段通りリラックスして話すことを心がけたので、楽しくやることができました!そして人生で初めて”喋り疲れる”という体験をしました(笑)ラジオで喋るお仕事をしている人ってこんなに頭も体力も使うのか~というのと同時に、普段ラジオを聞いているだけでは知らなかった裏方の人たちの動きも見えて、改めてラジオがリスナーさんも含め、たくさんの人が関わってできていることを実感できました。異なる学科、学年の生徒や教員の方にも関わってもらえる他にない授業だったので、こういう活動が広まってくれると面白そうです。

(情報デザインコース3年生C領域 / MC担当 山田美法)

_MG_2179

 

写真左:山田/右:片受

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

当日の様子は大学の公式facebookページでも動画付きで紹介されました!!

 

京都造形芸術大学公式facebookページ「信号が青になりました」

 

文面や写真だけではお伝えできない、生放送現場の雰囲気や音響演出など、

(ごく一部ですが)こちらで是非ともチェックしてみて下さいね!

DSC_0116 DSC_0005

スタッフ/イトウ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

  • LINEで送る

2015年11月11日  ニュース

【告知】タイポグラフィ・グラフィックデザインの大御所、降臨!

 

情報デザイン学科では、タイポグラファー/グラフィックデザイナーの

ヘルムート・シュミット氏の特別講義を開催いたします。

schmid04

シュミット氏はポカリスウェットやMAQuillAGEのデザインなどを手がけられており、

世界中のデザイナーに影響を与える存在です。

今回の講義ではデザインの心得やタイポグラフィの役割をお話いただきます。

シュミット氏の創り出すなんとも美しいデザイン、

そのバックグラウンドにせまる大変貴重な機会ですので、是非足をお運びください。

 

本講義はdddギャラリーで開催中の展覧会「ニッポンのニッポン」 関連企画です。

そちらも合わせてご高覧ください。

 

 

ヘルムート・シュミット|Helmut Schmid 

1942年オーストリア生まれ。ドイツにて植字工の訓練を受けた後、

1960年代にスイス バーゼル造形学校にてエミール・ルダー(Emil Ruder)にタイポグラフィを学び、

各地で活動後、来日。以降、大阪を拠点に活動をしている。

主な仕事として大塚製薬 ポカリスウェット、エネルゲン、

資生堂 ELIXIR、IPSA、MAQuillAGEのデザインなど。

主な著作として『タイポグラフィ・トゥディ』(誠文堂新光社 1980,新版2003)、

『バーゼルへの道』(朗文堂 1997)、『japan, japanese』(朗文堂 2012)。

 

 

 

 

[特別講義〕

lecture_A4_01

日時|11月26日(木) 17:0018:30

講師|ヘルムート・シュミット氏

進行|佐藤淳 先生(情報デザイン学科)

場所|京都造形芸術大学 望天館1F B11ホール

※ 通訳付き

※ 聴講自由、一般聴講可

 

 

 

[展覧会〕

helmut-schmid-nippon-no-nippon-ddd-2015

会期|11月9日(月)–12月22日(火) 11:0019:00

   日曜、祝日休館

場所|京都dddギャラリー入場無料) 

 

 

スタッフ:モリカワ

 

 

—————— 記事カテゴリ一覧 ——————–

教員紹介 イベント ゲスト講義 情Dの日常

授業風景|1年生 | 2年生 | 3年生 | 4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

  • LINEで送る

2015年11月9日  授業風景

1年生授業風景

日に日に寒さが厳しくなっていますね。

今回は1年生の授業「コミュニケーション基礎Ⅱ」の様子を紹介します。

後期より、情報デザインコース、イラストレーションコースに分かれて、授業を行っています。

 

情報デザインコースでは、クラス毎に内容の異なる授業を、3週間のローテーションで行っています。

 

こちらのクラスでは、付箋のパッケージを制作しました。

パッケージの台紙だけでなく、ブリスターパック(透明なプラスチック部分)も掃除機を使った真空成形(バキュームフォーム)で手作りされています!!

_MG_2694_2

付箋以外のものは全て一から制作された物です。まるで売り物の様ですね!

「付箋」の固定概念に捕われすぎていない、目を引くパッケージのものばかりですね。

 

一方こちらのクラスでは、フリップブックを制作しています。

_MG_2665

フリップブックとは、パラパラ漫画のようなもので、写真を使ったアニメーションです。

パラパラめくると、みんなが楽しい動きをしています。

 

IMG_6121

きれいに製本をして、完成です!!

IMG_6133

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラストレーションコースではタングラムを制作しました。

 

タングラムは古くからあるパズルの一種で、正方形から切り取った7つの図形(ピース)を組み合わせて様々な図形や絵をつくるシンプルなパズルです。

今回はヨハネス・イッテンの色相環を使って配色します。

この制作を通して、直感力や総合力、図形感覚といった、形を見る力と構成力を学びます。

 

画像1

パズルそのものも作業もシンプルですが、それだけに丁寧な作業が仕上がりの美しさを大きく左右します。慎重に塗って、カットして、、レクチャーを受けながら、あせらずに作業を進めます。

画像2

そして完成がこちら!

画像3ランダムに散らすだけでなく、伝統的な並べ方もたくさんあります。

これからの制作でも配色や画面構成にいいヒントを与えてくれるかもしれませんね!

 

後期も中盤戦。風邪をひきやすい季節となってきましたが、寒さに負けず、どんどん新しい課題に取り組んで行きましょう!

 

スタッフ/ナラダテ・イトウ

 

 

  • LINEで送る

2015年11月6日  ニュース

卒業生がデザイン賞を受賞しました!

 

秋も深まり、京都もますます観光客でにぎわい始めた今日この頃、

今回は嬉しい受賞情報のお知らせです!

 

2015年3月に卒業したばかりの

中島 麻里さんが

日本新聞協会主催の

2015年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」にて

デザイン賞を受賞しました!

 

詳細はこちら!→

money_1030_02

「食」や「しあわせ」などの身近なテーマを、毎年1つピックアップし

新聞広告の活性化のためにおこなわれているこのコンテスト。

今年は「お金」がテーマということで、1,181作品もの応募があったようです!

 

受賞者の中島 麻里さんからも、コメントが届いています!

 

———————

 

2006年から始まった新聞広告クリエーティブコンテスト、

今年のテーマは「お金」でした。

お金というテーマについて考えはじめたときに頭に浮かんだのは、

ニュースでよく耳にする横領とか強盗といったネガティブなものばかりでした。

だからこそ暗い広告にはしたくありませんでしたし、

かといってキレイごとを言うほど世の中甘くはありません。

お金がすべてじゃない!というのはみんなわかっているのですが、

景気は上がったり下がったりで、

やっぱりあると気分が上がるし、ないと沈みます。

お金は今日もそうして世の中をまわっているんだなと思いながら制作しました。

 

———————

 

 

ふわふわと黄金の風船が浮き上がる様子が

楽しげでポップなイメージを出していますが、

「この世はマネーゴーランド」というキャッチコピーに

ドキッとおどろいてしまいますね。

 

大学を卒業し、社会で働きながらも

このようにコンテストに応募し活動している卒業生も

情報デザイン学科ではたくさんおられます。

限られた時間でも挑戦する気持ちを忘れないって大切なことですね。

 

中島さん、デザイン賞の受賞おめでとうございました!

 

 

 

スタッフ;ハシジ

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。