キャラクターデザイン学科

2018年4月

  • LINEで送る

2018年4月28日  イベント

2018年オープンキャンパス始まります!

 

こんにちは!

 

いよいよ明日4/29()は春のオープンキャンパスが始まります!

 

キャラクターデザイン学科の今年度オープンキャンパスのテーマは

「もっと近くで見てみよう!」です。

 

7869061130257

3回生古谷さんが描いてくれた教員の動物似顔絵です!

とっても可愛く描いてくれました!

 

 

また、キャラクターデザイン学科では「自分をキャラクター化しよう!」というワークショップを行います!

 IMG_2534

そのほかにも、アニメーション・CG・ゲーム・キャラクターイラスト・プロデュース

の5つの領域ごとの展示や、教員相談ブースなど盛りだくさんです!

 

先輩や先生のお話をゆっくり聞くことができる貴重な機会ですので

入試を受けるかどうか悩んでいる方も、

ちょっと興味があるなという方もぜひお気軽にお越しください!

お待ちしております!

 

 

オープンキャンパスサイトはこちら!

 

  • LINEで送る

2018年4月28日  イベント

「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン コラボカフェ」のお店づくりに協力しています!

京都造形芸術大学が特別協力している仙台のイベント、「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン」。当イベントでは「コラボカフェ」のお店づくりに協力しています。

デザイン(ものづくり)や企画・プロデュース(ことづくり)を日々学ぶキャラクターデザイン学科の学生たちが、その技術や知識・考えを生かしながらメニュー開発・店舗装飾の制作に参加しました。

 

422日から第2弾としてコラボカフェのメニューが変わりました。

学生たちのアイデアが散りばめられたメニューを前回に引き続き紹介させて頂きます!

 

 

「「最強」炭酸白鳥沢グレープジュース」

【最強】炭酸白鳥沢グレープジュース

 

 

〔メニュー説明〕

白鳥沢のイメージカラーをグレープジュースで表現。最強炭酸で王者らしさを演出し、カットされたリンゴは力強い翼を象徴しています。

 

〔メニュー開発に携わったキャラクターデザイン学科2回生の寶生早稀さん(大阪府立芦間高等学校出身)のコメント〕

何案ものアイデアを出しましたが、なかなか通りませんでした。しかし、通らないから落ち込むのではなく、「落ち込む時間があるぐらいなら、もう少し考える!」。それが自分の中で一番大切にしていた、メニュー開発に対する「気持ち」です。その気持ちがあったからこそ、粘り強く情報を集め、「知らずに、つくる」のではなく、「情報を整理してから、つくる」といった「ものをつくる力」そして、「自分の気持ちをつくる力」を身につけることができました。今後は自分の中で深めていこうと考えているCGでそれらの力を生かしていきたいと思っています。

 

 

「王者の風格モンブラン」

 王者の風格モンブラン

 

〔メニュー説明〕

白い羽を頂に置き、王者と呼ばれる白鳥沢の風格を存在感のあるモンブランで表現しています。

〔メニュー開発に携わったキャラクターデザイン学科4回生の水谷泉さん(大阪市立南高等学校出身)のコメント〕

はじめに、全員の目標とするところを定め、情報を共有してから始められたのでスムーズにメニュー開発に携わることができました。

自分の好きなものを作るのではなく、このデザートを食べて下さるお客様の目線に立って「アイデアを生み出す」ということは難しかったですが、様々な気づきがあり、楽しかったです。

このメニュー開発を通して、客観的に「もの、こと」を考える力を磨けたのではないかと思います。

 

 

次回のメニュー紹介もお楽しみに!!

 

 

ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン イベント詳細はこちら

http://www.j-haikyu.com/

 

 

©古舘春一/集英社

  • LINEで送る

2018年4月27日  イベント

「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン コラボカフェ」のお店づくりに協力しています!

京都造形芸術大学が特別協力している仙台のイベント、「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン」。当イベントでは「コラボカフェ」のお店づくりに協力しています。

デザイン(ものづくり)や企画・プロデュース(ことづくり)を日々学ぶキャラクターデザイン学科の学生たちが、その技術や知識・考えを生かしながらメニュー開発・店舗装飾の制作に参加しました。

 

422日から第2弾としてコラボカフェのメニューが変わりました。

学生たちのアイデアが散りばめられたメニューを引き続き紹介させて頂きます!

 

 

「「肉だろ!!肉を食え!!」木兎ワクワク弁当」

 

「肉だろ!!肉を食え!!」木兎ワクワク弁当

 

〔メニュー説明〕

木兎の好物焼肉と、赤葦の好物菜の花からし和えを組み合わせたお弁当。

ボリュームもたっぷりです!

 

〔メニュー開発に携わったキャラクターデザイン学科2回生の磯部里咲さん(静岡県立焼津中央高等学校出身)のコメント〕

漫画の中の物語とメニューをどのように組み合わせればいいのか、周りの友人の意見も参考にしながら進めていきました。

今までの自身の作品制作とは少し違う考え方で、一からメニューのアイデアを提案していくことで、「作品制作」「ものづくり」だけではなく、「ものとものを繋ぎ合わせる=ことづくり」に興味をもつことが出来ました。また、メニュー開発を通して『ハイキュー!!』のファンであった自分が『ハイキュー!!』のファンのことを考えるようになり、漫画を読む楽しみの幅が広がりました。

 

 

 

「音駒の特製ミックスジュース~脳が正常に働くために~」

 

音駒の特製ミックスジュース~脳が正常に働くために~

 

 〔メニュー説明〕

黒尾の好物のサンマイメージのクッキー、孤爪好物のアップルパイからリンゴを取り入れたミックスジュース。

ジュースの甘味であなたの脳が元気になるはず!!?

 

〔メニュー開発に携わったキャラクターデザイン学科4回生の新谷亜里紗さん(大阪府立山田高等学校出身)のコメント〕

日々学んでいる、アニメ・イラストなどに対しては「好き」「嫌い」のほかに「ここはあまり好きではないけれど、ここは好き」と少し曖昧な感動を楽しめる時があります。しかし、食べ物はその「曖昧な感動」が少なく、「好き」「嫌い」がはっきりしているものなので、これまでの「もの」を生み出したり、見たりする感覚とは一味違う「もの」に対する感覚・考え方の引き出しが求められました。

メニュー開発を通し、自分たちが求める味覚を深めていくことによって、自身の意見や作品を「発信する力」だけではなく、相手のことを考え、「受け止める力」の重要性を学ぶことが出来ました。

もともと好きな漫画『ハイキュー!!』を読む時間が「娯楽」から「メニュー開発の素材を自身に取り入れる時間」として、新たな楽しみに繋がっていくことが、とても新鮮でした。 

 

 

次回のメニュー紹介もお楽しみに!!

 

 

ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン イベント詳細はこちら

http://www.j-haikyu.com/

 

 

©古舘春一/集英社

  • LINEで送る

2018年4月25日  イベント

「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン コラボカフェ」のお店づくりに協力しています!

京都造形芸術大学が特別協力している仙台のイベント、「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン」。当イベントでは「コラボカフェ」のお店づくりに協力しています。

デザイン(ものづくり)や企画・プロデュース(ことづくり)を日々学ぶキャラクターデザイン学科の学生たちが、その技術や知識・考えを生かしながらメニュー開発・店舗装飾の制作に参加しました。

 

422日から第2弾としてコラボカフェのメニューが変わりました。

学生たちのアイデアが散りばめられたメニューを前回に引き続き、紹介させて頂きます!

 

 

「金田一のらっきょヘッドカレーパン」

 金田一のらっきょヘッドカレーパン

 

〔メニュー説明〕

青葉城西の金田一の顔をイメージ。好物のとうもろこしと、「らっきょヘッド」のらっきょを入れたこだわりのカレーパンです。

 

 

「伊達工の力の源 牛タンサンド!」

伊達工の力の源 牛タンサンド

 

 

〔メニュー説明〕

伊達工のバンチブロックをイメージして、仙台の名物牛タンを3枚挟みました!

イメージカラーの緑もあしらった食べごたえのある一品です。

 

〔上記2品のメニュー開発に携わったキャラクターデザイン学科2回生の安田結さん(石川工業高等専門学校出身)のコメント〕

1つのキャラクターがアニメ、ゲーム、WEBなど様々な媒体に展開される仕組み(ワンソース・マルチユースという考え方)を学ぶプロジェクトを経験したことがありましたが、なかなか自分のアイデアが採用されませんでした。その経験から自分でアイデアを固め過ぎず、おおまかなアイデアの流れをつくっておいて、様々な人たちの意見を柔軟に取り入れる準備をしておく重要性を感じました。ですので、今回のメニュー開発でも「省くところは省く」という考え方で、よりシンプルなアイデアをつくることを意識しました。これは日頃から専門的に学んでいるCGで作品をつくる時にも大切にしています。

 

 

次回のメニュー紹介もお楽しみに!!

 

 

ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン イベント詳細はこちら

http://www.j-haikyu.com/

 

 

©古舘春一/集英社

  • LINEで送る

2018年4月24日  イベント

「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン コラボカフェ」のお店づくりに協力しています!

京都造形芸術大学が特別協力している仙台のイベント、「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン」。当イベントでは「コラボカフェ」のお店づくりに協力しています。

デザイン(ものづくり)や企画・プロデュース(ことづくり)を日々学ぶキャラクターデザイン学科の学生たちが、その技術や知識・考えを生かしながらメニュー開発・店舗装飾の制作に参加しました。

 

422日から第2弾としてコラボカフェのメニューが変わりました。

学生たちのアイデアが散りばめられたメニューを前回に引き続き、紹介させて頂きます!

 

 

「みためはそっくりでも中身が違う!? 宮ツインズサンド」

 

 

みためはそっくりでも中身は違う!?宮ツインズサンド

 

 

〔メニュー説明〕

キツネの双子でラッピングしている生地の間には、バニラと黒ゴマアイスをサンドし宮兄弟を表現。2種類の味で双子の違いをお楽しみください。

 

〔メニュー開発に携わったキャラクターデザイン学科3回生の廣瀬瑠璃子さん(松蔭高等学校出身)のコメント〕

キャラクターデザイン学科でアニメーションを学んでいますが、見た人に自分の表現したいものを素直にわかりやすく伝えることを大切にしています。この思い、考え方が、実はアニメーションだけではなく、このようなメニュー開発にも深く関わってくることを知りました。また、個人制作ではなく、チームで作品をつくりあげるには話し合いがとても重要で、自分の意見が相手に伝わっているか、「確認」することも1つのデザインだと感じました。

 

 

 

「大王様の白ゴマムース」

 

 

 大王様の白ゴマムース

 

〔メニュー説明〕

青葉城西のユニフォームをさっぱりとした白ゴマムースと爽やかな味のゼリーで表現。

見た目も大王様の王冠風にアレンジしました。

 

〔メニュー開発に携わったキャラクターデザイン学科2回生の寺田玲奈さん(静岡県立袋井高等学校出身)のコメント〕

食べ物を「食べ物」としてだけではなく、漫画の内容をイメージさせる設定を「食べ物」にもたせることによって、メニュー開発もキャラクターデザインなのだと強く感じました。

先輩、後輩の枠を超え、チームで1つのものをつくる経験が出来、刺激的でした。

 

 

次回のメニュー紹介もお楽しみに!!

 

 

ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン イベント詳細はこちら

http://www.j-haikyu.com/

 

 

©古舘春一/集英社

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。