空間演出デザイン学科

2019年10月

  • LINEで送る

2019年10月25日  授業風景

【デザイン表現基礎A – SDコース -】パスタで制作!

 

 

こんにちは、空デ研究室です。

 

連日 雨が続いていますね。

せっかくの金木犀のいい香りも、もう終わりへと近づき寂しい気もしますが、

こうして季節が巡っていくのかと思うと、今年の冬も楽しみになってきています🌷

 

////////////////////////////////////////////////

 

 

さて、先日お伝えした空間デザインコースの『デザイン表現基礎A』ですが、

先週からパスタでプロダクトをつくる、というワークを行ってきました。

 

 

_DSC0066

担当は空デ卒業生で准教授でもある八木良太先生です  ▷site!

_DSC0058

 

パスタでモノを作るなんて初めてなのに、みんな初回からテキパキと制作していました。

グルーガンを使いながら接着していきます。

 

_DSC0060_DSC0056

_DSC0059

 

 

テーマは「 身につけられるもの 」

 

昨日の10月24日は、その合評でしたので作品も交えて紹介します○

一人ひとり前に出て、作ったものを発表し、黒い布の前で作品撮影を行いました。

 

 

 

▼パスタ映えのため、この日のドレスコードは「黒」!

 

いつもお洒落な空デ学生ですが、黒で統一されるとシックな雰囲気でまたカッコよかったです。_DSC0037

 

 

 

学生の作品を一部紹介します☆

 

 

 

 

 

 

実際に使えるバッグ                         

_DSC0006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽のヘッドホン

_DSC0011

グローブ                             

_DSC0025

ピーマンのヘタの帽子

_DSC0031

三角帽 / バングル / 指輪                       

_DSC0033

魔女の帽子 / ステッキ / ネックレス

_DSC0034

 

パスタが実に映える、、、!

 

女の子も男の子も、身につけるアイテムをそれぞれ制作!

パスタはとても脆いものですが、何本か束にすることで強度を増したり、1本使いでモノのディティールをしっかり掴んだり、お洒落でとても面白い作品が揃いました ^^ 

 

 

パスタでのワークも終わり、次回の面白そうな内容の予告をされていました、、!

 

こうしてものづくりにおける基本的な技術(平面、立体)について触れてみることで、ものをつくる手の動かし方のトレーニングを行っていきます

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年10月24日  授業風景

【授業紹介】中間合評【ファッション2回生】

 

 

 

こんにちは。空デ研究室です。

 

今回はファッション2回生「ファッションデザイン基礎ⅤA」の授業の様子を

紹介したいと思います!

 

この授業は、独自のコンセプト・テーマでワンルックを表現する進級制作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は中間合評でした!

 

 

ムードボードとデザイン画を用いてプレゼンです!

 

_DSC0014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0024

 

テーマが学生によってさまざまで幅広く、聞いている方は興味深いです ○

 

 

 

 

 

 

 

これからプレゼンをする機会が増えていきますが、

みんな緊張に負けず がんばってほしいです。

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年10月24日  授業風景

【空間表現演習Ⅰ】SDコース2回生

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

先日、0回生プログラムの開講式がありました!

夏と秋のAO入試にて合格された53人の新しい顔ぶれが揃いました。

 

春秋座にて開講式を、午後は学科に分かれてガイダンスを行いました。

これから共にがんばる仲間たちとの顔合わせ。すでに仲良くなってる子達もいたり、、、*

 

次回は初回登学日にあたる12月7日(土)。

みんながつくりだす作品が、今から楽しみです○

 

IMG_2394

IMG_2395

 

 

 

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

さて、今回紹介するのは空間デザインコース2回生の演習の授業です☆

 

   『 空間表現演習Ⅰ 』

 

前期から続くこの授業は、空間デザイン分野の表現技術を伴う領域を、木曜日に年間を通じて学びます。

後期はビジュアルプレゼンテーション領域(写真・編集・ブックメーキング)になり、その後期前半はカメラの技術を修得します。

 

ふだん見慣れた空間や毎日の現象をフレーミングして意図的に捉えていくことで、いつもは見いだせない何かが写真によって切り拓かれます。

そういった写真独自の表現世界を習得することをひとつの目標とします。

 

そのために、それらに必要な基礎的なスキル・表現手法を学び、質の高い写真を撮ることができる力を養います。

その上で、他者に伝えるソーシャルプレゼンテーションとしてどういった写真が必要か考え、応用していきます。

 

 

近年はスマートフォンのカメラの性能もよくなり、一眼カメラなしに綺麗な写真を撮れるようになりました。

しかしながら、3回生になるとポートフォリオの制作や、またプレゼンにおけるビジュアル表現はさらに重要になっていきます。

一眼カメラの技術だけでなく、表現方法としての視点を養います!

 

 

 

 

 

本日からストロボ実習が始まりました ^^

 

学科にもストロボ機材があり、この授業を履修することで空間デザインコースの学生は機材の貸出が可能になります。

自分の作品のブツ撮りはもちろん、ファッションコースの子の作品のカメラマンになることも可能です!

 

_DSC0155

 

 

担当は守屋先生と吉本先生

写真コースの先生もされているので、専門的なことを学ぶことができます!

 

▼レクチャーを行う守屋先生

_DSC0153

_DSC0170

これまでは各週にわたり、写真課題を提出してきたみんな。

教室には撮影したであろう写真作品が、、

 

_DSC0161_DSC0162_DSC0163

 

空間デザイン2回生の教室が模型作品もあり、一番賑やかな教室ですが、さらに壁面に彩りを添えていました、、!

(しかし教室整備は一応声をかけています、、、きれいに使ってね、、)

 

 

 

いざ、ストロボ撮影!

教室に撮影ブースができあがっていました!

 

_DSC0003

 

全身(手前)と、上半身だけ(奥)の2セットを組んで実践です。

先生の指導のもと、パシパシと撮影していきます。

 

 

_DSC0010_DSC0013

▲撮影写真を確認する学生と先生

 

 

イメージ通りに撮影ができているか、すぐにチェック。

みんな楽しげに撮影していました!

 

_DSC0014_DSC0020

▲先生が撮影される場面も(大集合)

 

 

 

奥のブースでは上半身メインの撮影をしていました!

 

撮りたいイメージを見つつ、モデルにポージングを依頼

細かい調整を繰り返し、イメージ通りに撮影できていました!

 

_DSC0031

_DSC0027

 

 

ストロボをはじめて触るみんなでしたが、すぐに修得していた様子。

なかなか触ることのない機材ですが、これを機に得意分野を増やしてもらいたいですね。

 

 

写真の授業は残り2回。

 

最終合評がとても楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年10月18日  授業風景

【空間デザイン3回生】あいだのレッスン2019

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

今回は空間デザインコース3回生のゼミ授業について紹介します!

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

3回生後期でもゼミに分かれて取り組む授業があり、

『 空間デザイン演習Ⅳ 』では2つのクラスに分かれて、卒業制作に向けての研究力強化のために、ソーシャルデザインの可能性を研究することを目的とし、プロジェクトに対するアウト・プットのあり方を新たに提案できる能力の修得を目指します。

 

こちらでは初回授業にて、各クラス担当の先生より授業内容についてガイダンスがあります。

学生たちはガイダンスで聞いた情報を元に、希望クラスを提出し取り組んでいきます。

 

 

今回はクラスBである原田先生クラスを紹介です○

 

 

 あいだのレッスン2019 

 

授業2回目の今回

お邪魔したタイミングでは、なにやらはかりに物を置いて重さを計っていました、、!

 

_DSC0008

 

「スマホ以外の持ち物を組み合わせて自分のスマホの重さを探る」というワークの最中でした!

 

 

_DSC0003

▲偶然持ち合わせたおにぎりを、食べることで重さを微調整

 

_DSC0007

▲紙コップを重ねて調整!紙コップのデザインがまた可愛い、、、

 

_DSC0012

▲こちらもパンを食べて微調整。減る重さを考えながらモグモグする姿も楽しい光景 ^^

 

 

 

_DSC0028

今年も担当は UMA / design farm の 原田祐馬先生 です

 

 

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

次のワークは「 文字神経衰弱 」

 

カードサイズの紙に「文字」と書き、記入したカードを隣のペアの人と交換。

もう一つの紙に、ペアの人の書いたの文字を真似て書きます。

 

_DSC0016

_DSC0021

_DSC0027

見て真似るのは簡単そうでなかなか難しい、、、

ペンも交換し、そっくりに模写します!

これにてトランプのような、ペアの「文字カード」が完成です!!!

 

 

いざ、神経衰弱

※紙が白くて白飛びしてますが、机の上に伏せて並べています 汗※

 

_DSC0034

_DSC0039

結構盛り上がりました!笑

 

勝敗がつくと、最後はカードをペア同士並べ見比べます。

 

_DSC0045

 

本物と模写されたもの、そっくりに書いたつもりでも、じっくり見ることで見分けがつきます。

模写した方は線が震えている、迷いがあるなど、違いを発見していきます。

 

_DSC0049_DSC0051_DSC0052

 

みんな楽しげ ^ ^

 

 

普段あまり意識することのないことに、集中力を働かせるのはいい発見に繋がります!

頭をやわらかくしつつ、どんどん新しい視野を広げていってほしいですね。

 

 

原田先生の授業は毎年とても刺激になる授業内容なので、これからの作品も楽しみです!

 

 

 

 

 

_DSC0020

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年10月15日  授業風景

【 デザイン表現基礎A -SDコース- 】信楽研修の焼き物が届きました○

 

 

こんにちは、空デ研究室です

 

大学周辺には台風による大きな被害もなく、いつも通りの学校生活です。

ぐんと肌寒くなってきたので、学生へは風邪に要注意と伝えております。。。

 

 

さて、紹介はできていないのですが、1回生前期には例年研修旅行として学外研修がります!

今年は滋賀の信楽へ参りました。

 

▼信楽研修、最終日での集合写真

_DSC0864

 

 

その際に陶芸の森にて陶芸体験をした1回生

 

▼陶芸体験の様子

DSC_0223

楽しくレクチャーしてくださるスタッフさんの指導のもと、黙々と制作!!

DSC_0240DSC_0258DSC_0245

▲▼先生方も真剣に陶芸と向き合われていました!^^ ( 左2人は1回生です )

DSC_0268

 

DSC_0291

ブロックだった粘土より手で成形し、絵付けを施すまでが陶芸体験でした!

みんなそれぞれにいい作品または器が完成★

 

 

 

この土色から、、、、、、

 

 

 

 

 

はい!

 

 

_DSC0071

こんな綺麗なクリーム色に!!

絵付けした色が優しく差し色になっていて綺麗ですね^^

 

_DSC0068_DSC0073

 

陶芸がはじめてだった学生がほとんどでしたが、割れることなく綺麗に焼きあがっていました○

みんなでじっくり鑑賞会

 

 

_DSC0074_DSC0078

 

焼き物は、後期の授業『 デザイン表現基礎A 』でのデッサンモチーフとなりました。

 

ファッションデザインコースでは、ファッションドローイングを描く回を紹介しましたが、

空間デザインコースでも物のデッサンから表現基礎の授業はスタートです!

 

 

まず、ものづくりにおける基本的な技術(平面、立体)について触れてみることで、ものをつくる手の動かし方のトレーニングを行います。

その後、基本的な知覚(見ること、聞くこと)について実験と制作を行い、最後に、身近な素材から始まるものづくりの手法について学びます。 

 

眼と手、つまり何かを感じるには知覚が、何かをつくるには技術が必要です。

この2つの基礎的な知覚と技術について実験と実制作を通じて学んでいきます!

 

 

 

 

 

▼最後に先生方の焼き物たち

 

_DSC0081

 

 

いい雰囲気ですね★

 

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。