キャラクターデザイン学科

2020年2月

  • LINEで送る

2020年2月12日  授業風景

Happy Elements様との連携授業

 ゼミ通

 

 

 

ゲーム開発会社Happy Elementshttps://www.happyelements.co.jp/)様との連携授業も今年で二年目。

「あんさんぶるスターズ!」「メルクストーリア」「ラストピリオド」といった

有名ゲームを手掛けてきた第一線のアートディレクターの先生方に本学までお越しいただき、

現場のノウハウを元に実践的な創作の授業を展開しています。

 

昨年度はグループに分かれてオリジナルのゲーム企画を立て、その企画書を作るところまでを授業の中で行っていました。

今年度は趣向を変え、表現力のアップを狙った強化授業として、個人制作としてのビジュアル制作に重きを置く形で実施しました。

受講者は、ゲーム業界でのイラストレーターやUIデザイナーを目指す学生12名。

30名ほどの受講希望者の中から、ポートフォリオの審査を経て選ばれました。

ゼミ通2

 

前期の授業は、予め用意されているゲームの企画書を読み込んでゲームシステムを吟味し、

そのゲームの世界観を表すコンセプトアートと登場キャラクターを描くという内容になっていました。

 

ここまでは以前「ゼミ通ヒーローズ」というゲームゼミのブログでも紹介しましたね。

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=106684

 

そして後期に入ると、前期で完成したビジュアルを使って実際のゲーム画面を想定して

UI(ユーザー・インターフェース)デザインを設計し、設定資料集を作成するという内容の授業を行ないました。

 

ゼミ通3

 

制作されたビジュアルは、ただ並べるだけではなく、初めて見る人にも伝わるように意識しながら紙面をレイアウトしていきます。

 

 

 

ゼミ通4

メニュー画面や戦闘画面など、ゲームの流れが伝わるように要所要所の画面を作り込んでいきます。

 

 

物語やキャラクターがあると、つい世界観に合わせたUIデザインを作り込んでしまう傾向があります。

もちろんそれは大事なことなのですが、そこはやはりゲームなので視認性や触りやすさを重視してデザインをしなければいけません。

今回のゲーム企画が和風テイストの世界観だったため、どうしても学生たちは和風のフォントやボタンのデザインに偏ってしまいがちで、

和柄背景と和風のフォントがぶつかりあってとても見にくい画面になってしまう場面も見受けられました。

ここらへんはHappy Elementsの先生方よりビシーッと注意され、ゲームのUIにとって一番大事なものを理解できた様子でした。

「美しいかどうか」ではなく「何をするゲームなのか」がちゃんと伝わらないとプレイヤーに対して不親切ですからね。

 

 

 

 

今年度はこれで終了となりますが、また次年度も連携授業を展開していきます。

 

 

 

  • LINEで送る

2020年2月10日  ニュース

京都造形芸術大学卒業展はじまりました!

こんにちは。副手の渡辺です。

 

「京都造形芸術大学卒業展 大学院修了展」が本日28()より開催となりました!

 

2月3()からの5日間に渡る怒涛の搬入の様子と、涙と笑いに包まれたキャラデ授賞式の様子をお伝えいたします!

 

搬入初日は朝から全員集合し、先生方も含めみんなで机とイスを外に運び出し、

パーテーションや展示台などを運び込みます。

パーテーションの塗りなおし、大型モニターなど展示備品を運び込みなどしていると、あっという間に時間が過ぎて行きます。

 

111111111 222222222222222 333333333333333 444444444444 55555555555513年生の学生もたくさんお手伝いに来てくれました!

 

搬入最終日の2/7()にはキャラデ授賞式が行われました。

6666666666666

3年生の加山嵩さん(兵庫県立宝塚東高等学校出身)による、オープニングムービーの上映から始まりした。

 

搬入期間中毎日撮影にきてくれていたので、雪の中の搬入なども思い返されて、こちらも感情が高まってしまいました。

さすがキャラクターデザイン学科!エンターテインメント!と大いに盛り上がったところで、ついに各受賞者の発表です。

 

77777777777777

【奨励賞】

ゲームゼミ コンプラサートヴィット ナッチャー・中西 由弥

「ぺなまじ」

8888888888888

【奨励賞】

イラストゼミ 野岸 大祐

「オリジン」

999999999999

【奨励賞】

グラフィックゼミ 海野 千尋

「TRaNS!」

101010

【奨励賞】

グラフィックゼミ 加藤 海

「平成のJK語」

Print

 

【奨励賞】

グラフィックゼミ 林 桃佳

「ILLVITA」

12

【奨励賞】

グラフィックゼミ 古谷 桃香

「縁環のリーベ」

13

【奨励賞】

ゲームゼミ 矢部 紘花

「白昼夢」

14

 

【奨励賞】

アニメーションゼミ 廣瀬 瑠璃子

「ひとでなし」

15

 

【奨励賞】

アニメーションゼミ 川口 華

「ふゆう」

16

 

【奨励賞・キャラデ特別賞】

アニメーションゼミ 上畑 真悠

「メテオ」

17

【奨励賞・キャラデ特別賞】

ゲームゼミ 王 吟賀

「桃夭」

18

【優秀賞】

ゲームゼミ 門瀬 菫・山中 楓

「contents!」

19

【優秀賞・同窓会賞】

ゲームゼミ 五十嵐 智哉

「LobtetLant Reminiscence」

20

【学長賞】

グラフィックゼミ 本田 真子

「Allure」

25

 

受賞した学生から一言コメントをもらいました。

22

 

先生方からの賞も発表され、賞品も授与されました。

22

23

24

 

先生と学生との絆に感動しました。

受賞されたみなさま、おめでとうございます!

また、本当にお疲れ様でした。

 

力作揃いの卒業展へ、みなさまお誘い合わせの上ぜひお越しください!

「京都造形芸術大学卒業展 大学院修了展」の詳細はこちら

 

サイトに掲載されているPRムービーですが、実はキャラクターデザイン学科のアニメーションゼミの学生が手がけています!そちらも合わせてご覧ください!

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。