大学院

2020年7月

  • LINEで送る

2020年7月6日  ニュース

第18回 広島国際アニメーションフェスティバル1次審査の講評が発表されました!

こんにちは、大学院準備室です。

今回の大雨では大きな被害が出ているとの報道、大変心配しております。

被災された地域の方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

第18回広島国際アニメーションフェスティバルについてのお知らせです。

世界4大アニメーションフェスティバルの1つに数えられ、(ASIFA)国際アニメーションフィルム協会やアメリカのアカデミー賞の公認映画祭でもある広島国際アニメーションフェスティバルの1次審査の結果が発表され、国際選考委員の選評も公開されました。今年の1次審査はデザイン領域の大西宏志先生が選考委員長を務めました。

・・・
第18回 広島国際アニメーションフェスティバル

top_main_2020a_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国際選考委員
https://hiroanim.org/04compe/committee/2020/

選考委員の選評
https://hiroanim.org/04compe/selection.php

 

第18回 広島国際アニメーションフェスティバル
https://hiroanim.org/

会期:2020年8月20日(木)~24日(月)

会場:JMSアステールプラザ

  (〒730-0812 広島市中区加古町4-17

 

主催:広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会、広島市、公益財団法人広島市文化財団

共催:国際アニメーションフィルム協会日本支部(ASIFA-Japan)

公認:国際アニメーションフィルム協会(ASIFA

 

  • LINEで送る

2020年7月1日  イベント

在学院生の展覧会(6/26-8/1)のお知らせ

こんにちは、大学院準備室です。

在学院生の展覧会情報をお知らせします。

お知らせする展覧会場では、ギャラリー空間の換気を行ってくださっているようです。

新型コロナウィルス感染症に熱中症に、ひとりひとりが気をつけて行動しましょう。

 

・・・

 

御村 紗也 Saya Mimuraさん(修士1回生)が、ディレクターズセレクション展「FOCUS -Four Painters-」に選出されています。会場写真は、御村紗也さんの展示風景です。

また、こちらの展覧会には、2013年修了生の和田 直祐 Naosuke Wada さんも選出されています。

 

 

 

ディレクターズセレクション展「FOCUS -Four Painters-」

mimura_03

 

 

mimura_01mimura_02

 

 

 

 

 

会期:2020.06.26(金) – 2020.08.01(土)

   OPEN : 火 – 土 | 12:00 – 19:00
   CLOSED : 日曜日、月曜日、祝日

会場:TEZUKAYAMA GALLERY

   〒550–0015 大阪府大阪市西区南堀江1–19–27 山崎ビル2F

ギャラリーHP:https://tezukayama-g.com/current-exhibition/

プレスリリース(PDF):FOCUS -Four Painters-

 

・・・

 

TEZUKAYAMA GALLERYでは、ディレクターズセレクション展「FOCUS -Four Painters-」を開催いたします。
今展では、ギャラリーでの展覧会企画を行っている各ディレクターが独自の観点でアーティストを2名ずつ選出し、紹介いたします。
手法やコンセプトも各々異なる4名ですが、共通して独自の表現方法を探求し、「絵画」を制作しています。
今後の活躍が期待される若手アーティスト4名の共演、是非ご期待下さいませ。

 

 

御村 紗也 | Saya Mimura
1997年、三重県生まれ。 現在は京都芸術大学修士課程に在籍中。
日に照らされてできた影、風に揺れる木々の音、肌で感じる温度、空気の香り。
日常に溢れる些細な情景や現象をドローイングや写真に保存し、更にシルクスクリーンやペインティングに置き換えて描き出すことで「刹那的な時間」を画面に留める。白昼夢のような浮遊感ある作風と、洗練された描線、柔らかな色彩が魅力的な作品だ。

 

 

和田 直祐 | Naosuke Wada
1983年、兵庫県生まれ。
2013年、京都造形芸術大学大学院修士課程芸術研究科芸術表現専攻ペインティング領域を卒業。
「グレーズ」という薄く溶いた絵具を幾層にも塗り重ねて表現する古典技法を参照し、それを現代的なメディウムに置き換えて制作を行う。光と空間をテーマにし、レイヤーを高透明の樹脂塗料を用いて構築することで、透過効果による流動性を伴う絵画の創出を試みる。幾重にも重ねられたレイヤーの形や色が、時間や場所によって変化する光を取り込み続け内部に内包する事で、鑑賞される度に作品は微量に変化する。

(ギャラリーHPより引用)

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。