大学院

ニュース

  • LINEで送る

2019年5月17日  ニュース

故相原信洋先生 映像個展開催

大西宏志先生よりお知らせです。

 

本学の元教授で、2011年に急逝した相原信洋先生の作品をまとめて見ることが出来る貴重な機会です。
相原先生は日本のアートアニメーションの先駆者で、現在も本大学院のデザイン領域で教鞭を執られている田名網敬一先生と共に多くのアニメーション作品を制作してきました。

このたび、すべての作品のデジタルアーカイブが完了し初期の1969年~1980年に制作された個人制作の作品が、河原町五条のルーメンギャラリーで上映されます。

 

会期:2019年5月25日(土)〜5月26日(日)

上映開始時間:Aプログラム 16時
       Bプログラム 18時

料金:1プログラム 1000円

ルーメンギャラリー:http://www.lumen-gallery.com/

〒600-8059 京都市下京区麩屋町通五条上る下鱗形町543 有隣文化会館2F

 

【上映作品】

 Aプログラム

 ストップ 3min(1969)
 サクラ 2min(1970)
 風景の死滅 15min(1971)
 山かがし 5min(1972)
 おしろい羽根 8min(1972)
 みつばちの季節は去って 8min(1972)
 初春狐色 11min(1973)
 赤いギヤマン 6min(1973)
 逢仙花 12min(1973)
 うるし 9min(1973)
 短距離ランナー 6min(1973)

 Bプログラム

 妄動 3min(1974)
 新禿山の一夜 6min(1975)
 ストーン No.1 5min(1975)16mmNew Print
 ストーン 8min(1975)16mmNew Print
 雲の糸 6min(1976)
 ライト 11min(1976)film installation
 カルマ 3min(1977)
 光 3min(1978)
 アンダー・ザ・サン 11min(1979)
 水輪 カルマ2 4min(1980)
 青マッチ 3min(1980)
 風蝕 3min(1980)
 Burnin’ 5min(1980)
 シェルター 7min(1980)

関連記事

<56789>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。