美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年7月18日  授業風景

【日本画】二回生 綿布 石膏地課題

こんにちは、日本画コースです。

先日、二年生の綿布課題と石膏地課題の合評が行われました。

 

綿布課題の方は、木枠に綿布を張り込み、兎膠でサイジング(にじみ止め)し、表からも裏からも描けるようにして「衣服」をテーマに制作してもらいました。

 

IMG_9820 IMG_9823 IMG_9835

 

普段の和紙を水張りして描いていく描き方とは全く違う描き心地に苦戦しながらも、各々持ち込んだ衣服を表現していました。

IMG_0287 IMG_0452 IMG_0294

 

また、綿布課題と同時平行で石膏地の課題もあり、こちらは「鉱石」がデーマでした。

パネルに綿布を貼ってそこにボローニャ石膏で下地を作り、日本画の絵具で鉱石を描いていくという課題です。

IMG_9927 IMG_0203 IMG_0169 IMG_0198

 

子どもの頃に集めていたきれいな石を持ってきて描く学生もいれば、大学の裏山から採ってきたゴツゴツの石を描く学生もいて、

バリエーションに富んだ作品が生まれました。

IMG_0539 IMG_0548 IMG_0546IMG_0552

 

「衣服」も「鉱石」も日常生活の中でありふれた物です。

そんなとりとめのない物から想像を膨らませて、どんなストーリーを生み出して、絵としてどう表現するのか。

今後3年生4年生になって課題のテーマの自由度が大きくなっていくにつれて「何を描いて良いかわからない・・・」

という事にならないようにするためや、社会にでてから想像力を働かせて人の気づかないところに気づいて仕事をしていくため、

などの思考のトレーニングであったりもします。

IMG_0567 IMG_0602 IMG_0571 IMG_0609

 

日本画だから和紙・・・だけではなく、

今回の課題で体験した布地や石膏など様々な表現の選択肢を広げて、今後も切磋琢磨して作品をつくっていってもらえたらと思います!

 

関連記事

<89101112>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。