プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年8月8日  授業風景

前期の締めは講評会!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

梅雨も明け、本格的に夏が始まりましたね!

気温も急に上がったので、みなさん熱中症には注意して下さいね○

 

 

さて、大学としてはも夏休みに突入しましたが、

学科では前期授業の最終回に 合同講評会 を行いました。

 

DSC_2018

今回はその講評会の様子をお届けします!

 

 

講評会では、先生方に向けてプレゼンテーションを行い、

意見や評価をもらいます。

 

DSC_1992 DSC_2029

↑こちらは1年生の講評会の様子。

入学後初めての講評会にみんな緊張しながらも

堂々とプレゼンテーションを行っていました!

 

DSC_1901

↑こちらは2年生の講評会の様子。

2年生は、バスの内装・外装・バス停の中から一つを選び

デザインをする、という授業の講評会です。

 

 

1 DSC_1887  DSC_1880

曲面が多く、作るのが難しいバスのモデルを

学生達は一生懸命制作・完成させていました!

 

 

DSC_1914DSC_2055 DSC_1921

↑こちらは3年生の講評会の様子です!

 

3年生になると、3Dのモデリングデータや映像などを活用して、

よりレベルの高いプレゼンテーションを行っていました!

 

 

***

 

 

この日に向けて学生たちは大学がしまるギリギリまで残って

制作を行っていました!

 

みんな講評会お疲れさま、よく頑張りました

 

 

先生方からもらった意見やコメントを励みに、

後期からの授業も頑張ってくださいね!

関連記事

<45678>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。