プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年9月14日  イベント

大瓜生山祭!学生作品展!!

 

みなさんこんにちは!

 

今日から京都造形芸術大学の大イベント!大瓜生山祭にて

学生作品展が開催されます!

 

 

学生作品展とは、3年生が企画・設営・運営を行う作品展です!

 

DSC_0012 DSC_0014 DSC_0020

↑搬入の様子

 

5日間もの作業・搬入を終え、無事に1日目を迎えることが出来ました○

今回の学生作品展のテーマは「ほどくデザイン展」です。

 

b

***

 

手で触れるもの、目に触れるもの。家具やノリモノにサービスも、

すべて、デザイナーからのおくりもの。2年学んで3年目。

使う人の事を考えて「ああでもない」と「こうでもない」を行き来して。

からめた紐をほどいて、わたしたちがつくった“モノとヒト”の展覧会です。

 

***

 

作品展では、3年生が前期に取り組んだ課題を展示しています!

今回はたくさんのモニターを使用するなど新たな展示の試みも行っています!

 

DSC_0003 (2) DSC_0010 DSC_0038 DSC_0009

みなさま、是非お越し下さい!!

 

●●●

 

また、学科対抗「フードコロシアム」もお忘れなく!

今年のプロダクトデザイン学科はフィッシュ&チップスを販売します。

 

DSC_0034 DSC_0035

 

店舗のデザインにもこだわり、学生たちは何日も工房にこもって

制作を行っていました!

 

とっても素敵な店舗デザインです!

 

プロダクトのフィッシュ&チップス!

みなさんぜひご賞味あれ○

関連記事

<2223242526>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。