プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年10月5日  授業風景

【授業紹介】クリエイション(想像力)を磨く!

 

みなさん、こんにちは!

 

最近朝晩がとっても涼しくなってきましたね、すっかり秋陽気です○

少し間が空いてしまいましたが、みなさんいかがお過ごしですか?

 

 

大学では、後期の授業が始まって2週間程が経ちました!

今回は授業の様子をお届けします。

 

DSC_0006 DSC_0003

何やらグループで話し合っています・・・

これは「クリエイティブシンキングプロジェクト」という授業の様子です○

 

 

この授業は、昨年度まで勉強会として行われていたものですが、

今年は集中授業として行われています!

 

・昨年度の様子は→ こちら から

 

 

***

 

クリエイティブシンキングプロジェクトについて

 

クリエイション(創造力)を磨き、そして駆使することで

デザインのテーマを発見することが第一のステップ。

そして、クリエイションを駆使して、表現と機能へとつなげていく力を養うのが

第二のステップです。

 

クリエイションって、意識して使わないと、磨けないものだと思い、

このような授業を行っています。

 

また、京造PD学科の良きDNAを上級生から下級生へ受け継ぐための交流を行います。

全学年が参加可能で、同じ課題に取り組みます。

同じ課題に取り組む中で、下級生は上級生から多くのことを学び、

上級生は下級生から多くの刺激をもらえるため、双方にとって人気のある授業です。

この授業を通して、京造PD学科の良き文化が継承され、

また醸成されて行って欲しいと願います。

 

制作の成果は展示し、フィードバックを得ます。

 

***

 

 

↓昨年度の様子

e c

一昨年のテーマは「ボタン」、昨年は「時計」でしたが、

今年は「壁」というテーマで授業を行っています。

 

 

授業をのぞいた時には、自分が考えてきたものをグループ内で発表、

フィードバックを得ているところでした○

 

DSC_0029 DSC_0036

↑授業を担当されている大江先生も自身のアイディアを発表!

学生からフィードバックをもらっていました○

 

 

この授業では、1-4年生の全学年が

授業をとることが出来ます。

 

下級生は上級生から色々な事を吸収出来ることが

この授業の醍醐味でもあります!

 

キャプチャ

昨年度までの勉強会に引き続き、今年も展覧会を行う予定です○

また詳細は後日お知らせしますのでお楽しみに!

 

 

関連記事

<89101112>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。