映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年10月20日  授業風景

個人発信の授業「映画演出プロデュースVI」授業風景

集団制作である映画の中でも、個人での発信能力を学ぶ授業=「映画演出プロデュースVI」(後期集中・鈴木歓先生担当)の授業が始まっています。

 

IMG_4661

 

10月19日(土)の授業では、「創造学習センター」で「写真」の授業を担当されている中山博喜先生をお招きして授業を行いました。

 

IMG_4670

 

この日の集中授業は1限から5限までですが、午前中は「写真」の歴史から、カメラの仕組み、露出とシャタースピードの関係などなど基本的なことを学びました。

 

IMG_4679

 

午後からは高原校舎内にある「フォトスタジオ」で、実際にモデルさんに来ていただいて、ストロボの使い方や、照明の当て方などを学び、みんなで撮影をしました。

 

IMG_4681

 

この日来ていただいたモデルさんは、俳優コース4回生の中田茉奈実さんです。

 

中田さんは来年公開予定の【北白川派】第7弾=山本起也監督『のさりの島』に出演しています。

 

IMG_4690

 

撮影後はレタッチソフトである「Adobe Lightroom」の使い方を学習し、最後に学生たちが撮影した写真をプリントアウトして、中山先生から講評を頂きました。

 

IMG_4697

 

次回のこの授業は、映画学科の卒業生である北林渚先生をお迎えして、フライヤーやポスターの作り方を学びます。

 

中山博喜先生中田茉奈実さん、ありがとうございました!!

 

関連記事

<678910>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。