文芸表現学科

学生紹介

  • LINEで送る

2019年10月23日  学生紹介

【在学生の活躍】『茂山逸平 風姿和伝』トークイベントの記事を作成しました!

瓜生通信 風姿和伝

右から、山本太郎先生、茂山逸平さん、中村純先生(写真:上杉遥)

8月21日(水)に京都岡崎蔦屋書店にて開催された『茂山逸平 風姿和伝 ぺぺの狂言はじめの一歩』のトークイベントについて、2年生・朝倉みなみさんがレポート記事を作成しました◎

 

記事は、中村純先生の進行のもと、狂言師の茂山逸平さん、ニッポン画家で美術工芸学科の山本太郎先生に、お二人の出会いのお話から、それぞれの分野についてお話いただいたイベントの様子が凝縮された内容となっています。

 

WEB版の瓜生通信に掲載されておりますので、ぜひご覧くださいませ◎

 

 

■瓜生通信Webマガジン版

「風姿和伝」現代ニッポンの古典芸能と諧謔(かいぎゃく)を語る- 茂山逸平×山本太郎

https://uryu-tsushin.kyoto-art.ac.jp/detail/573

 

 

 

 

 

 

 

『茂山逸平 風姿和伝 ぺぺの狂言はじめの一歩』は、茂山逸平さん監修のもと、中村純先生が企画・構成執筆・編集を担当され、逸平さんと息子の慶和さん親子の姿を通して、狂言の魅力を知ることができる一冊となっています。ぜひお手にとってみてください◎

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。