映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年10月30日  ニュース

赤松陽構造先生特別講義&ワークショップを11月3日に開催!!

既に7年目となりました、日本映画界の「題字」(タイトルデザイン)の第一人者である赤松陽構造先生の特別講義とワークショップが、11月3日(日)に行われます!!

 

赤松ひこぞう

 

赤松陽構造先生は『東京裁判』、『Shall we ダンス?』、『八重の桜』、『HANA-BI』、『菊とギロチン』など、数多くの作品の「題字」を手掛けてきました。

 

何もかもがデジタルの世界にあって、赤松陽構造先生は使用する筆記道具も一般的なペンや筆だけではなく、その作品の本質にあったもの(例えば木片やガラス、スポンジなど)を探し出し、書いていきます。

 

IMG_0247

 

去年同様、午前中は試写室において赤松陽構造先生の特別講義が、午後からかはTN11教室において実際に筆記用具を使用してのワークショップが行われますので、ぜひ参加してください!!

 

IMG_0258

 

この特別講義とワークショップで学んだことが、学生たちのこれからの作品に深く関わることになるよう願っています。

 

032

 

 

 

 

関連記事

<23456>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。