文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2019年12月5日  イベント

小林真世さん作・演出、舞台「真冬の夏のとむらいに」のお知らせ

S__1310766

 

 

 

12月6日(金)に行われる、演劇企画ハルモニアの新作舞台「真冬の夏のとむらいに」についてお知らせします◎

 
この舞台の作・演出を手がけたのは、山田ゼミ3年生の小林真世さんです。
彼女が主催する演劇企画「ハルモニア」の旗揚げ公演となった音楽劇『清廉の青』から二作となる今回は、

琉球民族楽器である三線の生演奏も加わる初の実験的現代劇とのこと。

  
 
みなさま、ぜひご観劇ください◎
  

 

 

 

S__1310768
『真冬の夏のとむらいに』作・演出 小林真世
 
真冬の沖縄の空に、蚊取り線香の煙が細く昇っていく。
夏にこの世を去った母親を想うカヨと、友人の悲しみに寄り添うサナ。
亡霊のようにつきまとう夏に囚われたカヨの生活に、
特別なことは何一つなかった。
ただ、静かなかなしみがそこにあり続けるだけで。
やがてたった一言で、夏の真の終わりを迎える。
 
琉球民族楽器・三線の生演奏と共にお送りする、ハルモニア初の実験的現代劇。
 
 
作・演出 小林真世
出演 小林真世 山本佳穂
制作助手 青木梨理花
宣伝美術 

 

 

 
◾️ハルモニアとは
京都造形芸術大学の学生を中心に、「未来につながる演劇を」をモットーに結成された企画。
2019年3月、音楽劇『清廉の青』にて旗揚げ。それぞれの個性や技術で調和され、フレッシュな演劇をお届けします。
 

 

 
日時 2019年12月6日(金)19:30〜(受付は19時より)
会場 喫茶フィガロ
   〒606-8237 京都府京都市左京区田中上大久保町13−2 ネオコーポ洛北1階
料金 ワンドリンクオーダー(500円)+カンパ制
ご予約フォーム https://www.quartet-online.net/ticket/mahuyu
(ご予約の受付は12月5日(木)の24:00までとなります)
お問い合わせ Mail/harmonia.stage@gmail.com
       Twitter/@harmonia_stage
 
 
 
 
 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

関連記事

<2122232425>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。