キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年12月12日  ニュース

北村龍平監督の特別講義が行われました!

11月29日(金)、「映像技法」の授業にて、映画監督である北村龍平先生の特別講義が行われました。

実写映画「ルパン三世」「あずみ」等、数々のヒット作を生み出してこられた北村監督には、
毎年キャラクターデザイン学科にお越しいただいています。
今回は司会進行に村上先生、そして映像技法の授業をご担当いただいている山岡先生と
北村監督との対談形式で講義が進められました。

 

_MG_0036

最初に北村監督のこれまでのご活躍を振り返る軌跡をプロモーションビデオを拝見。

そして「あずみ」や「ダウンレンジ」の制作の振り返りから始まり、制作者として常に大切にしておられる事を、
学生にも分かりやすい形でたくさん語っていただけました!

 

「失敗してもいい。ストーリー、キャラクターを描けと言われたら描く。」

 

「モノを作る上で、ネガティブとか覇気がないのはダメ。

ただしネガティブになるなら徹底的に。追求したら結果的に良いものができる。」

 

「僕が言うコミュニケーション能力=社交性ではない。

助けてくれる人と、がっちりモノを作れるか。人間は自分一人だけでできる事は何一つない。

僕は今まで沢山の人間に助けてもらってきたけど、なぜ助けてもらえたかというと、

周りに極めて明確に『僕はこうしたい』と伝えてきたからです。」

 

2

↑これまで積み重ねてきたご自身の経験から、熱い想いを語られる北村監督。

 

3

↑山岡先生も北村監督のお話に熱く耳を傾けられ、ポイントとなるワードをホワイトボードに書き出していきます。

 

授業後半は、監督にとっての「人間力」についてお聞きしました。

「人を巻き込む力。上辺じゃなくて本気なんだとアイデアを出し、真実性を見せること。
簡単に言うと『可愛げ』。」

 

まず「作りたい」という意思を見せ、そして「何を作りたいか」を明確に伝えることによって、

周りの人間もついてきてくれると話される監督。

学生へのメッセージとして
「皆さんも人間力を磨いてください。いつか一緒に仕事をしましょう。」
という温かいお言葉もいただけました。

 

そして授業の最後には、北村監督の新作映像の一部をいち早く発表。
映像を見た先生や学生の席からは思わず感嘆の声も漏れました。

今後のご活躍にますます期待が高まります!

 

 

4

 

「人間力」を養うことがコミュニケーションを広げ、結果的によい作品づくりに繋がる。

今回の講義は学生にとっても大きな勉強になったのではないかと思います。

北村監督、この度はご多忙の最中のご来学、本当にありがとうございました!

 

 

○●北村龍平監督 主な作品プロフィール●○

2001年、ウルトラバイオレンスアクション「VERSUS -ヴァーサス-」でデビュー。

その後

「スカイハイ 劇場版(2003年)

「あずみ(2003年)」

「ゴジラ FINAL WARS(2004年、東宝)」

「ルパン三世(2014年)」

「ダウンレンジ (2017年)」

等、数多のヒット作を手掛けている。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

関連記事

<3435363738>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。