プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年12月18日  イベント

【お知らせ】学内にてリ・デザイン展を開催しています!

 

みなさん、こんにちは!

 

今回は展示のお知らせです!

 

現在、プロダクトデザイン学科の学生がいる校舎、

松麟館のPDサロンという教室にて展示を行っています!

 

DSC_0131 

 

“インタフェースデザイン論”という

上林先生がされている授業の受講生の中から有志6名が

展示を行っています!

 

 

***

 

アナログユーザーインタフェースの 

リ・デザイン展

 

 

 ミュージックボトルというユーザーインタフェースがあります。

 ガラスボトルの蓋をあけるとピアノの演奏が流れ、

 別のボトルを開けるとベースの音が流れます。

 これはトラックごとに曲を再生するというインタフェースを、

 ボタンではなくボトルを開けるという身体的なものに

 リ・デザインしたものです。

 前期集中授業のインタフェースデザイン論では、

 ユーザーインタフェースを人と人工物との関係性ととらえることで

 もっと自由にデザインできることを学びました。

 今回は受講生の中から6人の有志がそれぞれの切り口で

 既存のプロダクトを実践的にリ・デザインしました。

 PDサロンを小さな実験室に見立てて展示しますのでぜひご覧ください。

 

参加学生

 ・淺田篤人   ―押す前になってしまうボタン

 ・肝付兼哉   水を注いで明るくする

 ・眞目浩樹   油圧ショベルのアーム操作の身体化

 ・高柳ケヴィン ストローに見立てたペンスタンド

 ・藤代学    0の経験 60の経験

 ・湯田安樹   OVERFLOW―

 

***

 

DSC_0126 DSC_0114

 

松麟館4階のPDサロンという小さな教室にて

展示を行っています◎

 

キャプチャ

展示期間は012/23(月)まで○

 

分かりにくい場所ではありますが、

みなさま是非是非お越し下さい!

 

 

●● はじめての1day!!芸大体験のお知らせ ●●●●●●●●●●●

 

 いよいよ今月の22日(日)に授業体験が開催されます!

 大学での授業をギュッと凝縮!

 1日芸大生体験が出来ちゃいます◎

 

 ご予約は→こちらから

 

 みなさまのお越しをお待ちしています。

関連記事

<910111213>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。