舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年6月15日  授業風景

ZOOM演劇 はじめます!

 

 

こんにちは、

舞台芸術学科研究室です。

 

今回は舞台芸術学科のオンライン授業の様子をお伝えします。

 

 

平井先生による演技演出コースの授業お邪魔しました。

まずは教室の様子を。

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラにモニターに配信機材、、

オンライン授業が決定してから一カ月ほどの間、

オンライン化のため環境を整えるのはなかなか大変でしたが

(映像を配信するためのキャプチャーボードは今もまだ品薄!購入できて本当にラッキー!)

無事に前期授業を始めることができました。

 

 

 

本日の授業は学生が一人ずつモノローグを発表していくという内容だったようです。

画面のむこうの学生の演技を指導していきます。

ストレッチや身体の動かし方のレクチャーを画面越しに伝えることも多いようです。

 

 

 

 

2 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平井学科長は今この時期だからこそ

新たな演劇の在り方を考えることが出来るんじゃないかと

前向きに考えている、とおっしゃっていました。

 

 

 

ZOOM演劇において現状難しいところは

”目線を合わせる”ことだそうです。

相手にむかって感情をぶつけ、それを受けた相手がまた感情を返す。

演技において重要な要素をどうカメラ越しに行うのか。

あらたな演劇を生み出す課題になってくるのかもしれません。

 

 

 

 

オンライン授業がはじまりもうすぐ一カ月ほど経とうとしています、

大きな問題も起きず行えているのは

受講環境を整えてくれた学生のみなさまの協力あってこそです。

 

梅雨にはいって気が滅入りそうなところですが

研究室では引き続き授業のサポートをしていきますので、

少しでも楽しく前期授業を乗り気りましょう!

 

 

 

 

 

おまけ

最近研究室に入ってくるようになった猫です。

とにかくよく寝ています。羨ましい限りです。

 

 

 

IMG_6414

 

 

1280x720_topgb_03132

関連記事

<45678>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。