文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年7月23日  ニュース

瓜生通信編集部、発足

 
大学広報誌『瓜生通信』の59号が発行されました。『瓜生通信』はこれまでも学生が参加しつつ、芸術編集研究センターが中心となって編集を行なってきましたが、今号からは「瓜生通信編集部」が正式に発足し、学生が編集長となって企画・取材・原稿執筆・編集・デザイン作業を担っています。アートディレクションも新しくなり、本の開きや文字組みも、これまでの右開き・縦書きから、左開き・横書きへと変更されました。特集記事は「林海象と彌勒」です。
 
130723_01
表紙をペラッとめくると、赤い奥付けがあらわれて、かっこいい。
 
130723_02
編集長の谷口聡一くん(文芸表現学科3回生)をはじめとして、エディター、ライターに文芸表現学科の学生の名前が並んでいます。責任編集「わたし」として1冊の本をつくることも面白いと思いますが、出版期日が決まっていて、ミッションが決まっている本を、チームとして編集していく過程で学ぶことはたくさんあると思います。
 
大学はもうすぐ夏休みですが、編集部の皆さんはすでに次号の企画に取り組んでいるようです。暑い日がつづきますが、がんばってください。
 
130723_03
 
 
(文・たけうち)

関連記事

<299300301302303>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。