空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年7月13日  授業風景

1回生の登校可能日!

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

涼しい日が続きますね。雨続きで大変な被害のでている地域もあります。

ここ最近は、いつも通りに過ごせることは幸せなことだなと痛感する毎日です。

 

街に出るとマスクを着用した人がほとんどで、「新しい生活様式」が定着しつつあるように感じます。

 

 

学科ガイダンスや、授業の中で学科長である廻先生も「新しい生活様式」について触れられていました。

デザインを学ぶ私たちですが、そんな私たちだからこそ世界の動きに敏感になる必要があると思いますね。

 

 

 

さて、上回生に引き続き、先週の8日(水)に1回生の登校可能日が実施されました!

 

集中的な大雨により、急遽オンライン参加となった学生さんもいましたが、半分以上の1回生が登校してくれて、改めての顔合わせとなりました!

あくまで登校可能日という枠組みでの大学開講でしたので、あまり発言を要しない授業内容に調整いただき、

空間デザインコース・ファッションデザインコースそれぞれでの開講となりました◯

 

 

▼ファッションデザインコース

_DSC0001_DSC0005

 

ファッションデザインコースでは、前期前半では伊藤先生による縫製の授業でしたが、

先週から、前期後半担当のジュエリーデザイナーである小島先生へバトンタッチのタイミングでした。

 

 

 

▼空間デザインコース

_DSC0049_DSC0045

 

空間デザインコースでは製図の基本授業です!

 

家成先生と土井先生お2人での担当になりますので、Zoom参加者・リアル参加者と分担されて対応されていました。

 

 

 

 

教室のキャパもあり、今回は1席に2人で着席してもらいましたが、

授業前の手指消毒や授業後の消毒作業など、みんなに協力してもらい、無事に1回生も登校可能日を終了することができました。

 

 

 

本来であれば1回生といえど、自由に使用できる学科教室ですが、

なるべく早く皆さんにこれまで通り利用してもらえるよう、大学全体で準備を進めております!

 

本日13日(月)からは事前申請によってではありますが、個人制作に限り、施設の利用が可能になりました!

 

3回生もゼミ課題や、ブランド制作など特殊教室を用いて制作する課題がたくさんあります。

授業課題は、ミシン縫いをしなくてもいいようになどカリキュラムを調整していただいていますが、やはり完成させたい気持ちはつきもの。

意欲ある学生さんばかりですので、できるだけサポートしたいものですよね!

 

 

 

 

 

消毒作業や禁止事項など新しいルールもありますが、

皆さんが安全に、健康で制作に取り組めるようにサポートしていきます!

 

 

 

 

 

0705,0802OC_画像

 

●空間演出デザイン学科  8/2 体験授業型オープンキャンパス●

 

空間デザインコース/ファッションデザインコース

 

8月2日の体験授業型OCは対面式も実施いたします!

 

しかし対面式の方はすでに満席!ありがとうございます!

オンライン参加はまだ枠がございますので、お早めに!

 

未来の空デ生に会えること楽しみにお待ちしております!

 

→→ check!!!

 

関連記事

<1314151617>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。