空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年7月22日  授業風景

【授業作品紹介】ファッションデザインコース2回生

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

本日は2回生の授業作品を紹介します!

 

 

 

ファッション表現演習Ⅰ

 

オンライン開講ではありますが、授業によっては課題を郵送にて提出してくれています。

その中でも、ファッションデザインコースの2回生のこの授業では、毎年あるアイテムを素材として捉え制作しています。

 

昨年は『 靴下 』でした。

高校生の皆さんはお馴染みのアイテムだと思います。

そう、白い靴下を素材として扱われていました。

 

 

今年は何かと言うと、、、

 

 

 

『   ガムテープ   』 です!

 

 

 

梱包の時などに使う、丈夫な布ガムテープ。

 

布ガムテープですが、今やいろんなカラーがあるのはご存知ですか?

100円ショップなんかにも並んでますよね。

 

その布ガムテープがどんなアイテムになったか、一部を紹介していきます!

 

 

。。

 

余談ですが、

研究室から授業開始の際に教材を郵送したのですが、その時にもガムテープを同封しました。

『白』と『黒』のガムテープ。

それらが、このように変貌したと思うと、みんなの柔軟なセンスに驚かされます!

 

。。

 

 

▼外地に黒い布ガムテ、中はチェック柄の布としっかりとファッションアイテムとなっています。

 実際に被ることもできるので、オシャレな仕上がりです。

_DSC0011

▼こちら、お皿の端まで拘った仕上がりに。カップには実際に注げそうでした。

_DSC0021

▼この学生は2種類のサンダルを制作。上の白と下の黒です。白色は郵送したものとは違う、マットなテープを使っていました。

 本当に履いて行けそうなくらいクオリティの高さでした。金具の再現性などすごいですよね。

_DSC0035 _DSC0037

▼こちらはまた違う学生さんです。水引を鼻緒にうまく取り入れています!

 海で履いたら注目を集めそうです。

_DSC0017

 

ユーモアある作品も多かったです!

 

 

▼コケシ人形の柄をガムテープで。土台の木以外、全てガムテープです!

 専用カツラも4種類程あり、おさげコケシがとても可愛らしいです。

_DSC0042_DSC0044

▼ガムテープで手錠。きちんと動きます。

_DSC0046

▼手前の赤・青・黄色のガムテープが制作物。

 実際のガムテープと比較して撮ってみましたが、小さくてもとってもリアル。ミニ段ボールもついてます。

_DSC0055

▼ガムテープの色選びにセンスを感じますね。ガムテープを入れられます。笑

_DSC0071

 

▼最後はこちら。

 お馴染みの組み合わせ。からの発想。ただの段ボールからバッグが作られました。

 

_DSC0061 _DSC0063

とてもありそうな柄感、、、

 

_DSC0066

 

 

 

これらの作品が送られてきた時は なんだ????と思いましたが、

見ていて楽しい作品ばかりで、オンライン授業でも制作に奮闘する学生たちを感じられました!

 

この授業担当は酒井先生ですが、おもしろいものばかりと作品を褒められていました。

 

 

 

 

 

いつも日常にあるものでも、視点や考え方を変えると素材として変化していきます。

 

特別な素材がなくても、柔軟な考え方や、際限ない発想力を養うと、

いろんな発見や、新しさをGETできるきっかけになりますね。

 

 

 

 

さてさて、前期授業も後半となりました。

 

合評が増えつつある期間ですが、また作品紹介などできたらと思います!

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

0705,0802OC_画像

 

 

募集枠が増えました。

応募お待ちしています!

 

 

→→→  check!!

 

 

 

 

関連記事

<1112131415>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。